278977 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

体感!JUNKムービー

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

ピーターラビラビ@ Re:『リバイアサンX 深海からの襲来(2016)』〜巨大化せよ!リバイアサンX(05/19) 服や食べ物に好みがあるように、映画にも…
ピーターラビラビ@ Re:『セキュリティ(2017)』〜怪傑ゾロdeダイハード(05/05) 映画の題名でその俳優がすぐに浮かぶこと…
ピーターラビラビ@ Re:『パシフィック・リム アップライジング(2018)』〜「ある」ことよりも「ない」ことを(04/15) このコメントを書き込む欄のタイトル名の…
ピーターラビラビ@ Re:『SFフランケンシュタインの逆襲(1965)』〜偏愛!フランケンシュタイン(02/11) 造形によって印象は変わり、新たな形とし…
ピーターラビラビ@ Re:『失われた世界(1950)』〜コナン・ドイルじゃなかった!(02/04) 特撮映画の中で、怪獣といえばやはりゴジ…

Freepage List

leeみんなブルース・リーになりたかった

人生の原初体験は
東宝特撮、東映特撮、テレビの等身大仮面のヒーロー
リアルタイムで怪獣ブームを経験
スパイ映画、マカロニウエスタン、カンフー映画の各ブームも同様

80年代、池袋文芸座地下の「スーパーSF日本特撮映画大会」では
特撮クイズで最高点をマークして、『ゴジラ』の復刻版ポスターを獲得
(最高点はひとりではなかく複数名だった。本人は満点でなかったのが不満)

現在はアメコミヒーローなど楽しんでいるが、円谷特撮、ハリーハウゼンへの郷愁に生きる

原稿依頼承ります baragon-lj@infoseek.jp

人気blogランキングへ
クリックしてね。
May 19, 2018
XML
テーマ:DVD映画鑑賞
カテゴリ:モンスター映画

リバイアサンX 深海からの襲来 [ アンナ・ドーソン ]​ 

 モンスターフェチではある。
 とりわけ等身大のモンスター以上に、やっぱ巨大モンスター贔屓だ。
 なにはともあれ巨大モンスターに満たされたい。
 
 で、『リバイアサンX』だ。
 リバイアサン自体は、旧約聖書に登場する、船を飲み込むような巨大さを誇る海の怪物だと認識する。
 それをタイトルにもってきているんだから、この映画に巨大モンスターが出現するのを期待するのは何の不思議もないだろう。
 さてさて、海洋生物学者のオリーブは潜水服をまとい、深海を探査する。そこで、タコなのかイカなのか、触手をもった生物(クリーチャー)に襲われてしまう。
 そして、命からがら卵みたいなものを持ち帰る。
 その卵から、何やら触手をもつ生き物が生まれるわけだ。
 さしあたり、このクリーチャーがでかくなって、暴れまわると予想できる状況だ。それでもって、先行きを見守ってたんだよ。
 ストーリーがグダグダであっても、クリーチャーが巨大化するだろう。
 映像に難があっても、クリーチャーが巨大化するだろう。
 女優や俳優がパッとしなくても、クリーチャーが巨大化・・・しないじゃないか!
 クリーチャーは、ほぼオリーブの家にひきこもっているから、でかくなっても暴れまわるような場所がない。はたまた登場人物が少なくて、襲われて逃げまどう、つまりあらかじめモンスターの犠牲を想定された人々の存在もないのだよ。
 しかし、この映画、『ガメラ3邪神(イリス)覚醒(1999)』にインスパイアされたものだと思うぞ。
 イリスもこの映画のリバイアサンも、女性が偏った愛情で飼育し、肉体にしろ精神にしろ、女性と生物が一体化を図る。そして、両者とも、触手を備えている。触手で人を襲う。
 なんて見てると、こんどは、この映画のリバイアサンとは、じつのところ、あのクトゥルフではないのか、という展開を見せてきた。
 クトゥルフとは、ハワード・フィリップス・ラブクラフトが創作したクトゥルフ神話に登場する宇宙生物、旧支配者、あるいは邪神ともいわれるものである。
 邪神、ほらイリスだよ。
 タイトルにリバイアサンと称されたものが、ホントのところはクトゥルフだった。まぎらわしい。
 クトゥルフであれば、待ち望んだクリーチャーの巨大化が見られてもおかしくない!
 と、気を取り直す。
 だがだが、巨大クトゥルフは気をもたせるばかり。
 そして、ようやくー
 ああ、ときはすでに遅かりし。
 もっと早く巨大化しろよー、クトゥルフ!

ガメラ3 邪神<イリス>覚醒【Blu-rayDisc Video】 [ 中山忍 ]







Last updated  May 19, 2018 07:02:04 AM
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.