492957 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Profile


レッドウッド小姉さん

Freepage List

全2141件 (2141件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

June 2, 2018
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​

来週から、中国に行くので、慌てて会話レッスンを続けて取っているのですが、

「ほほう~~~」と思ったことがありました。


会話のテキストで、クリーニング店での会話文があり、

客「この服をお願いしたいのですが。」

店「そこに置いておいて。」

客「1つはボタンがとれてるので、つけておいて欲しいんですけど。」

店「わかりました。」

客「それから、これはシルクなので...」

~~~と会話が続く本文。


そして、その後に、以下の会話の練習問題があり、(   )を自分で埋めてみましょうというもの。


客「この洗濯機が動かないので、見て欲しいのですが。」

店の人「そこに置いておいて。」



実は、この部分ですでに驚愕。

え? 洗濯機、店に持ってきたんだ!?



客「いくらかかりますか?」

店「○○と△△を直すので、××元。」

客「高いですね。新しい洗濯機が買えますよ。」

店「もし、新しい洗濯機が同じぐらいの値段だったら、(            )。」


ということで、みなさんだったら、(    )の中に何を埋めますか?


私は、普通に考えて、


「もし、新しい洗濯機が同じぐらいの値段だったら、

(その値段を教えてください。安くします)。」


と、答えたのですが、


先生は、「うーん、なんか自然じゃないですね。」

と、教えてくれた正解が、

まさかの

「もし、新しい洗濯機が同じぐらいの値段だったら、

新しく洗濯機を買って下さい)」

だった???


え~~~、そう来るんだ~!?

商売っ気なしなのか、

それとも、私が、

ビックカメラなどの「他店の方が安い場合はお知らせください。」的な考えにどっぷり浸かってしまっているのか?


もう、中国語の文法の話じゃないね。

単なる文化の違いなのか...?

ということで、今日の驚愕。






<REDWOODのLINE@作りました>

やる気になるフレーズや、異文化トピック、お得情報...などつぶやきますので、

ぜひ、↓ 下記のアイコンから登録してみてね。

(または、@qiz5119r で探してみてください)

代表Sanaeの動画ライブも計画中~☆ (笑う準備要!)


友だち追加






​​






Last updated  June 2, 2018 02:51:45 PM
May 29, 2018
カテゴリ:カテゴリ未分類

ここずっと武術の大会に向けての稽古でバタバタしていたのですが、

それも、やっと終わり、ほっと一息~。

(もう、本当に大変だったんよー。

あまりにも、みんなが練習できてなくて、稽古の途中で先生が ”まさかの” 怒って帰る...などいろんな事件発生)


ようやく、ほったらかしにしていた中国語に取りかかれます。

最近は、会話のレッスンは週1だけだったので、

来週からまた中国に行くし、ちょっとエンジンかけて勉強したいところ。


まあ、ほったらかしにしていたとはいえ、

暗記モノはそれでも、電車の移動中、必ず勉強していました。

ということで、私が長年使っている暗記モノにおススメのアプリをご紹介しますね。


「​ANKI​」


(アプリだけでなく、web上でも使えます)

要は、単語カードのweb版なのですが、

単語カードと違って何がいいかというと、


1.実際のカードだと持ち運びや管理が大変

2.答えられなかったもの、らくらく答えられたものを、いつまたやればいいか選べる。

カードごとに、これは答えられなかった、これは簡単だったとチェックしていくので、

その忘れていそうな時に、自動でまた出てくるので、いちいち単語カードを引っ張り出してこなくていい。

例えば、難しくて、すぐできなかったものは、同じカードが10分後にでてきて、

次には、明日、その次には3日後にでてくる。

また、今回、比較的簡単にできたものは、10日後にでてきて、

そこでも、簡単だった場合は6か月後にでてくる...などなど。

(そのカードがいつ出てくるかも、自分で指定できます)

記憶の定着にかなりいいシステムなんじゃないかなと、かなりおススメ!

