393122 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一日一感動

November 25, 2007
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


向日葵が太陽求め細胞が愛呼ほしがる真夜中の月

★ 瘋癲老仁妄詩 2401

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

向日葵が太陽求め細胞が愛呼ほしがる真夜中の月

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



 命の元は、太陽なんですね。

 きっと、愛の元も、太陽なんでしょうね。

 太陽が大元の命と愛は同胞なんです。

 向日葵の命が太陽を求めるように、
 老仁の愛は、やはり、太陽を求めています。
 今では、愛呼が、老仁の太陽なんですよ。


 太陽のある限り、
 命は生成し、
 愛は湧出するんです。


 今では、太陽が命の元であるように、
 愛呼が細胞に住みついて、
 体内を遊泳しているんです。

 時々、夜になると、
 気まぐれ愛呼は、
 銀河の外へ遊びに行ってしまう。


 愛呼、愛呼、
 細胞が愛呼を呼ぶので、
 魂が愛呼を追って、
 銀河の外へ遊びに行きます。
 銀河の外はあんまりおもしろいので、
 魂は、ついつい、道草してしまいます。
 愛呼を探すことも忘れてしまいます。


 帰ってみると、
 愛呼は細胞の中で、もう、眠りに入っているのでした。


 トカトントン、トカトントン、

 遠くで音がして、

 月の光はやわらかく
 地上に降りそそいでいました。






〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 現実と理想の狭間漂いて蒼ざめし時甦る時 』瘋癲老仁妄詩 1603
♪♪♪  

★★★ 『 炎帝と愛呼が吾を空にする 』瘋癲老仁妄詩 1101
♪♪♪   

★★★ 『 細胞に夏の太陽宿りけり 』瘋癲老仁妄詩 1103
♭♭♭  

〇-----*****************************************-----〇






Last updated  November 25, 2007 02:46:43 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


青柳仁

Favorite Blog

■楊梅や■(5288) New! tanto575さん

Comments

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.