149930 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

赤い水性ペンのミコちゃん 赤ペンで綴る通常の三倍ブログ

2009.05.03
XML
どうも、のどの癌だったようです。


ロック歌手の忌野清志郎さん死去、58歳
(2009年5月2日23時08分 読売新聞)

 ロックバンド「RCサクセション」やソロのボーカリストとして活躍した歌手の忌野(いまわの)清志郎(きよしろう)(本名・栗原(くりはら)清志(きよし))さんが2日午前0時51分、がん性リンパ管症のため、都内の病院で亡くなった。58歳。

 告別式は9日午後1時、東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所。喪主は妻、栗原景子さん。

 忌野さんは、高校在学中の1968年に「RC」を結成、70年に「宝くじは買わない」でデビューした。フォークやブルース、ロックなど様々なジャンルの音楽を融合させた独自のスタイルが評価され、「ぼくの好きな先生」「雨あがりの夜空に」などの代表曲を生んだ。その後、「RC」の活動を休止し、以降、ソロやバンドを率いての活動を行い、CMにも使われた「パパの歌」などをヒットさせた。

 忌野さんは、派手ないでたちと絞り出すような歌声で知られ、「愛しあってるかい」など独特のセンスのフレーズを生み出した。また反原発などを歌った曲を収録したアルバムが、大手レコード会社によって一時発売中止になったこともあり、メッセージ性の強い作品も生み出してきた。

 2006年7月に喉頭(こうとう)がんと診断され、治療のために活動を休止したが、08年2月に東京・日本武道館で復活コンサートを行った。しかし、7月に左腸骨への転移が分かり、治療に専念していた。






最終更新日  2009.05.03 15:19:51
[若さゆえの過ち   (ステキな日常)] カテゴリの最新記事


PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

カテゴリ

バックナンバー

2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11

サイド自由欄

人気ブログランキングへ


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

フリーページ


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.