244496 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一日一感動

May 18, 2019
XML
カテゴリ:遊行期游泳575

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★










★ 遊行期游泳575zqv1706

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 ​​​蜜を吸う撥条が欲し夏の蝶​​​

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――



 > 賀夢閨姑侍者帰寺   。。。一休『夢閨のうた』聖山174

 三日別離永劫心     三日別離して、永劫の心、             
 湘江涙雨洒胸裏          湘江の涙雨、胸裏に洒ぐ。
 夢閨簾外松梢月          夢閨の簾外、松梢の月、
 山舎夜深君共吟          山舎の夜は深し、君と共に吟ず。

 
 【 仁 自遊訳 】

 たったの三日、あなたがいなくなると、もう永劫に会えないような心になってしまう、
 湘江に泣いた二人の姫がいたけれど、その姫たちの涙雨が胸の裡に溢れだすよ。
 独り寝の寝床の簾の外には、松の梢に月がかかっている、
 あなたのいない山の庵の夜は深く、ぼくはあなたの夢を見て、あなたと、愛の詩を謳っているよ。


 蜜を吸う撥条が欲し夏の蝶   仁


 命躍るに心任せる



 ​以下、【 再録 】​


★ そのまんま575で交心z08p101202
――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――
​秋の蚊のまだ刺す針を持ってをる​
――▼△▼―――――――――――――――▼△▼――


 おはよう、めぐさん。

 創作力旺盛ですね。
 ゲージュツの秋。
 すごいよ、川柳に挑戦。

 > 羽音させ 遊びに来たか 秋の蚊や

 仁も、挑戦したことあるけれど、難しい。鋭い感性がいるもの。自分よりも、外部が見えないと、川柳は作れませんね。
 俳句は心を映せばいいけれど、川柳は、風刺の精神が際だっていないといけません。風のように、爽やかに、刺せ。


 老仁には、
 「刺す」心が、希薄なんです。
 そんなことに気がついて、止めましたけれど・・・


 読む分は、好きなんですよ。


 秋の蚊のまだ刺す針を持ってをる    仁


 以上、 【 再録 終わり 】



 > 神秘なる女性の扉が天と地の根源なのだ
 そして、もし
 <女性>の神秘なる扉をどうやって開けるかの鍵を見つけられれば
 あなたは存在の扉を開けたことになる
 誰もが
 緊張せず
 バランスのとれた
 満ち足りた
 充足したその扉を開けなくてはならない
 それが女子的実存の秘密だ   。。。パグワン・シュリ・ラジネーシ『TAO永遠の大河』p194



 天に開く心はありや桐の花   仁


 眼を持たんかな地下に潜る根



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★







Last updated  May 20, 2019 02:55:42 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


青柳仁

Favorite Blog

■山眠る■(4718) New! tanto575さん

Comments

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.