073239 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

人種、民族、宗教の調和

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


蹴球2006

カレンダー

お気に入りブログ

この事件も New! n4316さん

月刊ギャラリー 6月… 恵美子777さん

最近、クックパッド… sennaktさん

ボクのカケラ シロクマオさん
「おーい、聞いてる… hoopou_chuさん

コメント新着

王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…
お猿@ やっちまったなぁ! http://feti.findeath.net/2-9983b/ ちょ…
もじゃもじゃ君@ 短小ち○こに興奮しすぎ(ワラ 優子ちゃんたら急に人気無い所で車を停め…
通な俺@ 愛 液ごちそうたまでしたw http://hiru.kamerock.net/fewombe/ フ○…
地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…

フリーページ

ニューストピックス

2007.02.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
世界ウルルン滞在記より
長靴型をしたイタリア半島の、ちょうどかかとの部分にあたるプーリア
Puglia州。陽光溢れる温暖な気候に恵まれ、透き通ったアドリア海
Mar Adriaticoに面し、地中海文明の古代史跡が数多く残る見 所の多い
地域です。農業が盛んで、種類豊富な野菜や、ぶどう、オリーヴといった
イタリア料理に欠かせない食材の有数の生産地となっており、「食の宝庫」
として世界中から注目を集めています。特にオリーヴは、イタリア全土の
生産の約40%を占めるほどで、どこまでも続くオリーヴ畑の眺めは壮観です。
交通の便が悪いため、以前はイタリア人がバカンスに訪れる程度でしたが、
この数年の世界的なスローフード運動の高まりを受けて、丁寧に作られた
食材や伝統料理を堪能できるプーリアPuglia州に世界中から人々が訪れる
ようになりました。また、白い城壁に囲まれた迷路のような町オストゥーニ
Ostuniや、おとぎ話に出てくるようなトンガリ屋根が軒を連ねる町
アルベルベッロAlberobelloなど、世界でも類を見ない特徴ある町並みに
出会えるのもプーリアPugliaの魅力です

プーリアが誇る伝統料理の一つがパスタです。プーリア州は、パスタの原料
となるデュラム小麦(硬質小麦)の一大産地で、代々母から娘へ引き継がれる
パスタが数多くあります。プーリアの女性は、小麦と水をこねて様々な形の
パスタを作り出しました。中でも 「オレキエッテOrechiette」という耳型
のパスタは、プーリア生まれのイタリアを代表するパスタの 一つとして
知られています。その日食べる分だけを小麦粉からこねて作り、その時々
の旬の野菜とオリーブオイルを使ったソースを絡めたパスタ料理は、誰も
が認める美味しさです。プーリアには、自家栽培の野菜やオリーブオイル
を使った料理を出す家族経営のレストランが数多くあります。

 丘の上の城壁に囲まれた迷路都市、オストゥーニ(Ostuni ブリンディシ
Brindisi県にある。人口約3万人 町名はギリシャ語で「新しい町」という
意味の言葉が語源。ライトアップされた夜景が素晴らしい)にある
「テンポペルソ」は、5人家族で切り盛りするアットホームなレストラン。
だが、イタリアのミシュランと呼ばれる「ガンベロロッソ」に、プーリアで
最も美味しいレストランと紹介されるほどの名店。

http://ururun.com/

デュラム小麦(通称マカロニ小麦とも呼ばれ、柔軟なグルテンを豊富に
含んだ小麦です。黄色味が強くマカロニ等に加工すると、きれいな琥珀色
となり、歯ごたえが出ます。ディラム・セモリナとはそのデュラム小麦
を粗挽きしたもので、マカロニやスパゲッティに最も適しているとされて
います。デュラム小麦の主産地としてはイタリア、北アフリカ、アメリカ、
カナダなどが有名です。硬質小麦)

オレキエッテOrechiette(オレッキOrecchi:耳からきており、小さな耳の
形をしているのでその名が伝えられている)
パスタいわゆる麺文化はイタリアが発祥か中国が発祥かとよくいわれる
ことですが、この重要なポイントにオレキエッテがひっかかるのです。
中国にも「猫耳片」という麺類のオレキエッテそっくりな麺類があるからです。
いずれにせよ、イタリア、中国どちらとも「耳」が共通のようです。
では本当にどちらが発祥? といわれてしまうと困ってしまうのですが、
イタリア人に聞けば「イタリアだ!」 と、そして中国人に聞けば「中国だ!」 
とのことです。






最終更新日  2007.02.20 13:52:41
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.