000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

RCカーとルアーフィッシング

PR

X

全8件 (8件中 1-8件目)

1

SuperGTに関する日記

2007.04.10
XML
カテゴリ:SuperGTに関する日記
2007年の「SUPER GT」開幕戦、鈴鹿300kmを今、パソコンテレビ「GyaO」で観終わったところです。
ホンダNSX陣営、本当に運が悪いというか...残念な結果でした。
RC(ラジコン)カーレースでNSXのボディを愛用している僕としても、とても残念です。
決勝までの好調がウソのように悪いことばかり起きてました。
勝てるレースと思っていても、なかなか勝てない...僕も過去に何度も体験しました。
RCカーレースでのことですけどね (^^;
「このレースは勝てるかも...」と思ってしまうと、変に力が入ってしまって空回りしてしまうことがあります。
鈴鹿でのホンダ陣営が、そうだったかどうかはわかりませんが、必ずいい結果が出ると信じて、次のレースは、NSX好きの僕を楽しませてほしいと思います。
...って、次の第2戦岡山って、もう終わっているんですよね
結果も知っていたりしますが...
早く、その模様を観たいです。
では、また


タミヤ ARTA NSX XB 【送料無料】






最終更新日  2007.04.11 00:18:59
コメント(0) | コメントを書く


2007.03.31
カテゴリ:SuperGTに関する日記
今年も「SUPER GT」全戦をパソコンテレビ「GyaO」が配信してくれるようです。
開幕戦の鈴鹿300kmが、すでに配信されていたので、今、このブログ記事を書きながら観ているところです。
空いた時間に少しずつ観られるというのが、とても嬉しいです。(^^)
もう開幕戦の結果は知っているんですが、新しいカラーリングになったマシンもあるので「あぁ、新しいシーズンが始まったんだな」という感じです。
こうやってGTのレースを観ていると、RC(ラジコン)カーを走らせたくなりますね
来週末は、地元RCカーサーキットのシリーズ第2戦があるので、この鈴鹿300kmを観て、自分のRCカーレースへのモチベーションを上げていこうと思ったりしています。
では、また


タミヤ 58330ザナヴィ ニスモ Z(TT-01)






最終更新日  2007.03.31 22:36:53
コメント(0) | コメントを書く
2006.09.27
カテゴリ:SuperGTに関する日記
今更ですが、パソコンテレビ「GyaO」でSuper GTの第6戦鈴鹿1000kmを観終えました。
番組の時間は、7時間36分56秒と超長時間でした。
「My GyaO」の機能を使って、何日にも分けて観たんですが、あまりにも長時間なので、今までかかってしまいました。
なんか内容をよく憶えていないんですけど...(^^;
もう第7戦も終わっているので、結果に触れても大丈夫ですよね
感想としては、『No.12 カルソニック インパル Z』が速かったということと、中盤で『No.22 MOTUL AUTECH Z』と『No.8 ARTA NSX』の争いが見応えがありました。
面白かったです。
それとなんといってもゴールシーンは、とても感動的でした。
7時間以上もの動画を観終えた達成感もあったかもしれませんが、耐久レースのゴールは、いつも感動的です。
表彰式のシーンは、ちょっとウルウルしちゃいましたね (;_;)
今年からSuper GTのラウンドに含まれて、耐久というより長時間のスプリントレースという感じになりました。
なんか、二輪の鈴鹿8時間耐久レースと同じような感じですね
以前の鈴鹿1000kmとは違ったものになってしまいましたが、これは、これで面白いです。
鈴鹿サーキットは、F1の開催がなくなって、近くに住む僕らにとっては寂しいですが、この1000kmと8耐を盛り上げて「長時間スプリントレースの鈴鹿」ということにしたら、どうでしょうか?
ダメかな? (^^;
来年は、どちらかでもいいので観戦に行きたいですね
それにしても、観るのが大変でした。
さて「もてぎ」を観るか... (^^ゞ
では、また

タミヤ カルソニックIMPUL Z 電動ラジコン【送料無料】
タミヤ カルソニックIMPUL Z 電動ラジコン【送料無料】
タミヤ 58369TA05シャーシキットARTA NSX
タミヤ 58369TA05シャーシキットARTA NSX






