002548 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

rb79kのブログ

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

クリーチャー

2020.05.24
XML
テーマ:REDSTONE(3550)
カテゴリ:クリーチャー
rb79kです。

土日に効率の良い魔獣に恵まれたため、クリーチャーが進捗しました。

SR吸血鬼の変換完了です。

上級攻撃力は+3、+5ときて+8を引けました。
SRをコツコツ転送して変換してきましたが、運が良かったです。

これでlv最大のクリーチャーを作るまではマナ集めが出来ます。

そして…LR獲得!

ナチュラル強打では覚醒値がありませんが、素で入れておけるのでOKです。

このため、現状はこんな感じです。
ダブクリ減少ビルドでも行けるんじゃないと夢見てしまいますが…


物欲あるときはこちらです。



以上。
クリーチャーのlv上げ大変だからクリーチャー指欲しいですね…。






最終更新日  2020.05.24 22:12:29
コメント(0) | コメントを書く


2020.05.17
テーマ:REDSTONE(3550)
カテゴリ:クリーチャー
​​rb79kです。

魔獣壷という、プリズムコクーンを得られる壷が実装されていたおかげで、
クリーチャーというシステムは身近になりました。
神オン。

魔獣壷PTさえ開催される鯖であれば
時間のみがリソースであり、参加してれば出来るように。

まず手持ちSR吸血鬼のサブパッシブの片方が完成しました。


下側の強打が目的。安価にするために強打ビルド…!
Lv最大はこのクリーチャーしか居ないため、まだちょこちょこ弄ります。

もう片方は、上級攻撃力か上級ドロップを狙います。


多分そんな悩まずに皆さんクリーチャー変換してると思いますが、
自分は直観で進んで無駄、が多いので一回書いておきます。

クリーチャーにかけるリソースの種類
①魔獣壷PT(野良) 時間
②サブパッシブ変換 時間
③クリーチャー育成 時間
④クリーチャー取得 時間orお金
⑤クリーチャー強化 ③+④+課金(クリーチャー所持数)

⑤は捨てます。HRをSRにしてまた育成などやってられません。

クリーチャー編成
大きく2パターンです。
考慮する点は最終攻撃力による8%を入れるか入れないかです。

強打:+30%
最終攻撃力:+8%(lv30↑で発動)
刹那の集中:10%(N)、12%(NX)
ウロボロス:1%(Nx3開放目OP)←無理

10+30で40%の最小か、12+38で50%にするか

まず40を目指し、
100本単位で浮いてきたらNX化を検討しつつ
空いた時間でLR育成をするようにしていきたい

Aパターン:①小、②中、③小、④小
まずはパッシブ変換以外のリソースと得られる効果を最小に絞った形。
SRのみ4体構成 
メインSRメリアス+SRサブ*3
パッシブ名目標lv構成のMAX値引く数値の猶予
強打5011+13+13+13猶予0

強打のみ狙っていくが猶予0のため妥協がそのままビルドの半端さになる

Bパターン1:①中、②小、③小、④中
パッシブ変換を楽にした場合
LR1+SR3体構成 
メインSRメリアス+SRサブ*2+LR1
パッシブ名目標lv構成のMAX値引く数値の猶予
強打5011+13+13+20猶予7

LR1まぜれば楽に。

Bパターン2:①中、②大、③小、④中
Bパターン1からスタートして他のパッシブまで手をつけた場合
メインSRメリアス+SRサブ*2+LRサブ
パッシブ名目標lv構成のMAX値引く数値の猶予
強打5011+13+13+20猶予7
上級ドロップ3013+20猶予3
経験値3024+242個引いたら確定
ドロップ率2024猶予4

経験・ドロップ系の組み合わせはいくらでも妥協できる。

Cパターン:①大、②極大、③大、④大
上級攻撃力を組み込み、最大効果を得る。
LR2SR2構成
メインLRヴァルキリー+LR1+SR2
上級攻撃力:50​ (20+20+13)猶予3
強打:50(20+20+SR13)猶予3
上級ドロップ:46(20+13+13)
パッシブ名目標lv構成のMAX値引く数値の猶予
強打5020+20+13猶予3
上級攻撃力5020+20+13猶予3
上級ドロップ4620+13+13猶予適当

経験・ドロップ系の組み合わせは
上級ドロップLR単体20、ドロップ率40等いろいろ妥協できるが、
ヴァルキリーで強打、上級ドロを引き、
もう片方のLRは強打、上級攻撃力を引く。
サブパッシブをピンポイントで引かなければならない。あほか。

Dパターン:①大、②大、③極大、④大
上級攻撃力を採用しつつ変換楽にしたい用
LR3SR1構成
メインLRヴァルキリー+LR1+SR2
パッシブは、上級攻撃力、強打、上級ドロップで、
全て50​ (20+20+13)猶予3 or (20+20+20)猶予10
余った1部位は適当にする。

LR数は
A0→B1→C2→D3

LRが引けた際にSRを見なおす形になる。
強打+上級攻撃力、強打+上級ドロップのSRはCDパターンでも使用に足る。
特にLRの変換の結果SRを選ぶ形になる。






最終更新日  2020.05.17 12:54:08
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.