実は、コレ、私も5、6年前?から使い始めたんだけど、

日本というより、海外の語学学習者に人気が高く、

私も外国人さんに教えてもらったのよね。


語学の場合は、単語のみならず、

例文や、先生に直された文章をANKIに入れて、覚えるようにするのがベストですね。


ま、この暗記モノだけでなく、

最近、さぼっていたテキスト音読と、

ちょっと今週は会話レッスンをがんばってたくさんとってみようと思います。

(っつっても、来週から中国に行くのに、付け焼刃にもならなそうだが...)





<REDWOODのLINE@作りました>

やる気になるフレーズや、異文化トピック、お得情報...などつぶやきますので、

ぜひ、↓ 下記のアイコンから登録してみてね。

(または、@qiz5119r で探してみてください)

代表Sanaeの動画ライブも計画中~☆ (笑う準備要!)


友だち追加






Last updated  May 29, 2018 07:49:44 PM
May 19, 2018
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​

日本語と英語で、ちょっと使い方の違う単語ってたくさんありますが、

その中でも、先日、生徒さんから聞かれたのが、

「ゴージャス(gorgeous)」の使い方。


日本語では、人に使うと、

美輪明宏とか、宝塚みたいなイメージなのかな?

その人の着ているファッションがお金がかかっていたり、

ベルサイユ調?っていうか、

羽がいっぱい背中についてる風だったりする~??


なんだけど、英語では、

男の人に使うと「めっちゃかっこいい!」

女の人なら「めっちゃキレイ~!」

って感じかも。


なんでも、生徒さんによると、

日本人の彼氏のいるオーストラリア人さんが、

その彼の写真を、

「He is so gorgeous.」と言いながら、見せてくれたそうで、

日本語の意味の小林幸子風「ゴージャス」と、

その写真に写っているTシャツ姿の

さわやか好男子くんが結びつかなかったそう。


そこから、gorgeousの英語の意味の話になり、

生徒さんから「じゃあ、Yacchanの思うgorgeousな人って誰?」と聞かれたので、

「うーん、やっぱりウィル スミスかなー。」と答えたら、

「そこは、ブルース リーじゃないんですね。」とツッコミあり。


あのね、私、いつも言ってるけど、

カンフー以外の映画も見るし、音楽も聞くからね!

男の人も、普通にかっこいい人が好きだからね!?



どうも、みんな、私のことをカンフー一筋と思っている節があり、

っていうか、自分のこのブログのせいなのか...



ということで、あなたの思う「ゴージャス」な人は誰ですか?

よかったら、LINEで教えてみてね!

(すまん、今日もまた営業...に...)



<REDWOODのLINE@作りました>

やる気になるフレーズや、異文化トピック、お得情報...などつぶやきますので、

ぜひ、↓ 下記のアイコンから登録してみてね。

(または、@qiz5119r で探してみてください)

代表Sanaeの動画ライブも計画中~☆ (笑う準備要!)


友だち追加
​​​
​​​






Last updated  May 19, 2018 04:41:20 PM
May 15, 2018
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​

ここ数年で、ちょこちょこ集めていた

「旅行用衣類の 鉄板!セット」がようやく完成しつつあります。


じゃあ、その鉄板セットが必要な本人の私はどんな旅をするかというと、

回数多く行くので、格安航空券を使うため、荷物はなるべく少ない。

そのため、ツアーじゃなく自分で移動するため、荷物も軽くする必要があり、洗濯が必須。

武術メインの旅が多いが、そうでない場合も、

「シルクマーケットに行こう!」と誘われるより、

「カヌーで急流下り行こうか!」なんて方がうれしくなるタイプ。

ごはんやさんも、ローカルな人で満載の、

知らんおじちゃんたちに、話しかけられながら、食べるところがお好み。


↑~な旅行タイプの人には、

いきなりの暑さ寒さにも対応でき、

(暑い国でも、冷房が北風並みのお店や交通機関はけっこう多い)

軽く、しわにならず、たたむとコンパクトになり、

水を弾く素材のもので、汚れにくく、

洗濯しても乾きやすく、プラス動きやすい。

なんだったら、そのまま、スポーツもできるぐらいのものが、必須だな、と、


ここ数年で探し求めたものは、

アウトドアスポーツブランドに全部あった!