最終更新日  2006.09.27 18:49:16
コメント(0) | コメントを書く
2006.08.25
カテゴリ:SuperGTに関する日記
Super GTの第6戦「鈴鹿Pokka1000km」が、パソコンテレビ「GyaO」で配信が始まっています。
僕も観始めたんですが、1000kmという長丁場ということで番組の時間も長く、なんと7時間36分56秒となっています。
なんですか、この時間は! (^^)
はたして一気に観る人がいるんでしょうか?
きっといないと思います。
そんなときは「MyGyaO」に登録して、何日かに分けて観るといいかと思います。
なんかGyaOの関係者みたいな感じですが、僕は全然関係ないです。
Yahoo!動画でも配信されると思いますが、現在はまだ始まっていないようです。

既にレースがあった日から、数日経過しているので結果を知っている方も多いと思います。
僕も知っています。
でも「見なかった事」にしています。
結果を知っていると、楽しみが減ってしまいますよね
でも、サーキット走るレーシングカーを見るのは面白いので観ています。
この番組は、実況に雑談が多かったりして面白いというのもありますが...
由良拓也さんの解説は、なかなか面白いですよ

さあ、観終るのは何日後なんでしょうか?
観終って、感想を書き込む気力があったら、この日記に載せようかと思っています。
気力が残っているか自信がありませんが...(^^;
では、また

SUPER GT 2006 ROUND.5 スポーツランドSUGO ◆20%OFF!
SUPER GT 2006 ROUND.5 スポーツランドSUGO ◆20%OFF!
タミヤ: 1/10RC ツーリングカー: カルソニック IMPUL Z
タミヤ: 1/10RC ツーリングカー: カルソニック IMPUL Z






最終更新日  2006.08.25 22:41:13
コメント(0) | コメントを書く
2006.08.05
カテゴリ:SuperGTに関する日記
スーパーGT第5戦SUGOをパソコンテレビ「GyaO」で観ました。
いつもながら、長時間の放送です。
今回は、他事をしながら観ていたので、展開がイマイチわからない部分があります。
できれば、ダイジェスト版なんてのを作っていただけると嬉しいんですが...
無料だから無理はいえませんけどね
あらためて思うのは、SUGOのコース幅の狭さです。
前車をパスするのが大変で、接触が多くなりがちなんですが、今回は、とても接触が少なくクリーンなレースになりました。
さて、ここからは結果に触れますので、ちょっとだけ改行します。


タミヤMobil 1 SC(TA05シャーシ)
タミヤMobil 1 SC(TA05シャーシ)


まず、GT500クラスですが、優勝はZENTセルモSCでした。
終盤までXANAVI NISMO Zとの大接戦をしていましたが、GT300クラスのクルマをパスする際にZENTセルモSCに抜かれてしまって、その後は差が開くばかりでした。
SUGOは、ストレートでのトップスピードが速いクルマが、かなり有利のようです。
それでも3位は、MOTUL AUTECH Zが入ったので、かならずしもSC430(レクサス)が絶対有利というわけではないようです。
スーパーGTは、ウエイトハンデもあるので、判断が難しいです。

トップスピードが速いクルマが有利だったのは、GT300クラスも同じでした。
こちらのクラスは「Z」が速かったようです。
それでも終盤に追い上げてきたPrive'e Zurich・アップル・紫電が僅差の3位になったので、こちらも判断が難しいです。
必ずしもクルマの性能だけではなくハンデの大きさ、有無が成績に影響しているので、面白いんだけど、本当に速いクルマがわかりません。
いろいろなカテゴリーがあるわけで、こういうレースがあってもいいと思いますけどね

次回の第6戦は「鈴鹿1000km」です。
シリーズの中では特殊なレースということで、予想も難しいと思われます。
長時間ですからね
ん?ということは、配信される動画も、さらに長時間なのかな?
観る方も「耐久」のような感じになりますね
では、また

タミヤ(TT-01シャーシ)ザナヴィ ニスモZ
タミヤ(TT-01シャーシ)ザナヴィ ニスモZ






最終更新日  2006.08.05 22:34:20
コメント(0) | コメントを書く
2006.06.30
カテゴリ:SuperGTに関する日記
パソコンテレビ「GyaO」Super GTの第4戦を見ました。
3時間9分33秒という長い放送なので、3日間に分けて見ました。
さすがに一気に見るのはツライです。
今回は、マレーシアのセパンサーキットです。
暑いんですよ、ここ
結果に触れますので、少し改行しますね



