430256 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

November 27, 2011
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


台湾での旅行での会話は、何語だったの?と聞かれたのですが、

う~ん、4人で話す時は日本語と英語のミックスかな...?


というのも、

英語でコミュニケーションできる

・Eric,BoBo, 私

日本語でコミュニケーションできる

・Eric,Tomoko, 私

となり、4人共通の言語がない!

そう、BoBoとTomokoの共通言語がなかったのです。


なので、基本女子組は日本語で通し、男子組は英語。

適度に面白いところは、随時誰かが通訳して~なんて最初はやってたんだけど、

最後のほうは、もうそれもしなくなり...


どうしてだか、わからないんだけど、BoBoとTomoko、ものすごくコミュニケーションできてたのよね!

旅するうちにお互いの性格がわかり、

とりあえず、その場の状況と、、

あとは、顔の表情やらイントネーション、言い方や声の感じ、動作だけでなんとかいけるものです。

それが、今回の発見!

昔、日本語教師の妖精...じゃなくて、養成講座に通ってた時に、

この非言語によるコミュニケーションが、会話を理解するのにかなり重要で、

実は、言葉そのものより、大きな割合を占めているっていうこと。

(マレービアンの実験などの例があります。)

いくら、言葉を正しくしゃべっても、非言語のもの(顔の表情やらイントネーションなど...)がないと、伝わりにくいってこと。

だから、この二人、ある意味、非言語能力が高いというか、

コミュニケーションの達人というか...


だって、お互い第二言語の英語でしゃべってた私とEricさんどうし、通じてない時ももちろんありました。

中でも一番みんなで笑ったのが、


彼らが、湖でダイブしてた時、女子組はあきれて岸辺でボーゼン...

水の中からEricが、

「Yacchan、僕の靴の上にカメラがあるから取ってー。

で、その靴がーーーしないように、何かを置いておいて~!」と叫んでいたのです。

その「---」しないようにって、ところを、

なぜか「風で飛ばないように」と聞こえてしまった私。

適当にまわりを見わたし、そこらへんにあった岩をポンとのせておいたのですが...


さんざん、泳ぎまくって、着替えようと上がってきたEricがその靴を見て、

なんでやねん~!」と一言!


そう、彼は私に「(雨風が激しかったので)雨にぬれないように、何かを上においてカバーしておいて。」と言ってたのでした。

Eric「なのに、よりにもよって、雨でびっしょりぬれた泥と苔だらけの岩を置いて、

僕の靴が下敷きになってる~!

一番置いて欲しくないものの最たるものを置いてくれて、ありがとう~!」


ってとこで、みんなで爆笑...


というので、言語だけじゃないな...って話。

(っていうか、単なる私の英語の問題か!)







Last updated  November 27, 2011 01:02:49 PM

Calendar

Archives

Favorite Blog

「今」 ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.