000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

新世紀時事録

全9件 (9件中 1-9件目)

1

再訪

August 1, 2018
XML
カテゴリ:再訪

久々に伏見桃山城に行ってみた。暑いが空は晴れている。
ここ正式な城跡じゃなく、遊園地の跡地なんだけどね…。

いかにも作り物って感じの櫓門から入城。入城料は無料。
堀(というかドブ)は随分前に埋め立てられてしまった。

久々に見る桃山城天守閣だが、ん……何か違和感が!?

よく見ると小天守の鯱が片方、無くなっているではないか!
多分先週、襲来した台風12号の暴風雨による被害だろうね。


更によく観察すると、屋根瓦も台風の被害に遭っていた。















Last updated  August 1, 2018 04:53:20 PM
March 10, 2018
カテゴリ:再訪
3月は梅の季節。という訳で今年も大和郡山城で恒例の盆梅展が開催されるというので登城。

追手門をくぐって城に入る。櫓門になっており、内部は盆梅展の会場として使われている。

城内の梅はほぼ満開。美しい梅が咲き乱れ、つい見蕩れてしまう。

入口で入場券(\450)を購入して盆梅展の会場に入る。中は土足厳禁。
会場である櫓の中は 鉢に植えられた奇麗な梅の花で満たされている。

園芸品種ゆえか、野外ではお目にかかれない色・大きさの花が多くて見応えがある。

天守台に登れるようになったので、登ってみた。
かつてこの天守台の上に、5層の大天守が聳えていた。


天守台の上からは奈良の市街を見渡せる。実に爽快な眺めだ。















Last updated  March 10, 2018 12:00:33 AM
July 21, 2017
カテゴリ:再訪

梅雨が明け、福井や金沢などの北陸地方が高気圧に覆われ
好天に恵まれるというので急遽、福井県の丸岡城に行く事
にした。北陸地方で唯一現存する天守は武骨でいかめしい

かつて城は五角形の堀で囲まれていたのだが、堀は埋め立
てられてしまった。立派な堀を埋め立てるなんて勿体無い

物凄く急勾配な丸岡城天守の階段。松本城の階段も急勾配
で有名だが、丸岡城の方が勾配がきついと思う。ロープが
無いと階段の上り下りも困難。階段にロープがかかってる
城は、ここだけじゃないか?他には無かったように思う。

特徴的な石瓦。石瓦で屋根を葺いてる城も、ここだけだろ

最上階は明るい。それに、強い風が吹いていて結構涼しい

廻縁はあくまで飾りで、外に出られないのは残念なのだが
丸岡城のパチもんの池田城とか神岡城は廻縁に出て景色を
堪能できる。犬山城と丸岡城のパチもん天守は結構ある。

天守の周りに生えてる大木は邪魔だ。伐採できないのだろ
うか?全部切り倒せとは言わないが、東側と北側だけでも
見映えを悪くしてる木をどかせば見応えが抜群に良くなる

天守と御殿を合成したかのような歪な建物を発見。これは
「日本一短い手紙の館」という観光施設らしい。今回、初
めて中に入る事にした。丸岡城の入場券があれば別途、入
場料を取られる事はないので、時間があれば立ち寄るべき

件の館の展望台ベランダから、丸岡城を眺める事が出来る















Last updated  July 21, 2017 02:31:47 PM
March 5, 2017
カテゴリ:再訪
YK2017a
『第14回 大和郡山 盆梅展』を開催中の
大和郡山城に登城しました。毎年、この
季節になると城内の梅が奇麗に咲き誇る
YK2017b
今回も追手門(梅林門)をくぐり入城。
YK2017c
城内に咲き乱れる梅の花…と言いたい所
だが城跡は割と狭く梅の本数も多くない
YK2017d
満開の梅。間近で見ると美しく見蕩れる
YK2017e
大和郡山城天守台。かつて五層の大天守
が揚げられていたが今は無い。まだ工事
中で立ち入る事ができなかった。残念…



















Last updated  March 5, 2017 09:02:05 PM
January 3, 2017
カテゴリ:再訪
大阪城天守閣2017
今年最初に訪れたのは天下の名城・大阪城。
迎春イベントに登場する「ちょろけん」と、
大阪城天守閣特製「幕末大坂城カレンダー
目当てに登城する事にした。お正月で振替休
日という事もあり、城内は大変混雑していた
大阪城_高石垣
天守閣ばかりに目を奪われがちだが高さ30mの
高石垣と広い水堀も見事である。千貫櫓等の櫓も
現存しており、特別公開中は内部を見学できる。
大阪城最上階
天守閣最上階からの眺望。高層ビルがやけに多い
ちょろけん
江戸時代に考案されたという、我が国最古の元祖
ゆるきゃら「ちょろけん」を初めて見た。なかな
かユニークなスタイルのゆるきゃらですな。一緒
に記念撮影する事も可能で、多くの客が撮ってた
大阪城天守閣2017エレベーター
今のご時勢バリアフリーも確かに重要かもしれん
が、やはり城跡にエレベーターは似合わないよな






















