000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

社労士スリーハッピーの「今日の一言」

社労士スリーハッピーの「今日の一言」

こころに残ったことば4

 「壊れたカメラ」

以前、私は母の誕生日にカメラをプレゼントしました。

二年後、母から
「あのカメラ、動かないんだけど、壊れちゃったみたい」
と電話がありました。

母は機械のことは、まったくわかりません。
どうせ、電池切れだろうと思って、
電池を買って、実家に行きました。

ところが、
新品の電池を入れても動きません。

「このカメラ、少し預かってもいいかな、カメラ屋さんで見てもらうよ」
保証期間の二年間を、少し過ぎていたのですが、念のために保証書も持っていくことにしました。

カメラ屋さんで、事情を説明して
動かなくなったカメラを渡したところ・・・

なんと!何事もなかったかのように動き出したのです!

私は、少し恥ずかしげに言いました。
「あ!動きますね・・・私がやってもいいですか?」
カメラはまったく支障なく、元気に動くではないですか!

「大丈夫ですね・・・・!」
「・・・・お客様、申し訳ございませんでした」

「え!何がですか?」
「・・・このカメラは壊れています」

「え!こうして、ちゃんと動きますけど・・・」
「お客様が、壊れている、とおっしゃった以上、事実は関係ありません」

「事実は関係ない・・・?」
「お客様が、おっしゃったことだけが真実です」

「・・・(すごい!!)」
「精密な検査をしたいのですが、一週間ほどお時間を頂けますでしょうか?」

その結果は・・・
案の定、接触不良で壊れていたのです!!!

しかも、保証期間を若干過ぎていたにもかかわらず、修理費は無料でした・・・


私は受け取りにいった時に聞きました。
「なぜそこまで、お客を信じるのですか?」

「カメラは機械ですから、壊れることもあるんです。しかし、問題は、いつ壊れるかです。例えば、新婚旅行中に壊れたら、人生の中でとても大切な思い出を残すことができなくなってしまいます。ですから、わずかでも疑いがあるのならば、完全に直さなければなりません。私たちは、カメラを売っているのではなく、思い出づくりのお手伝いをしているのですから」

・・・・・・・・・感動!

福島正伸氏「夢しか実現しない」より


© Rakuten Group, Inc.