000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ラルフとあるく。

鳥取 大山麓で大雨キャンプ2004.5

5月2日 朝8時出発の予定が9:45になる。

行先は鳥取:大山の麓の町営キャンプ場。
映画『パッション』が、とても気になりますーーー
観られましたか?
小さい車の上に、さんざん積載するキャンプの荷物。

らるパパが玄関先で荷造りしていると、近所のおじさんに「大型ゴミでも処分しに行かはるんでっかー?」と尋ねられたらしい。( ̄。 ̄;)

まあ、わからんでもないワ・・・

----------------------------------------

出発6時間後、キャンプ場へ到着~

らるママの弟が来ている。(実家は、このキャンプ場から30分のとこ)

ラルフはうれしくてはしゃいでる(*^_^*)

天気が心配なだけに、晴れ間を惜しんで野外で遊ぶ。

今回のキャンプ参加者:ラルフ、らるパパ、らるママ弟、らるママ姉、ラルママ姉の息子たくや、そして私、らるママです。

夕食はBBQさーーーーー!!暗い画像ですんません。
5.2夜BBQ

さすがに年だ。体が夜更かしできないワー

11時にはテントへ。

ラルフは、さんざん飲んだくれの、らるパパと同じテントで眠ります。

おしっこかけられないかなー(←ラルフが) ちょっと心配・・・(笑)

寝袋にて。 たぬき寝入りする中1生。 おやすみ~
寝袋

------------------------------------------
5月 3日

朝から雨ーーーーー

いきなりトーンダウンだ。

天気予報、ばっちり当ってるしー。

おまぬけな私達は、テントの外に履物を脱いでいたので、翌朝にはずぶ濡れ・・・

野外へ出られず、テントの中ですることは食べることのみ。

お昼は、たこ焼きなんぞ作ってみましたぴょーん。
たこやき

ラルフの視線の先は・・・たこ焼き。 この集中力!!(他に活かせ!)
視線の先にはたこ焼き

UNOなどしてテントの中でずーーーーーーーっと過ごす。
だんだん雨と風がきつくなる。

とうとう寝てしまいました。退屈サー。
テントで寝るラル

--------------------------------
晴れてきた!!

近くの牧場までお散歩。

ポニーがいました。 ハルウララではない。(←あたり前ダ)
らるママ弟がラルフをポニーに近づけるが、逃げるラルフ。
ポニーから逃げるラル

              ポニーに恐々ラル
              恐々とご対面するラルさん。腰がひけてマス。
                         
----------------------------------
5月4日

もう、天気は最悪~~

昨夜なんてテントは半壊するし、山の中での暴風雨はすごい!!

ゴゴゴゴオオオオオオ=======と一晩中、風が吹き荒れていた。

ああ、天気がうらめしい。

そんな中での朝食です。
キャンプ朝食
パンを七輪であぶって食べる。サバイバル気分。  


                    キャンプ朝食ラルも。
                  おこぼれを狙うラルさん。

-----------------------
すてきなハンモック発見!!
ハンモック.
キャンプ場の管理人のおじいさん達の作品。

朝4:30という人がいない時間を狙って、乗ってみました。(笑)
傍らの甥っ子に揺らせてみたりしてー。
なかなか気持ちいいけれど、私は想像魔なので、落下した時の自分の姿が浮かんでしまうー。
もちろん、ロ-プぶち切れの図====

------------------------------

撤退。雨の中の片付け作業はつらい。

どろどろで実家へ帰る。

屋内へ入ると改めて落ち着く。やはり野外は体力がいるなーと、実感する。

夕方、地元の友達と娘ちゃん:小6生がやって来る。 この娘ちゃんは、このHPの読者でもあるのでVIP待遇で~。

さらに夕食までの時間、特養にいるおばあさんに会いに行く。

小さく、丸くなって眠っている。顔色はよさそうなのでひと安心。

-------------------------------
5月5日

晴天。しかも思いっきり!!

さっそく海へー。

海を眺めながら、物思いにふけるラルフとらるママ弟34歳。
ラルフとN海後姿

海をバックにラルフ

PM5 鳥取を出発する。 9号線をひた走る。

PM9:30 京都着。

連休最後の夜なので、渋滞もなくすんなり帰れた。

今回の旅も、傍らにはラルフがいてくれた。 ありがとう。

あなたがかわいくて、たまらない。

たとえラルフがこれから年老いて、ズタボロ毛布のようになっても

いつもそばにいよう。




 


© Rakuten Group, Inc.