567075 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

らんまるのひとりごと!

英会話格闘物語(父の英会話編)

英会話格闘物語(父の英会話編)

私が、アメリカ、ルイジアナ州、ニューオリンズに滞在中に、私の両親は、どうしても私が、アメリカ本土にいる間に、旅行をしたかったそうだ。


で、私が、日本に一時帰国した後の一ヶ月後に、私の両親(父、母)と、私の父方のいとこ(女、同じ年)と、なぜか私の義理の姉(実兄の嫁)と、甥達(当時小6、小4)が、
団体でニューオリンズにやってきた。


私のセッションのお休みに合わせてきたので、なんとかニューオリンズ観光をさせてあげることができて、私自身もよかったと思う。


でも、私の両親は、典型的な関西人。私もそうだが、特に両親のパワーはすごい。


私の父が、突然「アメリカの本場のストリップがみたい!」と言い出した。


私の叔父(父の兄、いとこの父)は、以前、仕事でジョージア州アトランタに2年ほど住んでいた。

ジョージア州のアトランタと言っても、叔父がいた場所は、田舎だ。そこに叔父の勤める会社のアメリカ工場があったから。


そこでの話を叔父は、私の父に話をしたことがあったらしく、父は、どうしても本場のストリップを見に行ってみたいそうだ。

映画で出てくるような、テーブルダンスだ。


そこで、チップを渡したいらしい。


しょうがないので、私は、マーティン(台湾人)に、訳を話し、マーティンも付き添いで一緒にいってくれることになった。


でも、なぜか、その話が、滋賀県出身のアッサーと、東京のアヤバカまで聞きつけ、なぜか、父、マーティン、義理姉、いとこ、私、アッサーとアヤバカで行くことになった。


ニューオリンズのダウンタウン、フレンチクウォーターにあるバーボンストリート。そこは、完全な飲み屋、ディスコ街。


そこで、私とあっさーとマーティンが先頭にたって、目指すは「ハスラー」というストリップバー。


で、マーティンが値段交渉してくれ、一人7ドルで入れることになった。(この時男性の数がうちの父をいれてマーティンと二人。だから、少し高め)


それで、席を見つけて、一人ずつビールをオーダー。


マーティンとあっさーと私は、この日テスト明けだったので、とても疲れていた。


マーティンは、無表情で、台の上で踊っている女性をみている。(マーティンは基本的に無表情。しかも、自他認める変態野郎)


かたや、私の家族といいますと、うちの父、ものすごく上機嫌!(^_^;)


私の義理の姉も「らんまるちゃん!らんまるちゃん!すごーい!映画みたいーーーー!」と大喜び。
(オイオイ。ねえーさん。子どもは、うちのオカンに面倒見させて、はしゃぐなよ。。。オカン機嫌悪い悪い。(-_-))


いとこもそれなりに楽しんでいる。


そんな時にうちのオヤジ!!!!

こともあろうか、「らんまる!おれ、あのおねーさんにチップあげたい!なんて言ったらいいの?」って。


そんなこと私もしるかーーーー!と、思い、マーティンに聞いた。


マーティンは、爆笑しながら、「じゃあ、これ言ってみな!」と、教えてくれたのが、これだ。


「Show me your BREAST♪♪♪」:おっぱいみせてーーーー♪♪♪




で、私は、そのままマーティンに言われた通りに、父に教えた。



で、5ドルをもって、父は、台のそばに行き、「かもーーーーん」と合図しながら



「しょーーーみーーーゆあーーーぶれすとーーー♪♪♪」

と。



一斉に、私達がいた席は爆笑の渦。。。。。



自分の父ながら、自分まで恥ずかしくなった。。。(-_-;)



マーティンもうちの父を大絶賛!!!



そこから、マーティンの無表情が一気に晴れ、ずーっと笑顔だった。(単に機嫌が悪かったんだ…)


その後、店を出てから、マーティンが、独学で勉強した日本語で、うちの父に一言



「きもち、いーーいーーかーーーー?」

と。



うちの父は、

「きもち、いーいー!(^.^)v」

と。



ちなみに、マーティンの独学の日本語は、あくまで、

日本のアダルトビデオから学んだ。。。





それからの父は、


「show me your breast♪show me your breast♪show me your breast…」





と鼻歌まじりで、歌って帰国の途についた。。。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.