特に山関係のものが最適ですね。


だって、よく考えたら、

山に持って行くんだから、軽くてコンパクトになるのは必須だし、

雨や寒さを想定しているんだから、ま、そうよね~。

ということで、ま、パタゴニアやら、ちょっとお安めならモンベルなどなどで、

買い揃えました。


しかも、寒さ対策は素晴らしく、

薄手なのに暖かく、けっこう気にいって、同じものを二着とか、

私の自宅の洋服の棚は、スティーブ・ジョブズとか、ザッカ―バーグみたい!?

(少ない上に、同じものがあったり、同じ形で色違いとか)


結局、使い勝手がいいもんで

それらが、日常着になっちゃった。。。


で、この前、友人と会って大笑いになったのが、

「吉野とこの前、海外に行ったじゃない? 

今日も、その旅行中と全く同じ服装だね!」と。


ま、私のコンセプトは、「常にダッシュできる服装」ですし...

ぶっちゃけ、おしゃれとかあんまりどうでもいいレベルになってきて、コワい~(泣)

靴も、下手したら、

武術シューズで表参道を歩いたりしてるし、

私、大丈夫かな???


旅行におススメの洋服アドバイスでこのブログ書き始めたんだけど、

もしかしたら、ものすごくレアな人向け、

もしくは、学生さんのようなバックパッカー向けのアドバイスで、

万人向けでは全くなかったですね。


ちなみに、この1セット、まだコンプリートはしておりません。

というのも、問題はシューズ!

基本、動きやすい&疲れにくいスニーカーなんだけど、問題は雨。

雨に対応用のシューズになると、重いし、ゴツい。

防水スプレーも、そんなにがっつり効くもんでもないしなー。


あと、日本国内の旅行の場合、お寺とか神社とか、靴の脱ぎ着の多い場合があり、

スニーカーだと、何回も履くのがちょっとめんどくさい...

と、ここが、まだ考える余地あり!なんですよね


ということで、求むアイデア!

なんかいいアイデア持っている人がいたら、

↓ LINEから教えてね!(ごめん、営業になっちゃった~)




<REDWOODのLINE@作りました>

やる気になるフレーズや、異文化トピック、お得情報...などつぶやきますので、

ぜひ、↓ 下記のアイコンから登録してみてね。

(または、@qiz5119r で探してみてください)

代表Sanaeの動画ライブも計画中~☆ (笑う準備要!)


友だち追加
​​​






Last updated  May 15, 2018 08:19:29 PM
May 12, 2018
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​
ゴールデンウィークも終わり、平常運転になっていますが、

みなさんはお休みはどう過ごされましたか?


私は、いつもの武術がらみでさくっと台湾に行っておりました。

相変わらずの稽古、プラス普段勉強している中国語の実践です!


ま~、なんとなく、中国で相手の言っていることはわかる(簡単ならば)んだけど、

友人達が「吉野ってこういう時あるよね~。」と笑ったことが。


グループの中で、私はレベルが低いとはいえ、唯一「中国語を話す人」。

レストランから、移動から、すべての交渉は私が受け持つのですが、

あまりにも簡単な場合、どうやら私の頭の中の言語スイッチが混乱するらしく、


例えば、こういう会話の場合、

私「これ、2つください。いくらですか?」(中国語)

お店の人「3つ買ったら、10元安くするよ。」(中国語)


本来なら、

私がみんなに「3つ買ったら、10元安くなるって」と日本語で通訳を入れた上で、

「どうする?」と聞くはずが、


どうも、私の頭の中では

お店の人が中国語で言った「3つ買ったら、10元安くするよ。」が

なぜか英語で言ったふうに変換されたふしがあり、

勝手に「こんな簡単な言葉だから、みんな理解しているんだろう。」と私の脳が誤変換し、

通訳部分をすっとばして、

みんなに「じゃあ、どうする?」と聞くので、みんなポカーン?


