000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラルフとあるく。

『サクラサク』

『サクラサク』  

彼と初めて会ったのは彼が小5の夏休み。

プール当番の付添係の私に「ぼくのパンツがありません・・・」と、目を真っ赤にして下足場に立ちつくしていた。

ほどなく、スノコの下からパンツは見つかった。

やさしすぎる彼は周りに溶け込むのに時間を要した。

そんな彼はいつもピアノを弾き続けた。

やがて、思春期を迎えた彼のその指から紡ぎだされるその音は

繊細な風のよう―

さらさらと、聴いた人のこころをなでていく。

散歩中の私は、彼の家から流れるピアノの音色に足を止めた。

さながら、そこは”プライベートコンサ-トホール”


ぼくは生きています。
ぼくはここにいます。


彼のピアノがそう語っている。



幼い頃、ちょうちょ結びができない彼にいらだちを覚え

何度も、何度も練習を試みた彼のおかあさん。

あの頃を振り返り、彼に詫びたと聞いた。

大学受験を控えた彼を思い、ずっと気をもんでいた彼のおかあさん。

出張先からも彼のことが気にかかり、海の向こうから思いを馳せていた彼のおとうさん。

彼の書いた膨大な楽譜を綴り、丁寧に仕上げていた彼の弟。

ぎこちない抱き方にも、いつしか慣れてしまった彼の愛犬。

そんな彼と、家族に、今日 『サクラサク』




© Rakuten Group, Inc.