000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

全2043件 (2043件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

June 16, 2017
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて、北京に着いた翌日には、大同へバスで移動しました。

大同は、北京から西へバスで5時間ほど。

内モンゴルにも近く、

バスの窓からの眺めは、

「なんか、ラスベガスやグランドキャニオン近辺」に似てる...




北京を出発し、都市から、だんだん変わって行く景色を眺めていると、

日本にはあまりない多様な地形や、気候が感じられて面白く、





ぜひ中国でも長距離バスや列車の旅おススメします。



こういう広大な中で見る長距離の貨物列車は面白かった!

さっき見た貨物列車、

しばーらく友人と話して、ふと窓の外を見ると、まだ続いて走っているし。

いったい、何両???






200両ぐらいあったかも。

あまりにもヒマで数えてる私たち)






ヒマさも頂点に達した頃、やっと大同につきました。






大同は、かつて「魏」の国だったそうです。

「魏」って、あの「魏志倭人伝」の「魏」?

古代の昔々の物語のようなイメージだったものが、

実在して、その場にいるんだという不思議な感じとともに、

使者がよくこんな遠くから日本まで来たな~、としみじみ。


古代の「魏」の国に思いをはせ、

またもや、退屈なあまり、

友人と「卑弥呼さま~」なんてハイキングウォーキング(←古)ごっこをしていたら、



窓の外の景色が激変!

石炭が資源として出るので、発電のプラントもたくさん。

急に現代に引き戻されました。




ちなみに、

私「ここが”魏”の国か~。

いや~、(子供の頃、授業で習ったのが)懐かしい。」と言っていたのを聞いて、


友人は、(かつて魏に住んでたのが)懐かしい?と勘違いし、

(ついに、ぜ、前世でも思い出した!?)と思っていたそうです。


そう思われる私の普段の言動...


さて、そんなかつて「魏」の国だったところには、面白いところがたくさんでした。

また、続けてレポートしてみます。






Last updated  June 16, 2017 09:59:49 PM
May 28, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

さて、もう何回目になるのか、相変わらずの中国の旅ですが、

訪れるたびに、毎度毎度増える高層ビルや大規模な建設ラッシュには驚かされます。

 

今回は、通常の武術合宿ではないので、

ステイする場所を自分で選べるため、北京では私の好きな胡同地区に泊まりました。

胡同とは、古くからある北京の街並みが残っている場所 ↓(主に細い通り)で、

庶民の気取らない暮らしが垣間見える気がして、好きな地域なのです。

IMG_2597.jpg

 

 

そこには、今も地元の人が暮らす四合院(中庭を四方から建物が囲む昔ながらの建築様式で、全体の建物の門は1つ。)がたくさんあります。

 

四合院の典型的な入り口 ↓

 

IMG_2620.jpg

 

私が初めて、北京を訪れた時と同じステイ先にしたので、

なかなか懐かしくてよかったのですが、

まだまだ、街並みは一緒だと思っていたら、

何気に劇的に変わっていて、悲しい~。

当たり前ですが、近代化の波は、ここにも...

 

例えば、5年前よく前を通っていた古ーい四合院が、

IMG_2622.jpg

 

普通の入り口 ↑ にしては、なんか新しいな、と思っていたら、

 

IMG_2625.jpg

 

IMG_2624.jpg

 

きれいに、リノベされ、

四合院風ホテルになってた...

 

しかも、中を覗きこんでいたら、

たまたま、買い物から帰ってきたスタッフの女性が通りがかり、

私が外国人だとわかると、すぐ流暢な英語に切り替わり、案内してくれたのでした。

(*ちなみに、彼女とはすっかり仲良くなり、なぜか一緒にごはんを食べに行った)

 

なんでも、海外、または、香港や、中国国内のニューリッチ世代のお金持ちたちが、

「設備やシステムは、きれいな近代風がいいんだけど、

せっかく北京に来たのだから、レトロな四合院に泊まって雰囲気を味わいたい。」

と、来るんだそうな。

(ちなみに、本来は四合院内にはお風呂、トイレはなし。

門を出た近くに公衆便所があり、個室のドアはなく、

おばちゃんたちが、トイレに座りながら、おしゃべりで盛り上がる場に何度も遭遇しました。)

 

感慨深かったのが

何度もその国を訪れ、しかも同じ場所に来てみると、

やはり気づくこの変化の波。

 

もちろん、それは、中国だけでなく、世界各国、もちろん日本にも言えることなので、

それをことさら、とりあげることでもないのかもしれませんが、

中国の場合、この近代化の波がかなり急な感じがするのです。

日本や欧米が、20年かけて変わってきたことが、

中国は、たった5年で急速に推し進めているようなこのめまぐるしい感じ。

 