彼らからしたら、

私「△△××~~。」

お店の人「△△××~~、△△××~~。」と

わけのわからない言葉でしゃべってるなと思っていたところに、

いきなり、

私が振り向いて「じゃあ、どうする?


って聞かれてもね~?

って感じですよね。

う~ん、なんかあまりにも簡単だから、

これぐらいわかるだろうって思う自分の言語スイッチの勘違いよ...


実は、今、隣りに、講師のAlisonがいて、

たまたま「ねえ、あなたもこんな経験ある?」と聞いたら、

「めっちゃある~!」とのこと。


アメリカから日本に友人が遊びに来て、

彼らが日本に来て、たった2日目でも、

なぜか「彼らは日本に長く住んでるアメリカ人である」というウソの何かが発動し、

「2個にしますか?」と日本語で言われて、

「そんな簡単な日本語ぐらいわかるだろう。」と思ってしまい、

彼らに通訳せず、

彼らもポカーーーンってパターン。


または、

日本語で話しかけられてるのに、

頭の中に「意味」だけ入って来て、

何語で入って来たかを忘れてしまい、

てっきり、そのめっちゃ日本語ばりばりのおじちゃんが

「英語」で話したと思ってしまうため、

日本語の「に」の字もわからない友人に通訳するのをスキップしてしまうとか。

あ~、なんかそれもわかるわー!

と、今、すごく盛り上がって話していたのでした。


ということで、言語スイッチ、

けっこうもろい...のかも...






​​






Last updated  May 12, 2018 04:44:39 PM
April 30, 2018
カテゴリ:カテゴリ未分類
面白いTEDのスピーチを見つけました。

”NO”と言われるショックを乗り越えるため、100日間あえて”NO”と言われる行動

をやってみたというJiaさん。

彼はネイティブではないので、アクセントがありますが、

聞きやすいのと、内容自体が秀逸でおススメ。

しかも、また彼の言い方が、面白くて、笑ったー!

けっこう、彼のユーモアの感じが私の好きな感じで、何回も見ちゃったし。


こういうのありますよね。

同じ話でも、その人の話し方や、声や顔の表情、人となりが加わって面白くなるってこと。

例えば、松っちゃんとか、キム兄。

話自体も、さることながら、彼らの「言い方」が面白かったりするし。

この面白さは、英語じゃないと、あんまり伝わらないんだよね。


ということで、リンクを貼りつけておきますので、

たまには、こんな感じで英語に触れてみるのもいいかも~。

難しい人には、字幕も選べるので、そっちでもどうぞ。


What I learned from 100 days of rejection

似た内容ですが、↓別バージョンもあります。
(こっちはこっちで笑った)

Surprising Lessons From 100 Days of Rejection






Last updated  April 30, 2018 02:26:56 PM
April 25, 2018
カテゴリ:カテゴリ未分類

武術の稽古の基本功に「歩く」練習があります。

(武術の歩形を使って道場を往復する 地味~にしんどい歩き)


その練習のさなか、よく先生に、

「先輩を抜きたいと思ったら、もうこの歩く練習しかないんだから。

足の形(歩形)で、追い抜くしかないゾ!」とハッパをかけられます。


すなわち、何年も私達より早く武術を練習している先輩たちは、

型だったり、いろんな動きを自分よりは知っているから、その部分では経験がモノを言う。

だから、やっぱりうまく見えるし、すごいな、追い抜けないな、と思うのも本当。


けれど、武術って、しょせん足(下半身)なんですよね。

どんなに上半身の腕の動きが良かろうが、

たとえば、剣を持っていてきれいな動きをしていても

審判やうまい人って、結局「足」しか見てないのよね。


だから、足の練習をがんばれば、いろんな動作を知らない後輩でも、

先輩を追い抜かすことができる、ということを先生はおっしゃっているわけなのですね。


そして、これも全く英語や語学にも当てはまるよな~、と思ったのです。

もちろん、いろんな単語を知ってたり、

外国人の人と話すチャンスが多く、いっけんスムーズにしゃべっているように聞こえる人や、

発音を英語風に言うのがうまかったり、

決まり文句系をぱっといえる人...

