137722 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

紫燕飛舞

June 17, 2007
XML
カテゴリ:music
今日は川崎ミューザまで
東京交響楽団の定期演奏会を聴きに行ってきました。


指揮はラモン・ガンバ。

ハイドン 交響曲 第93番

モーツァルト ピアノ協奏曲 第21番

ショスタコーヴィチ 交響曲 第12番 「1917年」



モーツアルトの21番第二楽章は、
末期の水ならぬ末期の曲にしたいと??常々思っている
個人的に最愛のピアノコンチェルトで、
これを、最近アブラののった時期に入られた感のある
仲道さんがどう弾くのか、
これは聴かなければ、と川崎まで行ってきました。


ドレスはペールグリーンの光る生地のドレス。
この時期にぴったりで、彼女自体が一輪のあじさいのよう。
ビジュアル面、あいかわらず華麗。。


オケとのバランスもとても良く、
以前聴いたベートーヴェンとは弾き方も違う印象で、
粒立ちのいい、とにかく綺麗で優雅なモーツアルト。
貫禄すら感じました。


好きな曲だけに自分の耳が許す演奏だけを聴きたい。。なんて
思ってしまいますが
本当に、今日はここに来て良かったと思える21番でした。
仲道さん、凄いです。
円熟期に入られたのかな、とも思います。


最初のハイドンも、明るくエスプリの効いた美しい曲で、前半は
耳あたりの良い、優雅な雰囲気。





休憩をはさんで最後は、
たぶん一生のうちこれ一回しか聴かないだろう、ショスタコーヴィチ第12番。
FMで流れてきたら、思わず切ってしまう
私とショスタコの仲ですが、
こうやってフルオーケストラの大音響で、40分聴かされると、
レーニン体制の中、作曲家としてソビエトに生きた彼の不安や焦燥、
混沌の中の希望など、いろんなものが伝わってくる気はしました。
しかし、長かったです。。
聴いててヘトヘトになる、そんな気分でした。。


ガンバ、ロンドン出身の長身のイギリス人ですが、
そこまでやるか?というほど派手なパフォーマンス。
しかし、休憩もなくショスタコを延々と最後まで
緊張感をとぎれさせず振りぬいた、そのタフさは凄いと思いました。
東響もよくつきあっていて、水準の高いオケだと再認識。
オーボエの人、すごく上手かった。


夫は意外とショスタコーヴィチがおもしろかったようです。
最近、耳が遠くなりかけた気がするらしいんですが、
トライアングルの音がずっとわかったんで、まだ大丈夫だと思ったらしい。
聴力確認に、コンサートにつきあう人もいます。。(^^;)


ベートーベンに長く取り組んできた仲道さん、
これからまた、モーツァルトもどう弾いていかれるのか、
楽しみが増えた気がします。




あじさい アナベル






最終更新日  June 18, 2007 01:52:18 AM
コメント(8) | コメントを書く

PR

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

バックナンバー

July , 2018
June , 2018
May , 2018
April , 2018
March , 2018

プロフィール


レオニダス4519


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.