425841 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一日一感動

January 31, 2014
XML
カテゴリ:都々逸

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 尻取り都々逸言葉遊び交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★








★ 尻取り都々逸言葉遊び交心tz3112

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

花咲き初めし心を辿り

も一度夢を生き直せ


――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――






☆☆☆ 『 旅仁の  尻取り都々逸もどき言葉遊び 』 への尻取り都々逸言葉遊び交心です。 ★★★
 









 > 花咲き初めし あのころよりも

        今のおまへが 良いと言い   泉呼 025



        今のおまえが断然良いが

   初心忘れちゃ自滅する   旅仁





 人は日日更新、日日進歩が当たり前なんです。
 時分の花が結実するまでの話ですけれどね・・・
 時分の花も7段階あるそうです。
 第一ステージ・・・七歳を以て初めとす。
          心のままにせさすばし。

 第二ステージ・・・十二、三歳。
          まづ、童形なれば、なにとしたるも幽玄なり。
          さりながら、この花はまことの花にあらず。ただ時分の花なり。

 第三ステージ・・・十七、八歳。
          まづ、声変わりぬれば、第一の花失せたり。
          一期の境ここなり。

 第四ステージ・・・二十四、五歳。
          時分の花をまことの花と知る心が、真実の花になほ遠ざかる心なり。

          初心と申すはこの頃なり。

 第五ステージ・・・三十四、五歳。
          この頃の能、盛りの極めなり。
          下がるは四十以来なり。
          過ぎし方をも覚え、また、行く先の手立をも覚る時分なり。

 第六ステージ・・・四十四、五歳。
          なにとしても、よそ目花なし。
          もしこの頃まで失せざらん花こそ、まことの花にてはあるべけれ。

          かようにわが身を知る心、得たる人の心なるべし。

 第七ステージ・・・五十余歳。
          善悪見どころは少なしとも、花は残るべし。   。。。世阿弥『風姿花伝』



 これは競演を生き抜くための世阿弥の子に残すための秘伝としての戦略の書なのでしょうけれど、面白いですね・・・
 ぼくは能も歌舞伎も見たこともない非文化人ですけれど、言葉遊びを覚え夢中になった頃から、どうすれば言葉遊びに熱中できるか、何に熱中するのか、色々考えはじめました。
 まずその考えはじめたという変化が面白いと感じたんです。
 本読むことは好きだったのですけれど、暇無しでほとんど読書の余裕のなかった人生でしたから、無知無才のまんまです。
 変化の第一は、本の拾い読みの面白さを覚えたことでした。
 言葉遊びに必要な言葉を、その時その時検索して、拾い読みするんです。知らないことばかりだからどれもこれも夢中になるんです。好奇心全開。
 少年期の自分に戻ったような感じでした。



 虚弱体質だったぼくは運動弱者だったので、本読む楽しみだけで怖い世間を隠れ、凌いできたんです。そして、言葉の世界の面白さに夢中になり、真似する楽しみを覚えました。
 けれど、19才でランボーさんに出会って、まもなく絶望に撃墜されたのでした。
 ぼくは19才で絶句したのでした。
 世阿弥さんのステージで云えば、<初心>の始まりさえなかったのでした。


 それでこの言葉あそびへの無心な遊行を<初心への序章>として遊び、楽しませてもらっています。
 という計らいをもったら、もう無心じゃありませね・・・
 真似無心です。



 絶望した少年期の想い出語りなんて面白くもありませんね・・・
 笑って、ご寛容くださいね。




   あのころよりもすこしはましな

        自分になります恋ゆえに   旅仁



        花咲き初めし心を辿り

   も一度夢を生き直せ   旅仁









★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 妄恋575交心vk2305『 生きもうけ恋は一念ほとけの坐 』 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪    仁
 



★★★ 尻取り都々逸言葉遊び交心vk2311『 焦がれるこころ焦がれるままに あなた任せに身を投げる 』 へどうぞ!!! ★★★
 



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★








Last updated  January 31, 2014 11:09:48 PM
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


『 花咲き初めし心を辿り も一度夢を生き直せ 』尻取り都々逸言葉遊び交心   強風 さん
老仁が
杖をひとふり
魔法使い
古ぼけた
文字のあいだに
ある世界
森の中
木登り猿が
詠いだす
「どれくらい
過ごせば人に
なれるのか」
いつまでも
わからないまま
詠うだけ
「ぜんいんが
同じものには
なれないよ」
親切な鳥
はばたきをして
空高く (February 1, 2014 11:01:14 AM)

微笑むばかり   青柳仁 さん
強風さんへ。


 微笑むばかり




 杖を一振り
 言葉の不思議。

 古ぼけた言葉も
 珍奇な言葉も、
 杖の魔法で
 鏡に変わる。

 念じる心を
 そのまま映す、
 あなたの心
 そのまんま。

 言葉は素直
 そのままあなた。
 見えるあなたは
 見かけのあなた。

 言葉は素直
 そのままわたし。
 見えるわたしは
 見かけのわたし。

 まことのこころは
 映らないのさ、
 鏡には。
 まことのこころは
 響きあうのさ、
 まことのこころに。

 木登り猿も
 親切な鳥も
 語る言葉は
 見かけの言葉。
 同同回りの
 見せかけごっこ。

 言葉の中には
 空の間あって、
 空の間どうしが響きあう。
 まことのこころの
 響き合い。

 言葉の中には
 まことも宿る。
 まこととまことが
 響きあう時、
 あなたは肯き、
 微笑むだろう。
 まこととまことが
 響きあう時、
 わたしは肯き、
 微笑むだろう。

 その時ことばは、
 愛語となるのさ。


 杖の一振り
 言葉の不思議。
 ことばに魂吹きこむよ。
 杖の一振り
 言葉は光。

 まことのこころは、
 ただ、
 微笑むばかり・・・
 



(February 1, 2014 02:30:18 PM)

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


青柳仁

Favorite Blog

■山水の■(5416) New! tanto575さん

Comments

太郎英語@ 俳句ブームですね! 俳句凄いブームですね! マスクも季語だと…

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.