がいるけれども、


実は基礎がしっかり入っていない人だと、

わかる人が聞くとわかるし、

長く会話を続けているうちにボロが出てくるっていうのもあり~。


それも、初級の人が聞くと、

いっけんわからず、上手に聞こえるかもしれませんが、

基礎の文法をしっかり勉強していけば、

彼らを追い抜かせるチャンスなんて普通にあるよ~!?


ま、語学は、武術と違って、あんまり勝ち負けが関係ないので、

そこばかりを強調するつもりもないのですが、

初級の頃に上手だなーと思ってた人が、

実は、自分も中国語を勉強してレベルが上がって行くうちに、

ん? こんな感じの中国語だったんだ~と思ったことがあります。


たまたま、昔、外国人の友人が中国語を話しているところを動画にとったものがあるのですが、

その頃の私って、まだ勉強しておらず、

「すごいー。」なんて思った記憶があるものの、

あらためて、その動画を最近見たら、あんまり上手じゃなかったっていうのと、

(友よ、すまぬ!)

しかも、その動画で横で聞いてた人が、

「全然上手じゃないよ。」

と中国語で言ってたのさえ、普通に聞き取れた...



ま、レベルさえわからない、どんな人でもうまく聞こえたド初級だったレベルから、

人のレベルがわかるようになったことで、あらたに自分の上達を見たとも。


ということで、

今さらながら、やっぱり基礎固めは、なんにでも大事よね!

私も、地味~に歩く練習がんばります。





<REDWOODのLINE@作りました>

やる気になるフレーズや、異文化トピック、お得情報...などつぶやきますので、

ぜひ、↓ 下記のアイコンから登録してみてね。

(または、@qiz5119r で探してみてください)

代表Sanaeの動画ライブも計画中~☆ (笑う準備要!)


友だち追加






Last updated  April 25, 2018 06:25:15 PM
April 16, 2018
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​
英会話業界に長くいると、よく聞かれる質問の一つに、

「英語はどうやって勉強するといいですか?」があります。



最近、私は、全く始めたばかりの人以外には、

「とりあえず、自分で考えていろいろやってみない?

その上で、また、話を聞くよ。」と返すことがたびたび。


というのも、私も年を重ねてきて、

その自分で試行錯誤してみるっていうのが大切だよな、と思うようになったっていうのが、

私の成長?というか、変わってきたところ。


私も、ただいま中国語を勉強中ですが、

それこそ、日記を書いたり、音読、友人との勉強会やら、

中国での実践会話​、​1週間プチ短期留学​に、

時給勉強法​や、最近では​妄想勉強法​などなど、

本当~に、役に立ったものから、

本当にしょ~もな~と思ったものまで、いろいろ試行錯誤中。


まず、方法を「自分で考えてみる」っていうのが大事なんじゃないかな?と。


もちろん、英会話において、

私も、Sanaeもこの道で教えてきた経験が長く、

また、自分自身も学んできた学習者としての見方もあり、

これが本当におススメだよ、というアドバイスもあるのですが、

いきなり、こっちで答えをさっと教えるより、

まずは「自分で考える」練習をするっていうのが、いじわるでなく、

本当にあとあと、その人のためになるんじゃないかな?と思うのです。


それも、英語だけでなく、何か他のことを学ぶとき、

スポーツ、仕事でも、人生でもなんでも!に使えておトクよ!!


とりあえず、「自分の頭で考え」て、

実際にやってみて、失敗してもいい、

「ああ、これはダメだな。」というのがわかればそれで成功だし、

Aをやればいいって言われてやるのと、

自分ですごく考えて「Aをやってみたらどうかな?」と思いついてAをやるのとでは、

「同じAをやった」にしても、大きな違いがあると思う。


自分で考えつくのって大変だし、時間もかかるけど、

ある意味、それが遠回りのように見えて、

一番、能力もつくし、応用力もつく。

だいいち、それが一番自分でやってて面白いんじゃないかな?と思うのです。

そして、その「面白い」って感じることが、

「継続」へのガソリンとなるしね。



ということで、

とりあえず、自分でいろいろ思いついたことをやってみようよ!

