344807 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一日一感動

September 10, 2020
XML
カテゴリ:恋知への道

❖ 。・。・゚^♡^゚・。・。..♦.. 恋知575交 ..♦.. 。・。・゚^♡^゚・。・。❖



 一に念二に三に念花木槿    仁


 探り当てんか内なる真人

 「坐る」は、土の上に、人が二人居ます。
 一人で坐っても、二人居るんです。
 坐るということは、自分の内なる自分と向きあうという意味が込められているんですね。よくよく見つめると、自分が二人居ることに気がつくのです。
 もう一人の自分とは、誰でしょう・・・

 心を空白にして、ゆっくり、ゆったり見つめていると、もう一人の自分が見えてくるそうです。一休さんは、このもう一人の自分を「面目坊」と呼びました。
 いろんな人がいろんな呼び方をしています。

 ぼくは、面目坊が好きなんですけれど、別の呼び方では、真の自分という意味で、真人まひとと呼んでいます。
 自分という田を耕して、自分の真人を見つけだし、創りだすんです。









❖ 恋知575交心yrr1406

――♪♦♪―――――――――――――♪♦♪――

​一に念二に三に念花木槿​​

――♪♦♪―――――――――――――♪♦♪――

 吾の内
 ふたりの吾在り
 そのひとり
 真人と云うを
 まこと友とす   仁

 真人と語るように
 ひととも語れるようになれればいいですね・・・ 

 > 本田の面目坊が立ち姿一目見しより恋とこそなれ   一休





 以上、
☆☆☆ ​蓮呼さんのqs14『 なんとなく心細くて 』 への交心です!!! ​★★★
 

 花木槿真の友に一目惚れ   仁


 死して友今吾が内に在り

 友だちの中にも、友だちの真人を見つけ出したいと念っています。
 何人かの友だちができて、それぞれの友だちの真人の姿が見えてきました。その少ない友だちの中の一人が、もう、さっさと、星になってしまいました。


❖。。・。・゚♦゚・。・。。。..♦.. 青柳仁リンク ..♦..。。。・。・゚♦゚・。・。。❖


★★★  ​青のくさみ交心rs1201『 緑陰や友逝き吾の昭和尽 』  へどうぞ!!!​ ★★★
 

★゚゚・゚・。♦。・゚゚🔶 そのまんま575で交心 🔶゚゚・。♦。・゚・゚゚★







俳句・短歌ランキング






Last updated  September 10, 2020 12:45:18 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


青柳仁

Favorite Blog

冬うらら fu New! Mr.fukoさん

Comments

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.