000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

December 16, 2008
XML
カテゴリ:課外活動
シンガポール滞在中は、ジュリアの元同僚である友人にもたくさん会いました。

その人達と食事中、または街中で、よく彼らの上司にばったり会い、紹介されました。


その中で、気付いたのが、

女性のマネージャー、管理職の人が多いということ。

「この人は私の今の上司です」とか「会社のトップの人です」なんて紹介される人たちに、女性が多かったのですが、

日本だとあまりないよね~。



ちなみに、参考までに、内閣府の統計でこんなのがあります。

・就業者を占める女性の割合

日本:41%  シンガポール:41% で、ほぼ同じなのに

・管理的職業従事者に女性が占める割合

日本:10%  シンガポール:26% が、2倍以上。

・男性を100とした場合の女性の賃金水準

日本:66%  シンガポール:72%



いろいろ、彼女達と話をすると、女性が仕事をしやすい環境がものすごく整っているのです。

まず、子供の面倒をみる政府のサポートが普通にたくさんある、

家庭内のお手伝いさんも日本ほど高額でなく、もっと普通に雇える、

1番大きいのが、男性も女性が働くのが当然と思ってる、ってことでしょうか。

ただ、そのような人たちの中、1人子供が2才のお母さんと話したのですが、

「でも、私みたいに今は家庭の方に比重を多くおきたい人にとっては、社会が”ほら、こんなにあなたが働く状況はそろってます。だから働いて!”って言ってるような気がして、働かないといけないプレッシャーっていうのも感じるのも事実。」

って言ってた人もいたのですが、

でも、そのシンガポール人(家庭に比重をおきたい)とシンガポール人の友人(結婚してももちろん働き続ける)と日本人の私の3人の共通意見は、

「でも、いろんな選択肢が自由にある社会(シンガポール)っていうのはいい~」でまとまりました。


「で、日本はどうなの?」と聞かれ、一般的な現状を話すと、

「う~ん、シンガポールの20年前は、そんなだったけどね~」なんてコメントをみんなにされた...

たくさんの人に会って聞いた話と言っても、

年代が限られていたというのと、またメディア関係の人が多かったので、

これが100%シンガポールの社会だ!とも思わないのですが

このようなものが見えてきたわけです。








Last updated  December 16, 2008 11:30:52 AM
[課外活動] カテゴリの最新記事

Calendar

Archives

Favorite Blog

ゆるーい「薬膳生活」 New! ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.