3696248 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

宇宙レストラン

October 12, 2014
XML
カテゴリ:魂のお話☆
息子が中学生になった頃の映像を見なくなった頃、

テレビや新聞や雑誌等で、やたら「子供貧困問題」を目にしました。

子供が生まれてからは、子供番組(Eテレのみ 笑)しか見ていない状況でしたし、

お恥ずかしいお話ではございますが、新聞も読まない日のほうが多かった椿でした。

それなのに偶然、新聞を見たりテレビをつけると「子供貧困」の特集ばかり!!

何故だか、録画をしてでも見なければと思いました。

特集を見て、可哀想にと上っ面で切なくなるチープな感情が椿は好きではありませんが、

「子供貧困」の問題は、椿の心に消えないシミのようにしっかりと刻み込まれました。

いつの日か、椿自身が「子供貧困」に向き合う時が来るような気がしてなりませんでした。

そうして、また一年が過ぎ、子供は2歳を迎え、

少々変わった子供に成長している我が子との日々に追われておりました。

相変わらず、さよならをした赤ちゃんとの別れの理由は全く分からないままでした。

分かる時はもう来ないのかもしれないとも思ったりもしましたが、

そんなある時に、突然に理由が分かったのです!!

さよならをした子供が、夢の中で切々と椿に伝えて来た事を覚えていますか?

それは、食事もあまり取る事が出来ず、ママには怒られてばかりのA君の事です!!

A君の事が心配で心配で仕方が無いと泣いていた事です!!

正確に言えばおびえていたとも言えます。

その時、夢の中で椿は、あなたもA君もママの子供だと伝えましたよね!!

その時の子供の安心した顔を忘れる事が出来ませんでした。

その後、スッキリとした顔で別れの挨拶に来た時の彼には、

決心を固めた強い心を感じました。

椿が泣き叫ぼうと、彼の中に迷いはありませんでした。

皆様も、もう分かりましたよね?

そうです!!

さよならをした子供は今、A君のママのところで産まれているのです!!

夢の中のA君とは、自分(さよならをした子供)の事だったのです!!

今まさに、この瞬間も何処かで息子と同じように産まれて、息子と同じように生きているのです!!

ですが、この子は子供貧困を今まさに経験しているのかもしれません。

そして、いつの日か、椿はこの子と会えるのかも知れません。

いえ、会えるのかもではなく、会えるようにしなければならないのです!!

私の子供でもあるのですから!!

会えなければ、この子が椿のお腹の中に宿っていた意味がありません。

未来の映像で見えたように、ダイニングで息子と同じように食事を出したいのです!!

もちろん、そこまでの道のりは簡単ではない事は痛い程、理解しています。

そこに至るまでに、どれだけの精神力を試されるのでしょうか?

椿だけではなく、さよならをした息子も試されるでしょう。

その大変さは想像すら出来ません。

私達は色々な出会いを経験していますが、

出会いを無駄にしている事が多いのかも知れません。

自分のお腹にいたかもしれない子供を自分の子供では無いからといって、

優しさを与えられない事がどれだけあるのでしょうか?

生まれて来た我が子より劣っていると馬鹿にして、

貧困家庭だといって馬鹿にする。

もしくは優越感を満たす為に貧困家庭に関わる。

他人の子が成績が良ければ嫉妬する。

子供がいじめられれば、怒鳴りにいく。

私達人間は、家族だけに執着をして、家族だけに愛情を注ぐ事に精一杯ですが、

もうそんな時代ではないのだと思います。

我が子に異常な程の期待を持ち、お金をかける方がいる一方で

貧困家庭の子は教育すらまともに受けられない。

勉強の能力が貧困家庭の子のほうがあったとしても、

勉強が出来ない我が子に無意味なお金をかけ続ける。

本当は貧困家庭の子供が、自分のお腹の中に宿っていたかもしれないのにです。

この世にはお試しが本当に色々あるのだと思います。

垂れ流し的なそのお金の使い方すらも常にお試しなのです。

どこまでいっても自分が大切な世の中です。

そして、どこまでいっても目に見える事しか信じる事が出来ません。

もちろん椿が、口だけの理想論を言っているのは分かっています。

そんな理想論が簡単に成り立つなどとは思いません。

椿もそこまで馬鹿ではありません。(笑)

これはあくまでも椿の真実のお話なのですから。

パズルとは、一気に完成はしません。

自分自身の精神面の向上がなければ、パズルの完成には至りません。

1ピース手元に来ただけで、好き勝手に解釈してしまう方も正直多いと思いますが、

それは問題外です(笑)それをしてしまうと次のピースがこないから要注意ねっ☆

パズルを手にするのも、パズルを完成させるのも、自分自身との戦いです。

もちろん、椿もこのパズルを最後まで完成させてはいません。

さよならをした子供に出会っていませんし、本番はこれからだと思います。

でもね、この記事が皆様にとっての1ピースになるのかもしれないなと感じています。

私達は、どこかのピースで誰もが必ず繋がっているのですから☆

ちなみに、このお話はあくまでも椿にとっての真実です。

椿には椿の真実があるように、皆様には皆様の真実があるのですスマイル

みんなで真実を解き明かしていくのです(^^)

みんなで各自それぞれの真実を解き明かした時に出てくる巨大な絵は、どんな絵になるのかな〜?

その時には、全ての子供が自分の子供だと思える様な世の中になっていて欲しいと願っています。


 ☆Facebookページ開設しました。

座敷わらし多恵ちゃんのほのぼの日記ファンページ 



いつも応援クリックを本当にありがとうございます。
この記事を多くの方に読んで頂きたいと切に願っております。
ご賛同いただけましたらご協力をお願い申し上げます。

精神世界ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

クリック_201406.jpg








Last updated  October 12, 2014 12:33:31 PM
[魂のお話☆] カテゴリの最新記事


PR

Profile


椿ちゃん♪

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

瑠璃子@ Re:腹を括る時。(09/09) 椿さん、いつも本当にありがとうございま…
minos re@ Re:腹を括る時。(09/09) あんまり書けることが思いつかない。 やる…
ゆきんこ@ Re:腹を括る時。(09/09) まだコメント間に合うかな? いつも私達の…
不思議ちゃん@ Re:「水に流す事」は魔法の1つです♪(09/04) >(火は)自分自身の輝かしい未来をも消し…
中庸906@ Re:腹を括る時。(09/09) 椿さん、長い間ありかとうございました。 …

Archives

June , 2020
May , 2020

Favorite Blog

まだ登録されていません

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.