000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

April 25, 2012
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて、中国。

その全ての巨大さにひたすら圧倒されたのですが、もう1つ驚いたことは、その多様性でした。


いろんな民族がいて、また、省によっても、言葉も違えば、その文化も本当にそれぞれ。

しかも、たかが省と言っても、これまた巨大で、

普通に1億人ぐらい(ほぼ日本の人口近く!)住んでいる省もあり、

ここまで来ると、これは省というより、1つの国のような...


初めは、その巨大さ・多様性から、「アメリカみたい...」と思ったのですが、

いや、その更なる多様性と、お互いの言葉、文化、民族のそれぞれの違いの差はさらに大きいような気がするのです。

そして、それぞれの省や地域がまたそれぞれ独自の、言語、民族の違い、文化を持っているのを考えるに、

アメリカだと歴史はそんなに古くないし...

いわば、ヨーロッパのそれぞれの国をまとめて、1つの国にしたようなのに似てるかも!

というのが、私のまだちらっと表面だけですが、中国の印象。


ステイしていたところで、中国人の友人がたくさんでき、

いい人たちばかりで、仲良くなりました。


それぞれ、みんな上海に勉強や仕事で、中国各地から出てきていて、

その多様性が垣間見れて、面白かったのです。


例えば、みんなでしゃべっている時に、

1人の子の携帯が鳴り、その子の地元の友人からの電話で、しゃべりだすと、

まわりのみんなが「彼女が何をしゃべっているか全くわからない~。」という。

(いちおう、違う省の人達と話す時は、普段は標準語の北京語をみんな使っているが、地元では地元の言葉)

Daneにも聞くと、

「中国のA省の言葉とB省の言葉の差って、日本のA方言とB方言の差みたいなもんじゃないよ。

日本の標準語と沖縄の言葉ぐらい、下手したら、日本語と韓国語ぐらい違うんだから。」とのこと。


面白いので、仲良くなった子らが私の部屋に集まった時に、

みんなで、同じ言葉をそれぞれの自分の省の言葉でしゃべってもらいました!

みんな「ごはんを食べる」というシンプルな文を言ってもらったのですが、

こ~んなに違うのです!!

(実は、この後に、私がふざけて、”ごはんを食べる”と日本語で言ったら、

みんな ”それはどこの省?”とポカンとしてて、

日本語だよー”と言うと、大爆笑になりました。

みんな、かわいい~!)


ということで、その多様性にびっくり&感心したのでした。












Last updated  April 26, 2012 10:18:54 AM

Calendar

Archives

Favorite Blog

宇宙の流れにまかせ… ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.