一触即発!SUPER GT 2006 VOL.2
一触即発!SUPER GT 2006 VOL.2



GT500クラスの優勝は、ARTA NSXでした。
終盤、MOTUL AUTECH Zに追い上げられましたが、常にレースをリードしての余裕の勝利という感じでした。
見た目にはですけど...
GT300クラスの優勝は、雨宮アスパラドリンクRX7です。
こちらも、他を寄せ付けない余裕の勝利という感じでした。
見た目にはですけど...

さて「見た目には」となっているのは何故かというと、ARTA NSXについては、ラルフ・ファーマン選手、伊藤大輔選手、共にクールスーツのトラブルが発生し、灼熱地獄の中でNSXをドライブしていたんです。
しかも、ラルフ・ファーマン選手はレース前から体調不良だったようで、とても過酷なレースになったようです。
これについては、レースの実況でも伝えられていたので「あんな暑い中で大丈夫なのか?」と心配しながら見ていました。
ところがクールスーツのトラブルが起きていたのは、ARTA NSXだけではなかったのです。
GT300クラス優勝の雨宮アスパラドリンクRX7もトラブルが発生したんです。
それは山野哲也選手から井入宏之選手に交代した後に発生したようです。
井入選手によると「最後の方は視界が狭くなった」ということです。
ゴールラインを通過した後、これ以上は危険だと判断し、すぐにクルマを止めてしまいました。
さらにGT300クラス2位でゴールしたdirexiv ADVAN 320Rも、ドライバー交代した密山祥吾選手がドライブする時にトラブルが発生したようで、密山選手はレース後、表彰台に姿を見せることができない状態になったようです。
気温33度、路面温度44度だったようです。
こんな状態で、クールスーツが使えなくなると熱中症になる危険があります。

「過酷な状態で、よく頑張ったな」と思いますが、同時に「こんな危険な状態になる可能性があるなら、何か対策をしないといけないんじゃないか?」とも思いました。
今回は、レースの開始を遅らせて涼しい時間帯でレースを行うようにしたようです。
また、例年より涼しかったというのも幸いして、レース続行不可能にはならなかったようですが、危険な状態には変わりないと思います。
熱中症にならなくても、視界が狭くなるような状態でドライブしていてミスをしてしまったら大事故になることも考えられます。
なんとかならないものでしょうか?
今回のレースを見ていて、それを強く感じました。
死亡する人が出てからでは遅いですからね
次回、第5戦はスポーツランドSUGOです。
決勝日は、7月23日になっています。
楽しみですね
では、また

タミヤ 1/10電動RC ARTA NSX (TA05シャーシ)58369【税込】タミヤ RCCARTANSX [タミヤRCCARTANSX]
タミヤ 1/10電動RC ARTA NSX (TA05シャーシ)58369【税込】タミヤ RCCARTANSX [タミヤRCCARTANSX]
タミヤ 58375Mobil 1 SCTA05シャーシ
タミヤ 58375Mobil 1 SCTA05シャーシ






最終更新日  2006.07.01 02:17:23
コメント(1) | コメントを書く
2006.05.17
カテゴリ:SuperGTに関する日記
パソコンテレビ「GyaO」で5月4日に富士スピードウェイで開催された「Super GT」第3戦を観ました。
波乱に続く波乱で面白かったですが、全て観るのに数日かかりましたよ
4時間以上の番組なので、毎日少しずつ観ていました。
以下、結果に触れるため、少し改行しますね
さりげなく広告を張りますが...(^^;




