169946 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

一日一感動

2018.07.24
XML
カテゴリ:恋知への道

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 筑紫風575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★









★ 筑紫風575交心zrs2407

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 ​これからをわがまゝに逝く無季の道​

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




 けんけんさん、

 いつも激励、サポートありがとうございます。
 とうとうというか、やっとというか、正真正銘、後期高齢者になりました。
 精神年齢は、依然、19歳のままです。
 実は、19歳で、老仁になって、隠りを覚えました。それっきり、鄙隠りが終の棲家です。このネットは、鄙隠りから、少し抜け出し、有漏路の情をもらっています。

 後期高齢者は、本物ですから、法令の門が待っていました。
 まず最初に、免許更新で、後期高齢者の審査があります。痴呆症審査でした。何とかクリア・・・

 光輝高齢者というのはいいですね。
 けんけんさんのように輝いている人には相応しいネーミングですよ。

 ぼくの場合は、19歳で、ドロップサイドして、耕作地を持たない百姓として生きてきましたので、いまでも、耕喜高齢者です。四畳半菜園で、トマト、胡瓜、ゴーヤを作って、それだけで、耕す喜びをもらっています。ただ、この酷暑、熱中症にならないよう用心していますけれど。


 それにしても、生き存えていることが不思議ですけれど、蝉の殻が、19歳のままのもうひとりのぼくの棲み家ですから、天命まで、極楽とんぼで押し通せそうです。

 遊行期というのは、お釈迦さんのように、死ぬまで、人の世を歩いて、利他の真心を尽くす道かと念っていましたが、そうでなくても好いんだと念うようになって、無能無才、中途半端ながら、極楽とんぼをあそんでもいいよ、という声が聞こえるようになりました。


 遊行期というのは、何も持たないままで、死に向かっていく残り日だそうです。

 何も持たないままでは、凡仁はおもしろくありませんので、好奇心をもっと更新しながら、新奇なものがあそべるようになりたいと念っています。


 これからをわがままに逝く無季の道   仁


 昨日も明日もここもあそこも



 以上、
★★★  ​物真似575夏zrs2305『 本物の高齢者となる大暑かな 』 への交心です。!!! ​★★★


 

 > 谷良寛歌 0973 ねもごろのものにもあるか年月は 賤が宿まで尋めて来にけり


 【 仁 自遊訳 】
 年月というものは、ここまで心細やかに気を配ってくれるものなんだね、わたしごとき身分の低い鄙隠りの老人の住む草庵にまで、きちんと尋ねてきてくれたよ。


 されどまた銀河天命零しゆく   仁


 来る夜来る老惜しまず迎ゆ





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







最終更新日  2018.07.24 20:47:52
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


青柳仁

お気に入りブログ

■艶やかや■(4374) New! tanto575さん

コメント新着

フリーページ


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.