もちろん、ずーっと同じものはないし、

「変化」というのが、時の流れの自然な形ではあるものの、

それでも、私は、この伝統のものが壊される前に、

新しいものにとって代わる前に

この目で見ておきたい、体験しておきたいと思うのです。

 

それが、何度もこうやって中国を訪れる理由の1つなのかもしれないナ、

と、考えた今回の旅、

まだまだ、旅日記は続きます。

 

 

 

 







Last updated  May 28, 2017 06:24:25 PM
May 22, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

北京より帰国しました。

実は、帰ってから、しばらくたっているのですが、なかなかブログを書く時間がなく、

理由は、

ただいま、自分的に「中国語の勉強集中1か月コース実践中」!

 

ま、仕事以外は、武術の稽古ががっつりあるので、

朝出て、夜遅~く帰る毎日。

合間に、洗濯や掃除をしたり、お弁当を作ったり、家事などをこなさねばならず、

私も皆さんと同じように、毎日やることが満載。

 

ただ、それ以外の時間は、少しのこま切れ時間でも中国語を勉強しようと

帰りの飛行機の中で決めたのです。

(いわゆる成田決意!)

帰国してからは、かなり激しく勉強しているので、

なかなかブログまではたどり着かず...

 

いや~、北京、本当にめちゃ楽しくて、

いろんな友達もたくさんできたんだけど、

「あ~、これを言いたいのに、言えない!!」と思ったことも数え切れず。

その悔しさをバネにただいま、勉強中。

 

ただ、このがっつりの勉強スケジュールは1か月が限界だと思ったので、

とりあえず期間を区切り、集中コースと課したわけです。

 

「この一か月だけは!」と考えると、がんばれるので、

この方法は、皆さんにもおススメです。

例え、1日だけでも

「1日集中コース」と銘打って、その日だけはと思うと、けっこうできるもの。

 

なんて話を、武術の友人と話していたら、

友人「じゃあ、私たちの先生なんて、生活自体が、武術漬けなんだから、

武術集中一生コースだね。」なんて言ってました。

ちょっと、恐ろしいけど、まさしくそうかも...

 

とりあえず、勉強の合間に、北京旅日記を

ぽつぽつ、このブログに書いていこうと思ってます。

 

 







Last updated  May 22, 2017 09:36:58 AM
April 29, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

さて、ゴールデンウィーク始まりましたね。

毎回、大型連休の前に生徒さんに聞かれるのが、

「Yacchanは、また中国でしょ。」で、

ま、その通りなんですけどね。

(なんか、くやしい~!)

 

今回の合宿は、私のやっている武術の拳種ではないので、合宿には参加しないのですが、

個人的に別便で行く&ステイ先も別。

同じ日程で北京に滞在できる時があるので、

途中で合宿参加のチームメイトたちとは会いたいので合流します。

 

私は、仲のよいチームメイト2人で行くので、今回は旅行のようなもの。

とりあえず、私に武術のきっかけを与えてくれたオーナーのステイ先に泊るのが楽しみなのと、

将来的には、北京体育大学に留学しようと思っているので、

下見に行く予定、

あとは、旅行しつつ、

武術つながりのところを訪ねたり、交流しようと思ってます。

 

最近、武術合宿以外で中国を訪れることってなかったので、新鮮&超楽しみ!

なんか、自由な時間っていつもなくて、

へとへとなイメージしかなかったからナ~。

 

後は、いつものごとく、普段の中国語レッスンの実践編です。

とりあえず、一緒に動く友人は中国語が、全く話せないので、

中国語担当は、俺!

 

また、帰国後にどんなだったかブログで報告しますので、お楽しみに~☆

 

 







Last updated  April 29, 2017 10:58:35 AM
April 21, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

さて、飛鳥クルーズ、

基本、航海中、退屈させないようにと、いろいろな設備や仕掛け、イベントがあります。

それらを、乗客に知らせる「飛鳥デイリー」という

イベントレターのようなものが、

ドアの下のすき間から、ぺらっと入ってきます。

 

IMG_2478.jpg

 

 

 

IMG_2479.jpg

 

食事の時間から、映画、ショー、イベントなど、いつもどこかで何かしらやってます。

 

 

 

ショーも見に行ってみました。

 

IMG_2277.jpg

 ↑ ショーの出演者たち。

ダンスと歌のショーは、全編英語ですが、

一曲ごとに、テーマや衣装がそれぞれ世界各地のものになっていて、

アフリカだったり、

アジア(中国だった)、ロシア、スペイン...など工夫されてて、

けっこう、楽しかったかも。

 

 

 

IMG_2281.jpg

飲み物も飲みながら、ショーを見られるのですが、

 

 

 

IMG_2283.jpg

 ↑ 釘付けになったのが、メニュー。

なんか、英語の直訳の日本語風~。

背景の色の感じとか、フォントとか、

まさに、ダイナミック」...

