000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

フランス人Mくん日本滞在記

フランス人Mくん、やってきました。

アジアは日本が初めてという彼、何を見ても大興奮です。

さて、成田からのバスからの眺めは出発したばかりだと、周りは成田の田園地帯で、特に何も見るものはなく。

そんな中、

「あっ!! あれが、有名な東京タワーですかっ!!!」と写真を取ろうとしたMくんが指差したものは...

田んぼの中に立つ、ただの高圧電線の鉄塔... でした。
(しかも100mぐらい?)

2010-09-12

フランス人Mくん、ものすごく「ザ・いい人」なのと、

けっこうなんでも食べられる&食べたことのないものでもチャレンジするタイプ!ということで、

ものすごく、うれしい~!!!(涙)


このタイプなら、いけるかな?と、いきなり、初日のメニューから、

外国人さんに気遣いなし = 私の食べたい物を思うままに作ったものの、

(暑かったので、冷や汁!と、ししとうの煮びたしなど...いきなり上級編)

彼はなんなく食べてて、「おいしいです~」とおかわりまでしてて、満足~☆


この食べ物問題が微妙な場合、2~3日だと気にならないかもしれませんが、2~3週間だと、お互い気を遣いヨレヨレになってきます。

やっぱり、食べ物って、生活の大事な部分なんですな~

なので、この「食べ物は残さずなんでも食べる」って部分は、

ホームステイの受け入れの精神パートに安定感を増すというか、かなり大事な根幹の部分なのです。(大げさ?)


*ちなみに、「外国人さんに気遣いあり」のメニューとは、「わかりやすい日本食」。

故に、手間がかかったり、私の食べたい気分とは別のものになる可能性もあります。

(例えば、自分的には、どうしても「なめこのおみそ汁」が食べたいな~と思っても、いきなりはキツかろう~と、普通の「とうふとねぎのおみそ汁」を作る...など)

2010-09-12



今日のフランス人Mくん、

テレビに出ていた「アルフィーの高見沢俊彦」を見て、

ジュリア・ロバーツですか?」と聞いていた...


家族で爆笑!

2010-09-13

フランス人Mくん、微妙な言い間違いがけっこうあり、そのつもりで聞いてて、後でびっくり...というパターン。


Mくん「私の彼女は15才です」

なんて言うので、

「へ~!」と驚きつつも、(Mくんは23才)文化の違う国だから...と特にコメントをせず、触れないでいたら、 

後で、「25才」の言い間違いと判明!



今も、となりでパソコンをいじっていて、

Mくん「これが私の妹です」と言って、家族に見せていて、

家族「でも、ヒゲが生えてるよ。」

」の言い間違い...

2010-09-13

フランス人Mくんが、どうしても買って帰りたいものがあるという。

それは...

「お弁当箱」!


やっぱり...

というのも、海外で「日本のお弁当」ってあこがれの何からしいのです。

(日本のアニメやドラマで、主人公たちが食べてるから!)

というので、ロフトへ連れて行き、お弁当コーナーへ。

Mくん、大きいのがいいとのことで、それぞれ探していると...


Mくん「あっ!大きいお弁当箱ありました!」というので、見ると、

重箱


...大きすぎじゃ...

私「これはね、お花見のパーティーとか、お正月にみんなで一緒に食べるやつで、お弁当箱じゃないけど、どうする?」と言うと、

あきらめて、普通のお弁当箱を買ってたMくん。

それとも、余計なことを言わず、買わせてあげればよかった?

2010-09-16

フランス人Mくんとテレビを見ていたら...

柴犬が出てました。

「かわいいー!」とかなり気にいったご様子だったのですが、

しきりに、

「この犬は、パチンコですか?」と何度も私に言うのです。

私「...パチンコ?(なんだろ?)」


後で、彼が持ってきたガイドブックの写真より、

  
  「ハチ公」と判明!


(この犬は、「ハチ公」と同じ種類の犬ですか?と聞いていたらしい...

2010-09-16

フランス人Mくんと、相撲を見に行きました。

お土産を買ったり、写真を撮ったり、館内を歩いている幕下の力士に話しかけたり、大喜び。

ヤキトリ&日本酒も堪能してました。

さて、毎回思うのですが、国技館って、外国人率が高く、

私達の座った席など(3Fの一番リーズナブルな席)まわりには日本人がおらず、

英語、スペイン語、ドイツ語が聞こえ、

「和」の場所なはずなのに、日本語が聞こえなかったほど...


面白かったのが、隣りに座ったスペイン人の男の子。


話しかけて来たので、

私「相撲が好きなの?」と英語で聞くと、


いきなり、煙草を差し出された...


「なんで煙草?」と思っていたら、

「相撲が好きなの?」を、「Smoking(=すもう?)が、好きですか?」と聞かれたと勘違いし、

「彼女(=私)は、煙草が吸いたいのかな?」と気を利かして、煙草を差し出してくれたらしい...


