012466 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

社労士スリーハッピーの「今日の一言」

社労士スリーハッピーの「今日の一言」

社会保険労務士入門 創刊号

   まぐまぐ「社会保険労務士入門」創刊号 2005年1月1日

 読者のみなさん

新年あけましておめでとうございます。

幸多き1年でありますよう心からお祈りしています。

私の「社会保険労務士入門」に多くのみなさんが、申し込みいただき

とても嬉しいの一言です。

50歳にして、予想もしない事態になりました。

そうです。自分の経営する会社がこのままでは危ない!

税理士さんとも相談して経営者の一人が退き、もうひとりが会社を経営することに

しました。私が退くことにしたのです。

そうでもしてでも、親父たちから引き継いだ会社は守りたかった。

なぜなら、親父の哀しむ顔は、見たくなかった。

退くのは、いいけどこれからどうすればいいのかを考えることができたのは、

残務整理を終えた1年近く経つてからです。

それまでは、会社のことだけでした。そんな心のゆとりは、ありませんでした。

「でも何かをはじめなければならない。」と。

悶々とした日々が続いたんです。

けして負け犬ではないのに、負け犬のような気持ちになっていたんです。

経営者を辞めれば、ただの無職のおやじです。

経営者の2代目として経営者とすれば甘かったね。今考えればね。

おいおいふれていきますね。

何か中小企業の経営者のお役に立ちたい。

そして、自分もやりがいを感じれる仕事をしたい。

そんな思いの中で、いつの間にか社会保険労務士を選んでいた。

ところが友達や私のまわりでは、どこか会社に勤めればいいのに、

何も今更1からはじめなくてもと言う意見が多かった。

しかし、私はB型です。いつの間にか社会保険労務士の試験勉強のため

名古屋まで通いはじめていました。

みんなが、心配した通り、試験に合格することが先ず大きな関門だったんです。

なぜなら試験は1年に1回だけです。

合格できなければ、その1年は無駄になるんです。

このおはなしは、次回にしますね。


■きょうのことば

 「謙虚であれ」です。

 「人は、順調な時ほど謙虚であれ」と。

 ついつい自分は、偉いんだと思い違いをする。

 これが大きな間違いです。

■社会保険労務士の目

 会社が元気であって、はじめて経営者でいられる。

 あなたの会社は、あなたにとり大切だよね。

 だったらあなたの会社の憲法である就業規則に気を配ろうね。

 あなたとあなたの会社を守るのは就業規則ですよ。

 就業規則の点検をお勧めします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 編集後記

 はじめてということで、自分の気持ちが、うまく伝わったか不安です。

 ご意見、ご感想をいただければ、励みになります。お寄せくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








© Rakuten Group, Inc.