075578 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

次なる挑戦 ・・・ 日本人の技

2012.06.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今回は、いぶし瓦屋根で、よく白色で使われている、メンド漆喰について、

私たちが使ってみて、良かったと思う材料をご紹介します。

新築の際はもちろんですが、左官職として、屋根の鬼瓦周辺や、棟まわりのメンド漆喰の修理、塗り直しのご依頼というのは、結構あるものです。 

DSCF1344.jpg

ご存知かと思いますが、経年と共に、瓦と漆喰の境界に隙間ができたり・・・、
DSCF1345.jpg

漆喰が収縮して、ひどくなるとはがれ落ちたりします。
DSCF1347.jpg

DSCF1343.jpg DSCF1348.jpg

実施した時期は、12月はじめ、まず、古くなった漆喰部分を、きれいにはぎ取りました。
DSCF1353.jpg

今回の施工に、屋根メンド漆喰として我々が選んだ材料は、下矢印
イタリア漆喰”ラスチコ、骨材の大きさによりアレニーノ(最大粒径0.8mm)と、モーノ(最大粒径1.5mm)の2種類を使いました。(在庫があったので、付け送りと仕上げで種類を変えましたが、通常は、どちらか1種類でOKです)

 DSCF1354.jpg DSCF1358.jpg

我々が、このイタリア漆喰を選んだのは、他の塗り壁や鏝絵の現場など使ってみて、材料自体の収縮が、他のモノと比べ少なく、固くしっかりしているのを体験していたからです。

DSCF1355.jpg

「付け送り」に使ったのは、アレニーノ(骨材最大粒径0.8mm)のアボリオという象牙色みたいな色です。
ウィンクウチの在庫としてありましたので、この色になりましたが、本来は、白でやるのがよいと思います)
このイタリア漆喰は、白だけでなく、結構微妙な色揃えがあり、どの色も値段は同じなので、合う色があれば簡便です。

DSCF1357.jpg

いぶし瓦にぴったりくっつくところなど、メンド漆喰として非常に良い感触です。

DSCF1359.jpg

そして、仕上げは、やはり白で!。ラスチコ・モーノ(骨材最大粒径:1mm)のロレンツォという色でした。

DSCF1360.jpg DSCF1364.jpg
DSCF1370.jpg DSCF1402.jpg


屋外での作業なので、もちろん天気、風の強さ、気温に気をつけなくてはいけませんが、かわら屋根のメンド漆喰に、イタリア漆喰”ラスチコ”を使ってみて、我々が「これはイイグッド」「使える!」と実感しましたので、ご紹介してみました。
         グッドよろしければ、ご参考に・・・。


パソコン 商品の詳細はこちら 右矢印 イタリア漆喰ラスチコ





          shina.jpg 品川Topページに戻る

          





          !無断の転用はご遠慮下さい。
          Copy right:Team Shinagawa & Hiroshi Shinagawa

































  






Last updated  2012.06.23 17:44:09

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.