6051746 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

GMの抵抗ワショーイ

2021.03.25
XML
カテゴリ:御伽原江良
aviutlとは無料の動画編集ソフトです。
動画のカット・結合や字幕入れ、エフェクト効果・補正や調整など色々なことが実現できます。
1997年から開発されており、拡張プラグインも豊富なので色々な編集が可能。
ゆっくり動画やMAD動画を作るのにも適してます。

詳しくはAviUtl初心者が最初に読むべきページ【導入から使い方まで】を参考にしてみてください。

環境構築
まずは環境構築から。
AviUtlのインストールから必須プラグインの導入までを解説【歌ってみた】を参考に進めていきます。

次にrigayaの日記兼メモ帳さんより、x264系のエンコーダを入手。
(エンコード=出力の設定だと思ってもらえると。)
QSVEncやNVEncも通常のエンコーダより軽くスムーズに出力できる。
ただ、x265と同様にPC環境によって動かないこともあるので注意。
(グラボが入ってるかどうか…など)
詳しくは【AviUtl】QSVを使用してハードウェアエンコードする方法【QSVEnc】などを参考に。

x264の場合、その後は【AviUtl】x264guiExの導入方法と使い方(2/3)【MP4出力】に沿ってインストール・設定。



さらに、エンコーダの中で必要になるNero AAC Codecを配置します。
ここまで設定すれば動画編集できる環境に。

後はお好みで拡張プラグインを色々と入れてみてください。



スマホから落としてきた動画は4K対応しないとアップできない可能性があります。
(特に、縦画面だと2400指定しないと端が見切れたりする問題が起こりうる。
最近のスマホは画質いいこと多いので…。)

AviUtlでiPhoneで撮影した4K動画を編集する

[ファイルメニュー] - [環境設定] - [システムの設定] を開き、最大画像サイズを 3840 x 2160 に変更。
設定変更後、AviUtlを立ち上げなおしたところ、正常に読み込め編集できます。



動画編集

AviUtlをマスターしたい人向けのページ【教科書】などを参考にしつつ進めてみてください。

出来ることは大抵ググれば出てくるし、逆に調べて出てこないことはaviutlだと難しい編集の可能性あり。
最初のうちは高頻度で拡張プライグインを入れ替えすることになると思うので、プロジェクトの保存はこまめに。



エンコード

おすすめのエンコード設定は以下。
【Aviutl】x264出力(GUI)Exエンコード時の画質重視おすすめ設定!
実はx264設定においてyoutubeってカテゴリがあって、それを選ぶだけでもこれに親しい設定ができる。
x264エンコードの設定はカスタム設定してその内容を保存することも可能。


ビットレートは毎回計算して、適切な値に調整する必要がある。
4Kであれば35000~45000kbpsだが、45000を設定しておいたほうがよさげ。
(35000だと若干カクつく)
もしくは付属の「簡易ビットレート計算機」を使って計算することも可能。

ビットレートの設定間違うと画質結構荒くなります。


ちなみに、字幕つけるだけならスマホに付属している動画編集アプリやPlayStoreのアプリ使ったほうが要領よく編集できることもあります。
その辺りのおすすめアプリの紹介についてはまた別の機会に・・・。
(AndroidとiOSでそれぞれ異なる)




[参考][Aviutl] どう設定すればいいのか分からない人必見!映像と音声の"ビットレート"の設定値の目安

   ww
 ,,#´ω`#,,
 #´・_・`#ノシ
 #´・ρ・`#ノシ
 #´・▽・`#ノシ
 #´・w・`#ノシ
 #´・ω・`#ノシ
 #´・∀・`#ノシ
 #´・Д・`#ノシ
 #´・-・`#ノシ
 #´・ε・`#ノシ
 #´・ヮ・`#ノシ
 #´・⊇・`#ノシ
..[..===..]
 |ノシショボテン|
 |_\3500_|






Last updated  2021.06.09 09:35:37
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.