234932 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一日一感動

May 14, 2019
XML
カテゴリ:遊行期游泳575

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★








★ 遊行期游泳575zqv1407
――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 ​幻視する時空色なし夏薊​​

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


 > 良寛詩谷206『 可憐好丈夫 』p225

 可憐好丈夫、間居好題詩、古風擬漢魏、近体唐作師、斐然其莫章、加之以新奇、不写心中物、雖多復何為

 憐む可し 好丈夫
 間居して 好んで詩を題す
 古風は 漢魏を擬め
 近体は 唐を師と作す
 斐然として 其れ章を莫り
 之に加うるに 新奇を以てす
 心中の物を 写さずんば
 多しと雖も 復た何をか為さん


 【 仁 自遊訳 】

 素敵なことだね、今の好青年たちは。
 相当暇なんだろう、好きなように大を出し合って、詩を作っている。
 古詩は、漢や魏の詩を手本にし、
 近体詩は唐の詩を手本にして、詩をあそんでいる。
 美しく美しく見せるように、手本のように文章を飾り、
 その上に、新しさや珍しさをつけ加えて競い合っている。
 とはいってもね、心の裡のもっともっと大切なことをつかみ取って明らかにしなければ、見かけ上の新奇をどんなに上手に作っても、ただそれだけのことに終わってしまうよ。

 良寛さんの真似をして、575あそびを楽しんでいますが、この良寛さんの詩を読むと、いい気なもんだねと、「わたしの真似などと、口にしないでくれ」と怒られてしまいました。自分の心と人の心とをつなぎ、交わらせる大切なものを分かち合えなければ、ただの見栄か戯れ言にすぎない。


 すみれさんとの、昔の交心を読み返して、今見失っている大切な心を、想い起こさせられるような感じがしています。
 老には老の初心がある。
 それぞれの時期にそれぞれの時期の初心があった。
 その初心の変化、流れを辿り直して、その根源にある水脈を探り当てることが、老の最後の初心なのかもしれないと念ったりしています。

 > よき歌よまむとするはわろし。おもしろき歌よまんとするもわろし。歌の中にはよきもやさしきもあるなり。すべて物に目あてをするはみなひが言なり。歌はやさしくたけ高くよむ物なりと教ふるは、みな歌の道にくらき人のいふことなり。   。。。良寛「歌の辞」


 幻視する時空色なし夏薊   仁


 回帰しはじまる新魂交じり

 以下 【 再録 】


★ 星の子交心zzv1401
――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――
 ​五月闇音なき音の響き来る​
――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


 『 陰にいて心躍らす龍の玉 』 に、すみれさんより交心をもらっています。

 ≪ 波動、波紋、最近この効果を何となく感じています。
一石を投じる事、このさりげない勇気が大切なんだと。
たとえ、小さな石でも波紋は静かに、穏やかに広がります。その効力、行く末は案じる必要はないのでしょう。
美しい音楽も然り。優しい音には、優しい言葉が返ってきます。

コメント頂いた、「青い実」に<蛇のヒゲ>の写真探して載せました。どうぞ、参考になさってください。 ≫
 


★★★  『 陰にいて心躍らす龍の玉 』★ネット吟行z08w042801への【 交心 】です。 ★★★
♪♪ http://shashin-haiku.jp/node/44045 × 閉鎖   愚仁


 ≪ すみれさん、ご丁寧に龍の玉の写真アップしてくださってありがとうございます。
 喜んで使わせていただきました。

 波動、波紋の効力をお感じになっていらっしゃること素晴らしいですね。
 きっと、本気で生きていらっしゃるのでしょうね。
 本気の念は、波動となって伝わり、世界も自分も変えていくんですね。
 心が開かれて、実存の交わりが成り立つと、お互いに変わっていけるんですよね。交わる力が愛の力だと思います。
 愛があれば、小さな波紋でも、かならず広がっていくのですね。
 ありがとうございます。

