236876 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

偽装サラリーマンのモラトリアム日記

PR

カレンダー

楽天プロフィール

設定されていません

サイド自由欄



お気に入りブログ

ざ!着物塾 FOE着物さん
青空日和 紘子.さん

カテゴリ

コメント新着

masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
真理1806@ やっぱり巨乳はお嫌いですか? 胸が大きいといいことも悪いこともあるん…
マリカ8127@ 写メ交換から始められるひと~(o゚▽゚)o やほー(o゚▽゚)o マリカだよっ そろそろ…
ソラ4262@ バシバシ絡んでちょーだぃ! まなっていいます、よろしゅヾ(*'▽'*)ノ …
育児・子育て きらり@ 今日は こんにちわ そーですか。 またお…

ニューストピックス

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

占い

2017年03月17日
XML
カテゴリ:本・雑誌
本棚を整理していたら、奥から昔の文庫本が出てきた。
『「神」に迫るサイエンス―BRAIN VALLEY研究序説』、角川文庫、2000年(平成12年)12月
監修:瀬名 秀明,著者:瀬名 秀明,澤口 俊之,山元 大輔,佐倉 統, 金沢 創, 山田 整、志水 一夫
この本はハードカバー版(平成10年)の文庫版で少し加筆されている。現在は絶版。

神に迫るサイエンス_角川文庫2000年

<出版社による紹介>
脳はいかに「わたし」を創り出すのか?チンパンジーは「神」を知っているか?コンピュータは「魂」を宿すことができるか?臨死体験で死後の世界を証明できるか?ベストセラー小説『BRAIN VALLEY』※に記された「科学」の各ジャンルを、第一線の研究者たちが最新の知見とともに解説。読者の知的好奇心を刺激しながら、現代の科学を見渡す恰好のガイドブック。
※ここで、BRAIN VALLEY(ブレイン・ヴァレー)とは、瀬名秀明が1997年に発表したSF小説のこと。第19回日本SF大賞を受賞した。

瀬名秀明 BRAIN VALLEY (Wiki)

著者代表の瀬名秀明は薬学出身で生命科学に興味を持ち、大学院生時代に書いたホラーSFである『パラサイト・イヴ』でデビューし注目された。現在はSF作家かつサイエンス・ライターということになっている。

<内容構成>
・瀬名 秀明:脳科学からの『BRAIN VALLEY』ガイド―脳進化、脳内分子、感情、そして臨死体験を中心にして
・山元 大輔:心の遺伝子―物質と観念の相克に分子生物学はどう答えるか
・佐倉 統:人工生命―カントの思想という生命体 あるいは、文学によって科学をすることは可能か?
・金沢 創:霊長類学―チンパンジーはことばをしゃべるか?そして死の観念をもつか?
・山田 整:脳型コンピュータ―本当の意味で賢いコンピュータを目指して
・志水 一夫:UFO再入門・序章―間違いだらけのUFO論議
・瀬名 秀明:臨死体験―新たな脳科学を切り拓く

興味深い項目名もあるが、怪しいものもある(笑)。作家の立花隆と類似テーマとも言えるが、立花と異なり研究活動もできる人が著者になっている面が異なる。最近のAIへの社会的見直しに伴い、以前の未解決の各種テーマが改めて取り上げられる情勢になっているから、この本は時代の先行的作品とも言える。

最近のAIは主にビジネス面から注目されている。かつて80年代後半から90年代前半にも初期のエキスパートシステムを初めてとして「人工知能」という名前で大変に話題になったが、その後、理論上の進展が止まってしまった感じ。

現時点のAIでは、「問題解決方法(アルゴリズム)が見えており、大量のデータを高速に検索できる場合」にはゲームのチェスに見られるように人間より早く答えを出せる。一方、「元々の解法が見出されていなかったり、曖昧だったり複数解が並列な場合」は昔と変わらずの状態が現状と言える。
生命の構造や人間の脳構造は工学屋が思うよりずっと複雑で(だから研究余地が大きい)、工場用ロボットのようにシンプルな部品を工学的に実現しても、単純なことしかできず、人工知能にならないからである。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ









最終更新日  2017年03月17日 23時07分08秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.