000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

February 20, 2012
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

ポンディシェリーの次に、面白い場所に滞在してました。

そこは、区域全体がエコビレッジ(太陽光発電や、風力、池の植物を利用した下水処理など)とでもいうところで、

ある哲学者が

「国籍、人種、政治、宗教にとらわれず、共に暮らせる平和な町を」という考えを提唱し、

とあるフランス人がその考えを引き継いで作ったコミュニティーなのです。

その緑あふれる平和な区域には、2000人ほどの人が暮しており、

そのうち、半分がフランス人や欧米系の人々で、

その平和な雰囲気を言葉にするのが難しいのですが、

いい意味での、ヒッピーの町のような...(あくまでも”いい意味での”)

この町の全体図 ↓

137.jpg

真ん中の瞑想施設を中心に、ゲストハウスや個人宅が広がっています。

私達がステイしたゲストハウス ↓

110.jpg

友人と二人部屋で、お湯も出て(泣)、快適。

ベジタリアンミール ↓ が3食ついて(食堂は出会いの場所。いろんな国の人と知り合い、仲良くなりました。

気持ちのいい外でもごはんを食べられます。)

114.jpg

 

1日6ピースまでは洗たくしてくれて、

(洗たく部屋に、朝、服をおいていけば、夕方には洗濯されて畳まれて置かれているというナイス!なシステム)

1泊1人全部込みで600円ほど。

 

決まった時間にミールを出す食堂以外にも、

カフェやソーラーキッチン(基本、全部オーガニック&ベジタリアン)なんてのもあり、

移動は自転車

(おっさん自転車みたいなものすごいやつを無料で貸してくれます。)

ここでも、自転車で走る私達。

台湾サイクリングの旅を思い出しそうに...)

 

ここでは、ポンディシェリーの町ではついに見なかったアジア人、

しかも日本人の人もいたし、欧米系の人が多く、いろんな人と仲良くなりました。

中には、6か月滞在する!なんて人達もいたり...

昼はヨガをしたり、瞑想をしたり、

食堂で会った人と話しこんだり、

そして、夜はみんなで私達の部屋に集まって、あれこれしゃべったりして本当に楽しかったナー。

思い出すに、これは学生寮!の雰囲気に似てますね。

(ちょっと歩けば、友達がいる感じ)

あまり、インドにいる気がせず、不思議で平和な空間&時間で、このユルい感じはハマりそうでした...

 







Last updated  February 23, 2012 12:46:00 AM

Calendar

Archives

Favorite Blog

ゆるーい「薬膳生活」 ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.