その後で、どうだったか話も聞くよー!

ということで、私も、中国語の試行錯誤あれこれ続けます、

懲りずに!!








​​






Last updated  April 16, 2018 12:19:36 AM
April 14, 2018
カテゴリ:カテゴリ未分類


最近まで、フェイスブックもいろいろゴタゴタしてましたが、

創始者のザッカ―バーグが、去年、母校でスピーチした動画も

かなり話題になってましたね。


私も、最近見たのですが、めっちゃ良かった~!

最初の3行ぐらい聞いただけで、「あっ、これはかなり面白そう!」と気づき、

作業の手を止めて見たのですが、めっちゃワクワクしたんでした。


大学のスピーチと言えば、

あのジョブズの有名な「stay hungry, stay foolishが思い浮かぶ人も多いと思いますが、

私は、ザッカ―バーグの今回のスピーチを聞いて、

「ああ~、時代は変わったなー。

もう、ジョブズの言わんとしてたことを重要とする時代というより、

ザッカ―バーグが目指している時代に移り変わったんだな。」としみじみ感じたのでした。


ま、一言でいえば、

ジョブズ(&その時代)は、「個」を成長させることに重きを置いていたけれども、

これからの時代は、ザッカ―バーグの言うように、

「個」を越えた「コミュニティ」の力が大事になってくるんだなーと納得。

まさしく「フェイスブック」も、コミュニティがテーマですし。


かと言って、ジョブズがダメなわけではなく、

「個」の時代を経て、その成長した形として、

ザッカ―バーグの言う「コミュニティ」の世界観が出て来たという感じなのかな。


途中、ジョークもはさみつつ、

(「窓ガラスに数式書かないからね」とか、ちょっとおもしろかった)

海外のスピーチで面白いなーと思うのは、

こういういい話の間に、定式みたいにちょいちょいジョークを入れてくるところ。


実は、最近、とある会社のプレゼンを見てびっくりしたことがあります。

1つの会社は、会社のPR動画をさらーっと2種類流して、

ちらっと会社の説明(それもパンフに載っているような数字だけ)で終わりで、

「ええっ?これだけ?」とびっくりしたのと、

もう1社は、目の付け所は面白かったのに、

プロジェクターに映し出された内容を、新しい説明を加えることもなく

ただえんえんと読むだけ~?

という、ジョークどころか、それ以前の衝撃の内容だった。

聞いてる人も退屈だったのか、みんなスマホを見てた...


ま、これは、あまりよくない例であって、

日本でもスピーチやプレゼン上手い人はもちろん上手いですし。


ちなみに、うちの代表Sanaeも、あいさつとかスピーチうまいよ~。

適度に笑わし、適度にメッセージを伝え、

あと、Sanaeの場合、声が張れてるしね。(芸人じゃないけど)

それは、けっこう重要じゃないかな。

やっぱり、ぼそぼそしゃべっちゃダメなのと、

早口もダメだし、

ああいうのって、場慣れというか、

人前でしゃべるっていう経験も大事かもね。



などなど、ザッカ―バーグのスピーチの内容が面白かったけれども、

スピーチや、プレゼンの大事な要素を考えてたんでした。

意外に内容うんぬんだけでなく、

非言語の要素も重要なんだな~と。



ということで、リンク貼り付けておくので、見てみてね!

ザッカ―バーグ スピーチ(英語字幕)

難しいと思ったら、最初、日本語字幕の方を見て、内容を頭に入れておいて、

それから英語版で見るっていうのもありですね。

ザッカ―バーグ スピーチ(日本語字幕)


ちなみに、​ジョブズのスピーチ​も見ると、時代の流れを感じられるかも。







<REDWOODのLINE@作りました>

やる気になるフレーズや、異文化トピック、お得情報...などつぶやきますので、

ぜひ、↓ 下記のアイコンから登録してみてね。

(または、@qiz5119r で探してみてください)

代表Sanaeの動画ライブも計画中~☆ (笑う準備要!)


