329251 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一日一感動

November 7, 2019
XML
カテゴリ:良寛

★ ゜・。・。 ★ 良貞相聞歌『蓮の露』 ★ 。・。・ ゜ ★






★ 良貞相聞歌『蓮の露』097-01zqw22

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

​これぞこのほとけのみちにあそびつゝ
つくやつきせぬみのりなるらむ
​​

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――





俳句・短歌ランキング



 【 仁 自遊訳 】


 良寛様が子どもたちと無心にまりをついて遊んでいらっしゃるのを見てきました。子どもたちと遊んでやっているというより、子どもたちから遊んでもらっている、そんな風にわたしには見えます。

 良寛様は、どうしてこんなに無心に、子どもたちと、遊ぶことができるのでしょうか。わたしには、不思議で、不思議で、なりませんでした。

 そして、わたしも、良寛様のように、子どもたちと無心になって遊べるようになりたいと思いはじめました。


 いろいろのことがあって、わたしも、出家して、草庵に籠もり、仏道修業をして参りましたけれど、いまだ、何一つわからず、心も開かれません。
 良寛様みたいに、心が開かれて、無心に、何でもないように、命を踊らせて、子どもたちと一緒に遊べるようになりたい。
 でも、子どもたちが警戒したり、疎ましがったりして、きっと遊んでもらえないだろうと思ってしまいます。子どもたちから拒まれる重いものを抱いて生きてきているのでしょうね。それを落とそうと出家もしたのですけれど・・・


 良寛様がこんなに無邪気になれるのは、良寛様の修行によるものだとお察しいたします。
 わたしには、まだ、どういう修行をすれば、良寛様みたいになれるのか、その道筋もわかりません。
 良寛様と一緒に生きて、良寛様の真似をして、子どもたちとも、無心に遊んでいくなら、それが精進ともなって、深い仏道の理解に到達することができると思うようになりました。

 子どもたちと無心にまりをついて遊べるようになりたく思います。
 どうぞわたしをお弟子にして、おそばに過ごさせてくださいませ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 > 蓮の露 097
 師常に手毬をもてあそび玉ふときゝて
 貞心尼
 これぞこのほとけのみちにあそびつゝつくやつきせぬみのりなるらむ

 > 蓮の露 098
 御かへし
 師
 つきて見よひふみよいむなこゝのとをとをとをさめて又始まるを




★ ゜・。・。 ★ 青柳仁リンク ★ 。・。・ ゜ ★


★★★  ​筑紫風575交心zqv0206『 散るさくら忍びの月を幻視せん 』 へどうぞ!!! ​★★★


★★★  ​良寛さんの歌を遊ぶ0096z04『 山吹の花に身を寄せ脱落す 』11v0510  へどうぞ!!!​ ★★★


★ ゜・。・。 ★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・ ゜ ★







Last updated  November 7, 2019 11:48:28 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


青柳仁

Favorite Blog

秋の色 New! 鮎太1950さん

Comments

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.