タミヤ 58369TA05シャーシキットARTA NSX
タミヤ 58369TA05シャーシキットARTA NSX




優勝はNo.35 BANDAI DIREZZA SC430(服部尚貴/ピーター・ダンブレック)でしたね
服部尚貴選手は、なんと10年振りの優勝だったそうで、レース終了後には涙を流していました。
おめでとうございます。(^^)
僕としては、RC(ラジコン)カーのレースでNSXのボディをよく使うことから、NSX勢に頑張ってほしかったんですけどね
レクサス(SC430)のストレートの速さは、反則に近いものがありますね
まあ、GT300クラスのポルシェほどではないですが...(^^;
2位にもNo.6 Mobil 1 SC(飯田章/片岡龍也)とレクサスが1-2フィニッシュでした。
3番目にゴールしたのもNo.36 OPEN INTERFACE TOM'S SC430とレクサスだったんですが、終了直前にペナルティが課せられ、No.23 XANAVI NISMO Z(本山哲/松田次生)が3位に繰り上がりました。
TEAM TOM'Sが抗議が出ているということで、これは暫定結果になっているようです。
とにかく彼方此方でバトルがあり、トラブルや接触も多かった今回の第3戦でした。
観ていても「なにがなんだか」って感じでした。

さて、私事ですが服部選手と同じく僕もRCカーレースで優勝から遠ざかっています。
10年まではいかないにしろ、ここ数年は優勝がありません。
もう少し頑張ってみようかなと思いましたよ o(^-^)o
タミヤからレクサスのキットが発売されるようなので、ボディセットが発売されたら使ってみようかなあ
では、また

予約商品!! ~7月発売予定~ TAMIYA 【ラジコン 組立キット】 Mobile 1 SC (TA05シャーシ)
予約商品!! ~7月発売予定~ TAMIYA 【ラジコン 組立キット】 Mobile 1 SC (TA05シャーシ)






最終更新日  2006.05.18 01:58:33
コメント(0) | コメントを書く
2006.03.20
カテゴリ:SuperGTに関する日記
今シーズン、パソコンテレビ「GyaO」スーパーGT(Super GT)を全戦配信することになったみたいです。

Gyao[ギャオ] スポーツ SUPER GT (http://www.gyao.jp/sports/supergt06/)

いつでも好きな時間に見られるのが嬉しいです。
現在、開幕戦の「Suzuka GT 300km」が配信されているので、見始めたのですが、全部観ると3時間以上になるんですよね
フルで配信してくれるのは嬉しいですけど、見る時間がない...(T_T)
まあ、ゆっくり少しずつ見ていこうかなと思っています。
そんなわけで、結果だけ先に知りたかったので公式サイトを見てみました。

SUPERGT.net (http://supergt.net/supergt/sgt_main.htm)

結果を知って嬉しくなりました。
それはなぜかというとランボルギーニのクルマが優勝したんですよ
GT300クラスに出場したNo.88 アクティオ ムルシェRG-1(マルコ・アピチェラ/桧井保孝)がクラス優勝したんです。
昨年は、GT500クラスに出場していたようですが、今年はGT300クラスに変更したようです。
ランボルギーニのクルマは、レースに出場することがよくあるんですが、話題にはなるものの、僕が見てきた限りでは、優勝したところを見たことがなかったんです。
なんでも、ランボルギーニ ムルシエラゴが車両として優勝したのは、今回が世界初なんだそうです。
凄いじゃないですか!!!
これはぜひ3時間後のゴールシーンを見なくては...(^^)
レース序盤には、No.87のトライク ムルシェRG-1が一時、独走していましたから、今後も優勝する可能性がありますね
独特のフォルムであるムルシエラゴが先頭を走っている姿は、小さい頃にカウンタックに憧れ、スーパーカーブームを体験した僕としては涙が出るほど嬉しかったですよ
これからも、その雄姿を見たいので、頑張って欲しいです。
今年のSuper GTは、面白そうです。
では、また

ミニッツレーサー MR-02MM京商 30466PGランボルギーニ ムルシエラゴ(グリーン)ミニッツレーサー MR-02MM京商 30466PGランボルギーニ ムルシエラゴ(グリーン)
あなたもムルシエラゴを走らせてみよう!!
RC(ラジコン)カーですけど...
京商 MZG207Y オートスケールランボルギーニ ムルシエラゴ イエロー京商 MZG207Y オートスケールランボルギーニ ムルシエラゴ イエロー
イエローもボディのみ発売されています。
ディスプレイにもなりますよ
京商さん、GT300仕様のムルシエラゴも作ってください。(^^)






最終更新日  2006.03.21 01:54:08
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


© Rakuten Group, Inc.