489380 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一日一感動

January 25, 2019
XML
カテゴリ:恋知への道

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 筑紫風575交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★











★ 筑紫風575交心ztp0101

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 ​月に観ん青い照明月見草​​

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――




 鴻風さん、

 重ねての交心感謝します。
 その上、俳句にもならぬ575言葉あそびに添削ご指導までいただきありがとうございます。忙しい身の貴重なお時間を割いていただいて心傷みます。


 文芸の素養もなく、無才不作法、自堕落に余命を楽しませてもらっています。学生の頃までは好奇心旺盛で、文芸の道も夢のうちの一つでしたけれど、記憶力も集中力もないことを思い知り、断念、わが身にあったあそび心のひとつで自足しています。

 当時ドロップアウトのスタンスが流行っていましたので、ぼくも真似して表街道から落ち零れてしまいました。落ち零れスタンスのままで、自分なりのわがままを押し通して、気がついたら半生を終了していました。歌の文句じゃないけれど、振り返っても、ただ風が吹いているだけ・・・
 残る余生も、風の吹くままを命の手綱に、極楽とんぼをあそんで往生・・・と念っています。

 友が亡くなって、見えるものをどう見るかが、見えないものをどう見るかに、意識が変容していくのを感じています。学生時代以来、不思議な縁で、年二度の一泊の旅をつづけて50年を迎えようとしていました。学生時代、気がつけば地下の喫茶で煙草を吹かしていた気分で、50年一泊の旅に隠ってきたのでした。

 この夏の旅は、これまでは6人だったのに、5人の旅になっていました。けれど話題はどうしても亡くなった友のことに戻ってしまいます。いなくなってはじめて、友の内面に入り込んでいくのでした。
 それは友との新しい巡り合いになっていくのです。今まで語られなかった、あるいは見えていなかったものが、語られ、見えてくるのです。透明人間になって、夏の旅に参加しているような念がみんなの中で共有されていくのを感じます。


 その出会いの再生を言葉あそび575でスケッチして楽しもうと念っています。
 亡くなった友のスケッチは、真似をすれば、<風景やみんなといっしょに せはしくせはしく明滅しながら いかにもたしかにともりつづける 因果交流電燈の ひとつの青い照明です>という言葉あそびです。

 月に観ん青い照明月見草   仁


 浮かび上がりて降りてくる友

 俳句は観念の説明ではない、といわれますので、ぼくの575は俳句の舞台には昇れません。ぼくは観念の言葉あそびを楽しませてもらっています。575は調子がいいので、言葉あそびには重宝なんです。

 脚下に友の灯明鹿の声  の「脚下」は、やはり真似観念あそびですが、「看脚下」を真似して、読みは「あしもとに」と5音で読んでもらいたいと念います。大切なものはいつでも脚下に在るんだよ、大切な友はいつでも脚下にいてぼくを見守り、ぼくの道標を照らしだしてくれている、と言葉あそびしました。

★★★  ​筑紫風575交心rq3004『 脚下に友の灯明鹿の声 』 へどうぞ!!!​ ★★★
 
 

 夜鳴く鹿の声を聞いたことがないというぼくの言葉を覚えていて、友は求菩提山で遊んだ後、椎田の谷の奥の暗い暗い林道を登りつめた所にあるロッジに宿をとって、ここで鹿の鳴き声を聞くことができるよ、と教えてくれました。耳をすまして待つと、鹿の鳴き声を聞くことができました。その友が亡くなったのですが、日が経つにつれて、その存在が大きくなっていくのを感じています。

 聞き耳を立てれば聞こゆ鹿の声   仁


 友に誘われネアンの旅路

 ご教示感謝します。
 俳句の王道を歩けず、やっぱり外道の観念あそび575で、友の再生を楽しませてもらいます。
 笑って、ご寛容ください。


 以上、
★★★  ​筑紫風575交心rq2202『 追憶の友蘇る鹿の声 』  への交心です。​ ★★★
 
 

 > xq12 みちのくに心友のゐる良夜かな     季 己


 ともにゆきたし銀河への旅   仁


 ネットサーフィンで、与命の道標になる日記に巡り逢いました。まだほんの少ししか読ませてもらっていないのですけれど、一日一句の余命の旅の同伴を念じて、つけ句あそびや真似575あそびをさせてもらい、併せて、先に逝ってしまった心友のこころとの再会も念じたいと思います。


 心友に逢いたし雪の岩手山   仁


 ネアンの旅の終の宿りに


 友は学生の頃、宮澤賢治についてぼくらに語りかけていました。友に誘われて、ぼくらも賢治さんを読みはじめたのでした。その頃友は天退さんを愛読していて、その語り口も天退さんを感じさせていました。その頃友の書いていた『銀河鉄道の夜』の断片をときどき出して、念いに耽っています。

 友在れば求菩提逍遙鹿の声   仁


 残りしものの念いそれぞれ




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ ​筑紫風575rk0702『 宙づりの与命きわどき枯葉かな 』 へどうぞ!!!​ ★★★ 
 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







Last updated  January 25, 2019 09:57:48 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


青柳仁

Favorite Blog

もう これっきりで… New! Mr.fukoさん

Comments

太郎英語@ 俳句ブームですね! 俳句凄いブームですね! マスクも季語だと…

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.