*彼は、日本に昨日来たばかりで、これ自体を「すもう」っていうと知らなかったとのこと。

2010-09-18

フランス人Mくん、ショッピングを楽しんでいます。

買うものは、「ザ・日本のおみやげ」!

(東京タワーの置物とか、しゅりけんとか...)

あまり、日本人は買わないような~。

昨日も浅草に行って、

「わー、これを買います!」と目を輝かせて買ったものが、コレ↓



そう、刀の形をしているお箸

すごい~、ある意味、日本文化の新しいミックス!!


観光地のおみやげも、新しい試みが日々されているんですね。

その箸を家族分買っていたMくんです。


*ちなみに、新幹線の形の箸↓なんてのもあって、これもウケた...



2010-09-21

フランス人Mくん、パリで日本人の友人が何人かいるとのことで、微妙にスラングの日本語を知っています。

(「まじで?」とか)

なので、昨日も、

Mくん「めっちゃアイスが好きです。

なんて言っていて、とっても(=めっちゃ)アイスが好きなんだな~と思っていたら...


まっちゃ(抹茶)アイスが好きです」の意味だったと判明~。


*コンビニで「あ~、めっちゃアイスです!」と指差したので、発覚。

2010-09-22

フランス人Mくんと、YouTubeで猫と飼い主のおもしろ映像を見てたら、いきなり、

Mくん「この猫は、師匠が好きです。」と言う。


ん? ...師匠って?


師匠=「飼い主」のことでした。


*Mくんによると、「飼い主」も「師匠」もフランス語では一緒らしいが~。

2010-09-23

フランス人Mくんと、「婚活」の話題になりました。

興味のある話題だからか、彼も辞書を引きながら、かなりがんばって日本語で話していました。

面白かったのが、

「出会い」について話していた時、

Mくん「フランス人の男の人は、シャイじゃありません。

だから、町で、女の人をすくいあげてとります。」

と言うので、笑った~。


すくいあげてとる=”ナンパする”の意味

(仏和辞書より)

2010-09-24

フランス人Mくんと、Youtubeの日本のアニメ映像で盛り上がりました。

けっこう「え?そんなものまで?」と思ういろんなアニメが、フランス語で放映されていた様子で、お互い日本語版とフランス語版を見比べて、夜中まで遊んでました。


「キャンディキャンディ」なども知っていて、これは主題歌がフランス語。

キャンディキャンディフランス版がコチラ。


ちょっと合唱隊のような感じ?


あと「キャッツアイ」なんてのもフランスでやってたんですね。

しかも主題歌が全然違う~!

キャッツアイ主題歌フランス版がコチラ。

なんとなく、主題歌はフレンチポップ風?

日本語版のはこうだよ~」と探して見せたら、あの森三中がキャッツアイになっている映像が混じっているものになっていて、爆笑するMくん。

お気に入りらしく何回も見てた。

友人にもサイトアドレスを送ってましたが、これが本当のキャッツアイの実写版と思われてるかも...

2010-09-26



フランス人Mくんとレッスンで迷信の話になりました。

日本の迷信の話をあれこれして、

じゃあ、フランスの迷信を教えて下さい、と言うと...


Mくん「○○をします。それは熊が来ないためにです。」

「□□をします。熊が来ないように。△△もします、これも熊が来ないように。」


などなど、えらく「熊よけ」の迷信が多いのです。


やっぱり、フランスは農業国だから、野生の熊が農作物を食べることが頻繁に起こるんだろうか、と勝手に推測していたら...


クマじゃなくて、アクマ(悪魔)だった!!

なんか知らんが気がぬけた...


なぜ判明したかというと、

私「じゃ、Mくんは実際にクマを見たことがありますか?」と聞いたから。

Mくん「クマは、この世界にいないんだよ。」なんて話になったので。

 
私が「え?でも例えば、カナダにいっぱいいるよ。」と言うので、

彼は「なんで、カナダに悪魔がたくさん???」と思っていたそうな。

もう、ややこしい~!

2010-09-26

さて、フランス人Mくんですが、コースを終え、帰国しました。

日本がとても楽しかったみたいで、

「また来ます。すぐ来ます。来年来ます。絶対来ます。」をずーっと言ってました。

とても一緒にすごしやすい人だったのと、仲良くなってしまったので、ちょっとさびしいのですが...


無事にパリに着いた彼より、メールが来ました。


「フランスにつきました。ありがとうございました。

みなさん、とてもやさしかったです。」

その後に、どうしても意味がわからない文を発見!


「しょくじしたときに、ときどき、わたしは、あなたにでんわをかけます、

ときどきメールをかけます(←原文のママ)。」


なんで、食事したら、私に電話をするのだろう?