Last updated  January 3, 2017 12:10:09 AM
September 10, 2016
カテゴリ:再訪
特製シール
去年までは3月末から開始だったのに、今年は4月末からだったので
今年も件のお城スタンプラリーをやってる事に最初気付かなかった。
何故、今年は1ヶ月ずらしたんだ?それでいて参加してるお城の数は
変わらず、おまけに参加賞ゲットの条件が去年より厳しくなり、賞の
内容も去年は「めぐったお城の缶バッジ」と「おいしい大垣の水」が
貰えたのに今年は特製シールが1枚とかショボ過ぎて萎える…。去年
までは完走してたが、今年は行きたい城だけ行ってきた。一応、規定
数をクリアしたら特製シールを貰えるようだ。犬山城や松本城、丸岡
城、彦根城は何度訪れても楽しいし行く価値がある
が、他の城は微妙






















Last updated  September 10, 2016 06:05:20 AM
August 11, 2016
カテゴリ:再訪
松本城2016a
今年も国宝・松本城に行く事にした。これで三回目。
18切符で行くと現地到着は昼過ぎに。朝、晴れていた
が現地到着の頃には、やや曇りがちで残念なお空に…
松本城2016b
夏休み期間中だからか、凄い人だかり。天守入場まで
40分待ち!?この時期は予想以上に混むんだね雫反省
松本城2016c
東から見た天守閣。逆光で空が白く写る。この方角か
ら見る天守閣もなかなか格好いい。美しい城だと思う
松本城2016d
天守最上階からの眺望。やはり曇ってるな…ちと残念
松本城2016e
松本城太鼓門に立ち寄る。ここに来るのは初めてだな
松本城2016f
期間限定の特別公開展示があるというので行ってみる
松本城2016g
太鼓櫓の内部。太鼓の他、見応えのある展示物が多い
松本城2016a
夕方4時頃、再び青空が広がる。青空に城が映える。






















Last updated  August 11, 2016 02:04:32 PM
September 22, 2015
カテゴリ:再訪
日本どまんなかお城スタンプラリー2015完走
去年に続いて日本どまんなかお城スタンプラリー
を完走した。
今年は神奈川県の小田原城も新たに
加わり、全21城完全制覇は困難を極めたが、無事
達成できて光栄だ。しかし、今年を最後に完走は
止めようと思う。まず第1に城と呼ぶにはお粗末
すぎる只の観光施設
が含まれている
事で、そうい
うのは2回も行ったら飽きるのである。カネ払っ
てまで3度目行きたいとは思わない。第2に或る
で大変不愉快な思いをさせられたせいである。
あの城のジジイの完全に客を舐めきった態度に完
全に頭にきた…!つうかあの町そのものが嫌いに
なった怒ってる
もうあんな場所2度と行かないし、あの
に住所がある店や企業から商品を買いたくない






















Last updated  September 23, 2015 02:02:18 PM
August 9, 2015
カテゴリ:再訪
上野城2015_08
去年訪れた三重県の伊賀上野城を再び訪れた。
故・川崎克氏が私財をなげうって建てた大天守
も見応えがあるが、この城の見所はやはり日本
一・二の高さで有名な高石垣
だろう。築城名人
藤堂高虎が築いた石垣の中でも特に見事で圧巻
上野城2015_08b石垣ロープ
早速、高石垣を見に行ったのだがコーンが設置
されロープが張り巡らされて高石垣に近付けぬ
ようになっていた。ロープが張られた位置から
では全然高石垣を見物できない。なんてこった
上野城2015_08c石垣ロープ
まあ確かに転落防止用の柵も無く危なっかしい
気もしたけど、あの高石垣は間近で見物せねば
その凄さを実感できないだけに、残念である。
上野城2015_08d石垣去年
去年撮影した高石垣。これを見れなきゃ上野城
に行く楽しみも半減…再び拝める日は来るのか






















Last updated  August 9, 2015 07:16:24 PM
このブログでよく読まれている記事

全9件 (9件中 1-9件目)

1

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Archives

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Headline News

Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.