 言葉は道しるべ、生きる力です。

 「優しい音には、優しい言葉が返ってくる」
 素晴らしい道しるべをいただきました。

 人も世界も、心の写しだから、
 自分の心を、もっとやさしく、やわらかくしていきたいと願っています。 ≫


 とお返し交心しています。
 龍の玉の勘違いの奇縁で交心をはじめさせてもらいました。
 老仁の絵空事のような幼稚な観念の世界を誠実に受け止めてくださって、すこし心を開いてくださったように感じました。その真摯な心に向き合って、老仁も心の深くまで降りていくことができました。
 心の深くから観えたことをお返し交心しましたけれど、その観えたものを伝える言葉は、やっぱり、絵空事のような幼稚な観念語なんです。
 ≪本気の念は、波動となって伝わり、世界も自分も変えていくんですね。≫
 DO IT ! EXISTENCE !
 一緒に EXISTENCE しようよ。
 ずっと、青年たちと語りつづけてきた合言葉です。
 合言葉は愛言葉なんです。
 今でも、その語りのスタンスは変わらないと思っていますけれど、青年たちと語り合う機会が無くなって、遊行時空遊泳をしていますから、語りの言葉がいよいよ幼稚な観念語になっています。本当は遊行時空言語というのがあるのでしょうけれど、遊行時空遊泳が常道になっていけば、幼稚な観念語もそのうち自ずから遊行時空言語へとグレードアップしていくのだろうと信じています。やっぱり楽天凡愚老仁のままなのでしょうけれど。


 五月闇音なき音の響き来る   仁


 すみれさんとの交心のはじまりに、 ≪人も世界も、心の写しだから、自分の心を、もっとやさしく、やわらかくしていきたいと願っています。≫ という念を交心しています。
 この念が老仁の心であり、スタンスなんです。
 そして、 DO IT ! EXISTENCE ! なんです。
 遊行時空遊泳は、遊行期の楽天凡愚老仁の DO IT ! EXISTENCE ! です。
 愚直なまでに青春語を使って遊行時空遊泳を遊ぼうとしているのかもしれません。


 MIXIのマイミク紹介に、光呼が今日、紹介文を更新してくれました。
 青年の目に観えてきた凡愚老仁の変質として把握してみるとおもしろいですね。


 ≪ 最近の仁はやわらかい。声、顔、雰囲気、言葉もやわやわ。まんなかを生きる人らしいやわらかさを持つ。仁も今、転換期かなぁ?と勝手に感じているけれど。
 どお?違うかなぁ? ≫


 もう転換するにも時間がないのだから、一瞬一生を楽しむしかないのですけれど、青年の時間軸から観た老仁がまちがいなく「老人」になっている現実を言い当てているのでしょう。転換期というからには、一瞬一生の内実を、どうDO IT ! EXISTENCE !して、遊行時空遊泳を<実存の交わり>時空として幻視し、創造していくかという課題をもらったことになるのでしょう。
 それはまた真似良寛老仁の遊びで頓挫している瘋癲老仁妄詩遊びを遊行時空遊泳に復活するという課題をもらったことになるようです。

 今日は九暦の講座受講の帰りに、蛙寺に寄ってきました。
 おもしろい蛙語満載です。蛙語万歳でもあるんです。
 是も巡り愛の縁かもしれませんね。青春語の初心に戻って瘋癲老仁妄詩を復活しなさいという暗合でしょうか・・・
 DO IT ! EXISTENCE ! の合言葉で、瘋癲老仁妄詩遊びを遊びます。


 魂よ初心蛙に交われ、夏    仁


 以上、 【 再録終わり 】


 > 今の世の人もなどか歌なからんや。かしこきおろかなるをとはず、都ひなをわかたず、朝夕ものにふれ、心のうごくところみな歌なり。これを誰よりか伝えて誰にかをしえん。もし、しかあらずとおもはば、こころみに古の歌をもておのが心にあてて見よ。   。。。良寛「歌の辞」


 払暁を歓ぶ命初夏の風   仁


 光りの心湧き立たせるか



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


★★★  ​筑紫風575交心zqv0206『 散るさくら忍びの月を幻視せん 』 へどうぞ!!! ​★★★


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







Last updated  May 14, 2019 11:24:46 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


青柳仁

Favorite Blog

■牧水と■(4685) New! tanto575さん

Comments

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.