 

 

 

IMG_2351.jpg

ビンゴ大会もあり、また、いち早くビンゴになり、景品をもらってるし。

(なにげに、強運。)

 

 

 

 

IMG_2306.jpg

ボードゲームの部屋もあれば、

 

 

 

 

IMG_2310.jpg

カジノ、

(ただ、日本の航海なので、現金には換えられない)

 

 

 

 

IMG_2307.jpg

銀座の雰囲気のダンスホールもあれば、

 

 

 

 

IMG_2337.jpg

プールだったり、

 

 

 

 

IMG_2482.jpg

いろんな施設があり、船の中を探検するだけでも面白かったです。

 

 

 

なんだけど、一番、よく行ったのは、

IMG_2305.jpg

「図書室」!だったのでした。

ここで、面白そうな本をさくっとお借りして、

 

IMG_2334.jpg

喫茶室で、海を見ながら、ページをめくる楽しさよ。

 

 

 

IMG_2343.jpg

ときおり、汽笛にびびりながら...

(近くにいると、まじでビビる)

 

 

 

 







Last updated  April 21, 2017 05:22:33 PM
April 19, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

さて、1泊2日の飛鳥クルーズの旅、食事編です。

 

17時以降に、自分の部屋を出る際には、ドレスコードがあり、

インフォーマルということで、いちおう普段のジャージ調!からは、

(もちろん、乗船時もジャージは着てないですが)

きちんとしたものに着替え、

向かった先は、ディナー。

 

IMG_2291.jpg

これが、船の中っていうのがすごいよね。

 

 

 

IMG_2447.jpg

ちなみに、食べ物をいちいち写真にとるのは、もちろん私1人...

そんな私を、ほほえましく(&物珍しそうに

見守ってくださった同じテーブルのお金持ちなマダムたちとも仲良くなりました。

たまたま、近所にお住まいだということがわかり、びっくり!

 

 

 

IMG_2297.jpg

テーブルに、「流し」じゃなかった...

「生演奏のバンド」が来て、あちこちで流れるハッピーバースデー。

そっか、お誕生日のお祝いで乗船する人も多いってことのなのかナ~。

 

 

 

IMG_2328.jpg

朝昼は、ビュッフェスタイルも選べます。

ホテルバイキングのようでした。

 

 

 

IMG_2329.jpg

レストランのシェフやウェイターさんも、ほとんどフィリピン人さんたちでした。

日本語がけっこう通じた!

 

 

 

IMG_2303.jpg

食事以外の時間も、船内のそこかしこに、お茶できる場所があり、

ケーキやクッキーも出て、もちろんすべてサービス。

また、このクッキーが昔なつかしい味で、食べ過ぎてしまい~。

 

 

腹ごなしにいい感じの甲板 ↓ があって、人がいなかったので、

IMG_2345.jpg

 

ひと暴れ(武術の練習に最適!

下も、うすーいカーペットだし、ひざも痛めず、跳躍動作にぴったり)したかったけれども、

ジム以外は、ジャージがダメなので、断念。

ま、飛鳥クルーズで、武術の自主練する人もいないか...

 

私の感想としては、

船って、なんだかずーっと食べてるというか、

お腹が空く間がないですね。

さっき、食べたのに、もう次のごはん?って感じ。

でも、おいしいから、食べちゃうんだよね~。

 

ただ「食」以外にも、他の楽しみもあり、レポートはまた続きます。

 

 

 

 

 







Last updated  April 19, 2017 05:59:58 PM
April 17, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

ラッキーにも、飛鳥クルーズに乗る機会に当たり、行ってきました。

とは言っても、1泊だけなのですが、なかなか面白かったので、

どんなものだったのか写真でリポートしてみようと思います。

 

船の旅は、いくつかしたことがあるのですが、

それは、学生時代のフェリーだったり、

大阪から上海までの2泊3日の旅で、「蘇州号」だったかな。

激安だった(たしか15,000円ぐらい)ので、部屋は、二段ベッドの6人部屋。

乗客の99%が帰国する中国人さんたちで、同部屋の子たちともすぐに仲良くなり、

これはこれでとても楽しかったのです。

たまに、時間があれば、また乗りたいな、と思うほど。

 

そして、そんな船旅の経験から、いきなり、クルーズの旅。

基本「常にダッシュできる服装」がデフォルトの私ですが、

この旅では、ドレスコードなんてのもあり、そういう面でも新鮮...

