3696423 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

宇宙レストラン

April 24, 2020
XML
カテゴリ:個人日記
とある賃貸マンション。
住民が好き勝手やりすぎてマンションは原型をとどめておらず、
さらには料金も滞納するという好き勝手放題。

家主はマンションを出たら行き場を失う住民を守りたいと切に願っていましたが、
住民らのやりたい放題の結果マンションは、
住民がこのまま住み続けるには危険な状態となっていました。
マンションは倒壊寸前にまでなっていたのです。
家主は苦渋の選択を住民に通告することとなりました。
住民が家主が大切にしてきたマンションを大切にするという約束を
守る事が出来なければマンションから速やかに退去してもらう事。
そして退去後はマンションそのものを解体するので、
けして戻ることは出来ない旨の通告を出しました。
それは家主から住民に向けての最終通告でした。

多くの住民は家主からの最終通告を気にすることもありませんでした。
家主からの通告は一瞬、耳や目をかすめただけでした。
彼らにとっての家主は親のように優しい存在です。
けして見捨てられることはないと信じて疑っていなかったのです。
家主は今までの何度も通告していましたが、それらが実行されることは無かったのです。
住民にとって家主の通告はノストラダムスの大予言のようなものだったのです。
起きる起きると言われてもけして起きることは無いと思っていました。

ですが一部の住人はマンションが危険なのではないかと感じ始めていました。
倒壊する前の予兆などを感じる住民もいました。
危険を感じながらも日々の生活に埋もれ、もがきながら暮らしているうちに
通告を忘れる人々もいました。

さらに少数の一部の住人は家主の通告を真摯に受け止めました。
彼らは心から反省し家主に許しを請いました。
彼らの反省は家主の心を動かしました。

家主はマンションに住民が住むことを許可してくれたのです
とは言え倒壊寸前のマンションに住み続けることは出来ません。
家主にとってマンションを解体して一からマンションを作ることは簡単ですが、
更地にしてしまってはマンション以外に住むところが無い住民の行き場がありません。
その為、建て直しではなくマンションの大々的なリフォームをすることにしたのです。
大々的にと言っても住む場所を確保しながらのリフォームですから限界もあります。
残念ながら全てを新しくすることは無理だと思います。

まずは倒壊しないための補強作業から始まるようです。
リフォームであれ大々的にするとなれば不便ですし大変です。
しばらくは不自由を感じることもあるでしょうが仕方がありません。
リフォームが始まると知っている住民にとっては我慢も出来ると思います。
何もかも住民がしでかしたことで生まれることになった不自由なのですから。
リフォームが始まることを知らない住民(知らないというよりは無視しただけですけど)
にとっては驚くことばかりかもしれません。
突然、マンションの中を壊されるのですから衝撃だと思います。
でも仕方ないです。
住む場所があるだけでも本当にありがたいです。
住民は今のマンションを追い出されても次に家を借りるお金を持っていないのですから。
たとえ持っていても、今のマンションでの暴君状態は知れ渡っていますので
どこもかしこも難色を示して貸してもらう事はほぼ不可能だと思います。
土地を買う権利もはく奪されている住民たちの集まりですから家を買うことも出来ない。
もはや植物に生まれ変わりどこかの星で役に立つしか道は無かったのです。
ですから、これから始まるリフォーム工事のあれやこれやに怯えることなく、
これから先は家主がマンションに掲げている「住民同士が思いやる心を」を
大切にして生活する事なのだと思います。
リフォーム工事がうまくいくのか行かないのかは住民次第なのです。
 

コロナがリフォーム工事の始まりなのかどうかは私には分かりませんが、
始まりの合図くらいのものなのじゃないかなって思います。
足場つくり程度のような気がしないでもない。
通常の工事ってド―ンド―ンガンガンガンと大きな音がしてまるで
地震が来たみたい感じますよね・・・。地震じゃないといいけど・・。
工事に入るのはマンションの中だから人間の個々に地震がくるのは間違いないのかも。

                                椿♪

☆お外に出られない今みなさまは何をしてお過ごしですか?
椿は子供とボードゲ-ムのガイスタ-で心理戦を楽しみ
大富豪ゲームで真剣勝負の戦い、比較的簡単な1000ピ-スのパズルを毎日コツコツとやって
(我が家のパズルル-ルは作ってもすぐには固めません。すぐに壊して最低でも三回作ってから固めます。十分楽しんでからですね。)後は、たまごっちの飼育、
あつまれ動物の森で気ままに楽しんでいます。
あつ森は意外と楽しいですが美的センスが問われます。(笑)
自分のセンスのなさに驚きますね。あまりにもしょぼい島過ぎて誰も招待できません。

でも、やっぱり自由時間がありません。
外に出られないことはそれほど苦ではなくむしろ楽しい事が多いと思います。
ですが自由時間がありません。
自由時間が無い事は正直キツイなぁ~と感じることが多々あります。

起きてから寝るまでずっと騒ぐ子供と一緒。
​やっぱり疲れるというのが正直な感想です。​

本当に勝手なお願いではございますが、無料鑑定を行う間だけで構いませんので
今の時期に無料鑑定を必要としている方々に
この​記事が届くように
クリックの応援を頂けますととてもありがたいです。​

​​
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
--------------------------------
精神世界ランキング
--------------------------------
☆お問い合わせはこちらまで
earthone2014@yahoo.co.jp
携帯のメールからお問い合わせ頂くと、こちらからメールが届かない場合がございますので、予めご了承ください。  












Last updated  April 24, 2020 04:14:00 PM
[個人日記] カテゴリの最新記事


PR

Profile


椿ちゃん♪

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

瑠璃子@ Re:腹を括る時。(09/09) 椿さん、いつも本当にありがとうございま…
minos re@ Re:腹を括る時。(09/09) あんまり書けることが思いつかない。 やる…
ゆきんこ@ Re:腹を括る時。(09/09) まだコメント間に合うかな? いつも私達の…
不思議ちゃん@ Re:「水に流す事」は魔法の1つです♪(09/04) >(火は)自分自身の輝かしい未来をも消し…
中庸906@ Re:腹を括る時。(09/09) 椿さん、長い間ありかとうございました。 …

Archives

June , 2020
May , 2020

Favorite Blog

まだ登録されていません

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.