566631 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

らんまるのひとりごと!

英会話格闘物語(隣の部屋からの会話)

英会話格闘物語(隣の部屋からの会話)



アメリカに渡った時、私の英会話力は、ほとんど出来ないと言っていいくらいだった。
(日本に帰ってきた現在は衰えている)

さすがに、アメリカに行くんだからせめて、日常会話だけでも出来るようになりたいと、できるだけ、いろんな人との会話をするなど、いつも心がけていた。

だから、毎晩、晩御飯の後、宿題を早々に終わらして、いつものように友達とのおしゃべりを欠かさずやっていた。

それに、この性格の為(酒はがぶ飲みだわ、タバコはバカバカ吸う、そして下品な関西弁)、私といつもつるんでいたのが、

ホンソン(関西弁ベラベラの韓国人)、ウタ(韓国人の元彼氏)、マーティン(変態、台湾人)、イオラ(ブラジル)、ポロ(メキシコ)とか他の南米の人とよくつるんでいた。

もちろん、彼らは、第2言語を英語としているので、韓国語なまりの英語だったり、中国語なまりの英語だったり、スペイン語なまりの英語だったりするので、

実際にアメリカ人が話す英語を聞くチャンスはなかなかなかった。(ウタいわく、なんちゃってイングリッシュスピーカーと言ってます。)

でも、これでは、アメリカに来た意味がないので、おしゃべりに加えて、テレビを毎日見る。ラジオを聞くなどの努力も惜しまなかった。



でも、私は、テレビを持っていなかった。(最初の頃は)



だから、いつも私は、テレビを見るときに、ウタの部屋に行ってテレビを見ていた。

ある日、私がいつものように、ウタとマーティンの部屋で、テレビを見ていると、そこに珍しくホンソンがやってきた。

その時、テレビを見ていたのは、私だけで、ウタは、昼寝をしていて、マーティンは、TOFELの為の勉強をしていた。

それで、私とホンソンは、テレビの前に座って、おとなしく見ていた。



しばらくたってから、ホンソンが「らんまるさん。外にでてタバコ吸おう!」と言い出したので、表にでて、タバコを吸っていた。

二人で、雑談をしながらタバコを吸っていると、ウタとマーティンの隣の部屋からある会話が聞こえてきた。

ちなみに、お隣さんは、寮のスーパーアドバイザー(要は寮長)のお部屋で、中国系のアメリカ人の女の子が住んでいた。


はっきり内容まで聞こえなかったのだが、しばらくすると、

「WOW!!!」

とか、

「AHHHHHHHHHHHH!」

とか聞こえてきた。

当然、私とホンソンは、

「????(?_?)」

だ。

で、二人で、壁に耳を当て、その声を、耳を澄まして聞いた。


しばらくすると、部屋からマーティンが飛び出してきた。

しかもマーティンは腰(←ここ注意)を振りながらうれしそうだった。


それで、廊下から、マーティン、ホンソン、私の三人で、壁に耳を当てて、その部屋の様子をうかがった。
(ご想像できますか?背が高い順に、ホンソン、マーティン私で壁に顔をくっつけてました)


ここまで来たら、彼らが何をしているのかお分かりでしょう。





そうです。

彼らは、昼間っから、大声をはって、XXXをしていたのですぅぅぅ!






ホンソン、私、マーティンは、生のXXXの声を、

「おおおおお!生きたネイティブスピーカーのXXXだ!!!」

と、しばし公聴。。。




約20分ほどで終了し、マーティン、ホンソン、私は、部屋に戻った。




その後、ホンソンは、昼寝をしていたウタをたたき起こし、もちろん韓国語で、説明した。



その後、ウタは私とマーティンに

「なんで起こしてくれなかったんだよーーーー!」

とぼやく。




「そんなことは、知らない。寝てたお前が悪かったのさ。ふふふ。」

と、私とマーティン。




いろんなところで、生きた英会話。う~~~ん。これも、アメリカ実践英会話の醍醐味!ふふふ(^.^)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.