000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

May 7, 2012
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


さて、今回の旅、本当~にDaneにはお世話になりました。

上海に着いたときは、サプライズで迎えに来てくれたり、

ステイ先にはいつも迎えに来てくれるし、

どんなに夜遅くなっても、帰りは送ってくれ、

夜ごはんもお茶もタクシー代もいつもおごってくれ、学校の面倒を見てくれたり、

休みをとって、いろんなところに連れて行ってくれたり、

なんといっても、いつも笑わせてくれ(Daneの言い方がおかしい)...

彼がいなければ、こんなに満喫できなかったんでは?というほどの親切と

完璧な中国語でのエスコートで、

本当にありがとう...


なんですが、そんなにものすごく大事に扱ってくれるSweetなところがあるかと思えば

時折、彼の楽天的なマイペースで、死にそうな目にあわされたり...面白かったです。


そんな素敵エピソードその1・

「僕の会社の同僚に会わせたいから、仕事が終わる頃に会社に来ない?」と言われ、

漢字の住所を渡され、

「これをタクシーのドライバーに渡せば、連れて行ってくれるから。」という言葉を信じて、

タクシーに乗ると、

こんな住所じゃ無理~!」と言われました。

というのも、その住所、日本風に言うと、

「明治通り渋谷ビル」

こんな感じで、 ば、番地がない...?

(オール中国語だったのでわからず)


ごねるドライバーをなだめ、なんとか行って~と、私のつたない中国語で頼み込み、

道行く人やいろんな人に聞いて、ものすごーく苦労して、奇跡的にたどり着いたのですが...

(しかも、本当は、その住所は、明治通り北 みたいな感じで方角がいるのに、

それさえも抜けていたことが聞き込みにより判明。

今思えば、ほんと、よくあんないい加減な住所でたどり着いたもんだ!)


Daneのメールによると、

「似たようなグレーのビルがあるけど右側のビルだから。」とあるが、

どっちから見て右~??? 

(どっちともとれる構造)


しかも、

「ファミリーマートが前にあるほうのビルだから」と言われていたのですが、

片方のビルの前には、ローソンが、

もう片方のビルの前には、セブンイレブンがあるけど、

ファミリーマートはない...!!


この微妙に間違う感じやめて~(泣)


しかも、私は携帯を持っておらず、なんとか見つけた公衆電話も壊れており、

待ち合わせの時間はとっくに過ぎており、

「もう今日は会えないのかも」と思いつつ、

トイレに行きたくなったので、

そこにあったスタバにトイレついでに入って、態勢を立て直そうと行くと...

その入り口の席でくつろぐDaneを発見!

ミ、ミラクル~!?


「ここで同僚とお茶してたんだけど、いや、そろそろ君が来るから、

まさしく本当に今、席をたったら、yacchanが現れたから、びっくり!

君ってすごいね~☆」とうれしそうなDaneさん。

なんかしらんが、気がぬけた...


待ち合わせの時間はかなり過ぎてて、

んーと、あなたの事務所で待ち合わせてたような気がするんですけど、

ま、いっか!



その2

彼の休みの日に蘇州に連れていってくれました。

上海から蘇州って、ちょっと遠くて、東京から日光に行くような感じ。

遠いからと朝10時に待ち合わせたのですが...

会うと、「君の学校をちょっとチェックしたいからとりあえずお茶しながら話そう。」とカフェに入り、

そのまま、話が盛り上がり、ごはんなど食べてしまい、

プラス学校へその盛り上がりのまま行ってしまい、

「じゃ、蘇州に行こっか!」と鉄道の駅についたのがすでに2時過ぎ。

切符を買うも、とれたのが、すでに4時近くに上海を出る列車で、蘇州に着いたころには、すでに日が暮れかけ...

そこの庭園やお寺などは、すべて5時半で閉館

お土産物屋も次々と閉まり始め、

開いてたお店に飛び込むと、またそこが笑えるもの満載のお店だったので、

うっかりそこにつかまってしまい、そこで1時間程過ごし、出るともう夜...

急いで駅に引き返して切符を買うも、上海に帰る列車は夜の10時近く発。

しかたがないので、近くのKFC(ケンタッキー)に入り、

2人でしゃべっていたら、話が盛り上がってしまい、本当にあと少しで乗り遅れるところでしたが、

上海に着いたら、もう夜中。

そこでDaneが「ん~、蘇州はもう一回やり直しだね。」なんて言うので、笑った...


その3

「君のステイ先と僕のアパートのちょうど間に面白い店があるから、

(お互いに一本道を歩いて5分の距離)

よーいドンで、君は君のステイ先から、僕は僕のアパートから歩き始めれば、

たぶん真中ぐらいで出会えるから、そこで今日は会おう。」と言われ、よーいドンで歩きはじめたのですが...

行けども行けどもDaneに会わず、とうとう彼のアパートまで。

しかし、彼はおらず、引き返したり、いろいろ行くも会えず。

またしても、電話がないため、そして、公衆電話も壊れており、1時間程してなんとか連絡が取れ、

(道で出会った通りすがりの人にわけを話して←私のド初級中国語で、その親切な人が電話してくれたという...)

やっと会えた~!とお互い、わーっと走り寄ったのですが、

「君、どこにいたの?」というDaneさん。

私「いや、私、ほんと~にまっすぐ来たよ。」と言うと、

D「途中、コンビニにちらっと入ったんだけど、その時にすれ違ったのかな~。」とすまし顔でいうDaneさん。


明らかに、そのコンビニの寄り道が原因だね...


お互い5分の距離をせーので歩いている時に、途中のコンビニには寄らないで~(泣)


そんなDaneさん、素敵ないい人です。

ありがとう~☆

おかげで中国語のいい練習になりました...(涙)
















Last updated  May 9, 2012 12:23:53 AM

Calendar

Archives

Favorite Blog

宇宙の流れにまかせ… ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.