友だち追加














Last updated  April 14, 2018 03:30:55 PM
March 23, 2018
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​
実は、2月はまるまる1か月、中国語のレッスンをとれなかったのです。

(2月は、旧正月もあったし、先生が忙しかった)

とはいえ、

毎日、中国語を勉強はしているので、それなりの自信?のようなものがあったのですが、

3月になって、1か月ぶりに先生が復帰し、会話のレッスンをとったら...


あまりの、言葉の出てこなさに驚愕!!


したのでした。

私って、なんやかんや言いつつ、

ブロークンながらも、言葉はスムーズに出るタイプ。

(中国に行くことが多いので、サバイバル会話に長けている)

あんまり、話す前に考える時間が長かったり、

どもって、う~ん、となるタイプではないので、

(それは、それで問題ではあるのです。単語だけでしゃべってるから)


今回、3月初回の会話のレッスンをとったら、

それが、どもるわ、言葉は出てこなくてうーんとなるわで、

そういう自分に、

たった1か月レッスンとってなかったら、なるんだ!?とびっくり。

それも、毎日、独学で勉強は続けていたにも関わらずだよ!!


しかも、先生の言っていることも、ものすごく理解できなくなってて、

前は、出てくる単語で類推して理解はなんとなくできてたつもりだったのに。

(先生が単語をコントロールしてしゃべってくれてる限り)


ということで、あわてて、会話レッスン集中月間に切り替え、

1週間で3レッスン×毎週にして、

やっと、あの言葉に詰まらない感じが戻ってきた~!


1か月ってコワイね...


思ったより、かなりしゃべれなくなるわ~。


それにあわせて、友人とまたもや妄想勉強シリーズ(お得意の)を思いつき、

新たなチャレンジをしています。

(妄想勉強法 ~その1~は​コチラ​)


それは、

「1か月後、自分の好きな人にインタビューするてい」の妄想勉強法。


英語を勉強している友人は、

1か月後に、自分の好きな海外の俳優が来日して、

そのインタビューを自分が英語ですることになっているシチュエーションで、

彼女は、この1か月新しく習った単語や文法、言い回しを使って、質問を作成。

で、1か月後に自分の英会話の先生に、その好きな俳優になってもらって、

実際に、その英語を使って、インタビューしてみるというチャレンジ。


私の場合は、北京に住んでいる大尊敬している老師にインタビューの質問をしますが、

彼に「中国語の勉強の一環でインタビューさせてください。」と頼む予定。

ただ、直接の会話ではなく、wechat上(中国版LINEのようなもの)での

テキストメッセージのやり取りになるので、

会話での練習は、自分の中国語の先生に、

「老師のていで」インタビュー会話させてもらうつもり。


実は、老師に聞きたいことなんて、

いっぱーーーーいあるんだけど、

やっぱり、気を遣って聞けず、

(ま、老師だし)

このインタビューにかこつけて、いろいろ聞いちゃおう~!!と企んでいます。


それが、めちゃめちゃ楽しみなんだよね!!!!!

特に、老師の恋愛感なんて、超!聞きたいし、

あ、でも、普段、面と向かって聞けない、

「私の武術のいいところと悪いところ」とかコワいけど、

これが一番聞きたいような、聞きたくないような。

でも、これってインタビューじゃないか...




ということで、友人との妄想インタビュー(私のは本当だけど)の、

デッドラインは、4月5日。

めちゃワクワクしながら、勉強中です。


よかったら、一緒にこのインタビューチャレンジしてみませんか?

やってみる!という人は、ぜひLINEで教えてね!

ということで、コチラ↓ (営業っぽくなってゴメン~)



<REDWOODのLINE@作りました>

やる気になるフレーズや、異文化トピック、お得情報...などつぶやきますので、

ぜひ、↓ 下記のアイコンから登録してみてね。

(または、@qiz5119r で探してみてください)

代表Sanaeの動画ライブも計画中~☆ (笑う準備要!)


友だち追加




​​​






Last updated  March 23, 2018 12:00:23 PM
このブログでよく読まれている記事

全2141件 (2141件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Calendar

Archives

Favorite Blog

全ては伊勢&熊野か… ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.