590445 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

らんまるのひとりごと!

英会話格闘物語(ゲイの英会話編)

アメリカ、ルイジアナ州ニューオリンズに約11ヶ月間(中途半端やなあ。)留学していたらんまる。
アメリカに行く前は、英語は駅前留学NO○Aのレベル6だった。
もちろんこれは、喋れないに等しい。。。

そんなこんなでスーツケースとスポーツバックでアメリカに乗り込んだ。
私が、なぜアメリカに行ったかというと、カナダでもいいのだが、なんせ人一倍の寒がりです。
しかもニューオリンズは、南部に位置しているので、冬でも寒くない(実は寒かった。)
それで、アメリカに乗り込み、オリエンテーションで、実力テストを受け、もちろん私は、一番低いレベルからのスタート。

そこで改めて知ったのだが、やはり日本で教えている英語はぜんぜん役に立たない。
文法では助かったが、スピーキング、ヒヤリングでは悪戦苦闘。

とにかくなんとかせねばと出来る限り、ネイティブイングリッシュスピーカーと喋るチャンスを常日頃から狙っていた。

そこに、いつも授業が終わってから、私のしょうもない話の相手してくれたマーク先生だ。
彼は、とても人がよくて、私の父と同じ年でもあった。(見た目はもっと若い)
彼と話すときは、いつも何人かの人の輪ができ、語学学校でも人気の先生だ。

だけど、彼の英語でいつも悩んでいることがあった。彼は、どうもゲイらしい。いや、ゲイだ。
黒板に書く彼の後ろ姿は、どうみても女性の立ち具合。
しかも、チョークを持つ時、必ず小指が立っている。
それに、彼が私によく
「Wow!!! the cloth that you are wearing,
it's so CCCCCCUUUUUUUUTTTTTTEEEEEE!! 日本語:わお!らんまるが着ている服超かわいい!!!
Where did you buy?! in Japan? 日本語:どこで買ったの?日本?」なーんて話し掛けられる。
(↑一見なんてことない英語だが、これをおすぎ&ピーコ風に喋っていると思ってください)

彼の英語は、どうも日本語で言うところの「おすぎ&ピーコ」しゃべりだそうだ。
最初何を言っているのかわからなかった。

特に、友達の誰かがびっくりの話をすると彼は「ファービラス!」と叫ぶのだ。
で、もちろんボキャブラリーに弱い私は「???」だ。

で、日本人の友達に「ファービラスって何?」って聞いたら「スペルは、F・A・B・U・L・O・U・Sでfabulousです」と
辞書を引いてみると、
『形容詞 1.(φ比較)[限定]《正式》伝説[神話]上の;架空の、想像上の。
     2.《正式》信じがたい、とてつもない、驚くべき
     3.《女性語略式》すばらしい、わくわくする。』
であった。

こんな単語、駅前留学NO○Aでも教えてくれない。きっと知っていても教えないだろう。

いや~~~!やっぱぬるま湯につかるより、熱湯の方がいいってことだ。うんうん。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.