今回は、神戸ー横浜間の旅です。

 

 

 

IMG_2265.jpg

やっぱり、大きいね~。

 

 

 

IMG_2267.jpg

乗船時。

(ちなみに、上海に行った時は、船に乗る前に、なんと体温測定!がありました。

乗船時に、船医さんがいて、一人一人体温を測り、熱があったら乗船できない、という~)

 

 

 

IMG_2284.jpg

船内は、基本、こんなきらびやか系。

 

 

 

IMG_2271.jpg

部屋はこんな感じ。

ほんと、ホテルだよね。

 

 

 

IMG_2276.jpg

お部屋のバスルーム。

もちろん、バスタブつき。

 

 

 

IMG_2274.jpg

 

クローゼットの中にあった救命具。

これで、思い出したけど、上海のけっこういいホテルに泊まった時、

クローゼットの中に、ガスマスク!があったナ~。

 

 

 

IMG_2272.jpg

お部屋の担当は「アビ」さん。

 

船の中のスタッフは、基本、外国人さん(9割ぐらい?)で、

フィリピンの人が多かったです。

それも、日本語のトレーニングをきっちりと受けていて、

自分の業務に関することは、日本語でかなりOKだったので、

興味深く、けっこういろんな人と話して、面白かった。

 

 

*おまけ

IMG_2289.jpg

 

好きだった、海側に出る表示。

かわいい...

 

 

まだ、写真日記続きます。

 

 

 

 

 

 







Last updated  April 17, 2017 05:35:43 PM
April 6, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類
以前にうちにホームステイしていたスイス人のFちゃんから、

結婚したよ!との知らせが届きました。

素敵な協会での式の写真もあって、幸せそう~!!


しかも、新婚旅行で、夏ごろ日本に来る計画をたてているらしく、

ふふ、また会えるね、なんてやりとりが、日本語ではなく、英語なのが、

元彼女の日本語教師としては、少しザンネン...ではありましたが、会えるのはもちろんうれしい!


でも、よく考えれば、

私の日本語の教え子たち、日本での滞在が楽しかったのか、

必ず短期にしろ戻って来ているのに気づきました。


フランス人のギオムさんや、Eくんは、結婚して、

「妻に日本を見せたいです。」なんて奥さんとやってきたし、

スペイン人のホルヘさんなんて、結局、スペインで出会った日本人さんと結婚して、

今や日本が第二の故郷だし、

ドイツ人のKちゃんも、日本に帰って来て、日本の大学に行き、

日本人さんと結婚して、もはや日本に移住。

この前のベルギー人のOくんも、「働きたい」と言って日本に再来日、

フランス人のRくんなんて、結局、日本に帰って来て2年学校に行ったしナ~。


私も、ふざけて、

「よっぽど、最初の日本の滞在が楽しかったんだね。

ホストファミリー(私)がよっぽど素晴らしかったんだね。」

と、相手に「イエス」を強要するのが、彼らと再会しての鉄板ギャグになっています。

また、みんなも素直に「本当、そうです~。」なんて話を合わせてくれるいい人たち...


そういや、昨日もかつての教え子(イタリア人のMちゃん)から、

「子供が生まれたよ!」なんて知らせももらったし、

あの学生でギャルっぽかったMちゃんが、お母さんか~。

私も、年をとるはずです。


でも、最近は、かつての教え子たちからのうれしい知らせを聞くたびに、

それは、年月がたってからこその懐かしさとあいまって、

年をとるのも、そう悪いものでもないな、と思えるのです。


ちなみに、ここ数年、春がくるたびに、花粉症で憂うつだったのが、

去年「あれ、いつもより軽い?」と感じ、

今年なんて「症状、ほとんど出てないかも!」と、

もしかして、治った?と喜んでいたら...

ネットで調べるに、

「花粉症が治る理由の1つに、

加齢がある。」

と書いてあった...






Last updated  April 6, 2017 05:01:13 PM
April 5, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

週末に、武術の合宿があるのですが、

今日、いつものF先生の武術の稽古に行ったら、こんなことをおっしゃっていました。

「今、こうやって、私が皆さんに教えていることは、合宿では教えませんよ。」

 

あ、また、F先生のこの感じか~...

