456700 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

LUMI姉の立ち見観戦 z!

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:カンパーニュ焼きました(10/09) cialis ja viagra yhteiskaytto2cialis le…
http://viagraky.com/@ Re:カンパーニュ焼きました(10/09) thuoc viagra.com <a href="http…
http://buycialisonla.com/@ Re:田舎になんて泊まっていられない(02/01) can women use cialiscialis en spierpijn…
LUMI姉@ Re[1]:観覧車と黒田(06/10) なじるしさん ご無沙汰しています。こんに…
なじるし@ Re:観覧車と黒田(06/10) ごぶです!まさに黒田のベテランらしい投…

お気に入りブログ

ドアラだって必死に… バーニングハンマー9126さん

連敗脱出,そしてロ… かつどンさん

ぬくぬく やってみ… ヌックヌクさん
脱力・・・そして明… なじるしさん

フリーページ

バックナンバー

2019年06月
2019年05月
2019年09月15日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
人身売買を職とした父親とその息子。ベルギー作品。

厳しい国情勢の背景は窃盗、暴力と血生臭さが漂う。裁き分けた鶏の内臓すら違う残酷なものに見えてしまう。

スピード

生活のためとは言え淡々と嘘をつく。そして逃げる。車で加速するスピードは何か自分が人売りにでも扱われたような、
そのシーンだけはカメラが映画を忘れたかのように思えた。
怖さでひきつり笑う。

息子

そんな父の仕事様に疑問抱きもせず、従順な息子、イゴール。
親子でベッドで抱き合うシーンには普通の幸せが漂った。

息子らしく男らしくと遊びも教える父。後から思うと唯一平和なシーンだった。

悲しい他人の死をコンクリート詰めする父

大切な夫の生存を信じる母子に初めて心を揺らげたイゴール。
初めて父を裏切り自らの良心を押し出す。

真実を述べたところがラストシーン。
映画は終わるが、
親子関係として明日はあったか?

以上、秋の午後のんびり楽しんだ映画の感想でした(^-^)







最終更新日  2019年09月17日 18時34分52秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.