しかも、なんで「ときどき」なんだろう...?


それとも、このメールは、すでに「食事したから」書いているメールの一環...?


うーん、だれかわかる人がいたら、教えて~!

2010-09-29

フランス人Mくんとのレッスンでこんなこともありました。

「誘いを断る」ための日本語的な表現を勉強していた時のこと。


テキストのその表現とは、

A:Bさん、金曜日コンサートに行きませんか?

B:あ、金曜日は、ちょっと...

ってやつです。


その「ちょっと”...”」って間が「都合が悪くて行けません」の意味を表すんだよ、

と言うと、ものすごく面白がってるMくん。

さっそく練習したのですが、


A:Bさん、来週映画に行きませんか?

B:あ、映画は、ちょっと...

A:Bさん、日曜、夜ごはんを食べに行きませんか?

B:あ、夜ごはんは、ちょっと...

A:Bさん、明日の午後、おいしいケーキ屋さんに行きませんか?

B:あ、おいしいケーキ屋さんは、ちょっと...

になってしまっていた!!

本当は、「来週はちょっと...」「日曜はちょっと...」「明日の午後はちょっと...」と、日にちを入れて、その日が都合が悪いという練習になるはずなのに、

「映画はちょっと...」「夜ごはんは...」「おいしいケーキ屋さんは...」になり、それらのものが苦手な響きになっていた~。


「おいしいケーキ屋さんはちょっと...」って?

2010-10-01

先日のフランス人Mくんのメールのナゾ、解けました!

(あの”しょくじしたときに、ときどき、わたしは、あなたにでんわをかけます。”というメールが来て、

なんで、食事したら、私に電話をするのだろう?って私が疑問に思ったやつです。)

答えは、

「日本食を作る時に、難しいので、質問があるかもしれず、その時にちょくちょくメールか電話しますね。」って意味だった!!

ソウカ~!


ということで、さっそく日本食を作ったらしく、写真が送られてきました。↓

onigiri.jpg



すごいのが、「牛丼」のおかずが、「おにぎり」になっている!

(いや、それとも「おにぎり」のおかずが、「牛丼」なのか?!)

あと、右上にしょうゆとわさびらしきものがあるが、これは何用...?

まさか牛丼用?

なんにせよ、楽しそうでよかった~!

2010-10-03


日本の映画、ドラマが大好きだったフランス人Mくん。

「花より男子」などもよく見てたそうです。

というわけで、テレビで嵐が出てても、

「あ~、マツジュンです!」と指差し、よく知ってらっしゃる。


そんなMくんにとっての不思議とは、

「日本のコンサートって、どうして観客が女の人ばかりのものがあるんですか?」とのこと。

嵐や、SMAPのコンサートって観客が女の人ばかりなので、

ものすごくものすごく不思議だそうです。

2010-10-03

フランス人Mくんとのレッスン中のできごと。

日本語&フランス語の電子辞書を買い、大喜びです。。


~実は、海外の生徒さん達、日本に来てよく買うのが、電子辞書。

なぜなら、フランスやドイツ、スペインなどでは、日本語なんて言語はマイナー過ぎて、紙の辞書さえ探すのが一苦労、まして、電子辞書なんて売ってない...

しかし、日本からすれば、フランス語、ドイツ、スペイン語なんていうのはメジャーな言語、ということで、それらの電子辞書が気軽に手に入る~


さっそく、レッスンでもうれしそうに辞書を使用中。

テキストの中に「しやくしょ(市役所)」という単語が出てきて、意味は?と聞かれ、説明。

単語ノートに、フランス語の意味を書いて、

「”しやくしょ”の漢字を調べて、この単語ノートに書く」なんて言って調べていたMくんのノートを後で、ちらっと見てびっくり。

「市役所」と書かれるはずが、「百姓」になっていた。


<解説>

"SHIYAKUSYO” と、入力するところが、最初の”S”がもれて、

"HIYAKUSYO" となり無理やり変換され → 「百姓」となったらしい。

2010-10-05

フランス人Mくん、好き嫌いなく、なんでも食べられる&チャレンジする人だったので、

ほんと~うにラクでした。

(作る側からしても&精神的にも...)

さて、そんななんでも食べるMくんが、2つだけ食べられなかったもの。

それは、

・あずきバー

・寒天  


あんこは、おいしい~なんて食べてたのに、冷やすとダメなのか...?

あと、スイス人のFちゃんみたいに、「あずきバーが一番大好きです!」なんて人もいただけに、賛否両論ありますね。

あと、寒天は「豆カン」を食べた時に、豆だけ食べて、「ごめんなさ~い」と言いながら、寒天をきれいに全部残していた。



「豆カン」って、豆と寒天だけでできているだけに...

2010-10-05




Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.