(けっこう、ビシビシ言う先生なので)

なんて、(怒られるのを)身構えていたら、意外な言葉が続きました。

 

「だって、合宿は、

定期的に練習してない人や、

私が普段は稽古をつけていない人がたくさん来ます。

その人達に、

今、私が皆さんに要求している内容を教えたって、

たった2日でできるようになんてなるどころか、

理解すらできませんよ。

合宿は、まとまった時間やるので、

別の意味では有効ですが、

結局、毎週毎週の普段の稽古に一番大切なものがあります。」

 

聞いてて、自分にも当てはめて、なるほど~と思ったのでした。

私も、英語で集中講座なり、

他の短期コースなど、教えさせていただく場面があるのですが、

それも、普段、定期的に私たちのレッスンをとってくれる生徒さんたちが、

その集中コースをとってこそ、

大きなレベルアップが見込めるんじゃないのかな、と思っています。

 

というのも、結局、

普段、定期的にレッスンに来ていない場合、

短期コースだと、カバーする内容は決まっていて、

この基礎部分をきちんと何回も何回も教えたいけれども、その時間はない、

または、教えても、上澄み部分だけさらっと言うことしかできなくて、

本当の理解という意味では、難しいだろうな、というジレンマを感じることが多々あります。

普段のレッスンをとっていると、

わかりが速いというか、

普段のレッスンで習ってきた基礎部分をもとにして理解することができるのよね。

 

ただ、その集中コースのみ来るのにも、

もちろん、よいこともたくさんあって、

どちらかというと、

 

・全体的なレベルの底上げというのは難しいが、

部分的なところで、ヒントというか、アイデアをつかめる。

・まとまった時間の練習ができるため、その「連続練習」から学べるものは多い。

・普段、会えない人とじっくり一緒に練習するので、視点が変わって

いろんなモチベーションがもらえる。

などなどがあります。

 

私が、合宿好きなのは、そこらへんから得られるものが大きいと知っているからで、

どちらかというと、私の場合、特にその精神的な「モチベーション」という意味が大きいかも。

 

だけれども、やっぱり、それは、普段の稽古があってからこそというのを知っていて、

たまに、普段は、忙しくて、1か月に2回ぐらいしか稽古に行けてない

という人を合宿で見かけるのですが、

(注:その人を責めているのに非ず。いろんな状況がありますしね)

やっぱり、ちょっと手だけ、足だけでやってる感じがするのよね。

(ごめんね、その人...)

定期的に、稽古に来ている私の素晴らしい先輩たちとは、やっぱり全然違う...

先輩たちは、重心がしっかりしていて、体幹で動いている感じで、

小手先でやっている風には見えず、単純な動きでも力強く、

基礎がしっかりしている感じ。

 

ま、いろいろ書きましたが、普段のレッスンが大事!

ちなみに、F先生に定期的に(たぶん週4以上)稽古をつけてもらっている人たちは、
陰で「Fファミリー」と呼ばれているのですが、この前、同輩が面白いことを言ってました。
「F先生に、怒鳴られたら、Fファミリーの一員ってことよね。」と。

もちろん、私も そんな意味ではFファミリー...

 







Last updated  April 6, 2017 05:05:12 PM
March 23, 2017
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

< 沖縄・旅の写真館 >

 

IMG_1791.jpg

友人宅近くのビーチ。

この後、ちょっと歌?のようなものをうたっている只者じゃない感じのおばあさんが一人で来て、

友人いわく「たぶん、彼女はユタなんじゃないかな?」とのこと。

そっか、普通にそういう人がいるんですね。

なんでも、友人も何か家族の困ったことや悩みがあると、

ユタのところに行くとのことで、それも珍しいことでもなく、けっこうよくあることらしい。

 

 

 

IMG_1772.jpg

 

カリフォルニアのようでした。

 

 

 

 

IMG_1770.jpg

 

ぜひ、やってみたかったシーカヤックに挑戦。

前の緑はマングローブ。

楽しかった!

 

 

 

IMG_1754.jpg

 

好きだった備瀬にあるフクギ並木。

両脇にはお店や家が並び、でも、道は砂。

すぐそばがビーチなので、防風林になってるのが、こんな宮崎駿風の素敵な感じに。

ここは、ぜひおススメ!

 

 

IMG_1759.jpg

 

誰かが、こんなかわいくしてた。

 

 

 

IMG_1792.jpg

モノレールの「ゆいれーる」にも乗りました。

面白かったのは、改札に入るときは、↑ この青い部分に切符をタッチして入るというシステムなのに、




改札から出る時は、普通に出て、使用済みの切符をこの赤い箱に手で入れるという

いきなりアナログ...

 

 







Last updated  March 24, 2017 11:27:57 PM

全2043件 (2043件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Calendar

Archives

Favorite Blog

「今」 ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.