454157 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

May 23, 2014
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

中国語のレッスンですが、大学以外にもう一ヶ所試してみました。

今まで、だいたい大学や、一般的な語学スクールだったのですが、

「金額的に高価な学校ってどんなところなんだろう?」と興味を覚えたので、4日だけ挑戦してみました。

見つけた学校は、上海の一等地のすごいビルの20Fにある語学学校。

きれいなロビーに、ガラス張りの教室、イベントルームなどがあり、

専門のカウンセラーもいて、やはりゴージャス感はんぱなし。


でも、一番驚いたのは、200人ほどいる学生の全てがみんな欧米人!だったこと。

アジア人の生徒は、本当に本当に私だけ...!!!

スクールの先生やスタッフたちはもちろん中国人だったので、

逆に、私も生徒なのに、よく他の生徒に先生と間違われてたという...

(ま、英語で検索して、ヒットした学校だったので、こうなったんだろうけど)

講師陣も普通に英語を話す中国人の方々で、

授業は「次、読んで下さい。」などの授業用語から、文法説明まで、全て英語で進みました。


私のレベル2クラスは、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、イタリア、スイス人さんたちの10人のクラス。

けっこう、面白い人達で、さっそく1日目から仲良くなり、

みんなで夜ごはんにでかけ、KTV(カラオケ)↓ にいき、

IMG_3732.jpg

シャンパンを空け、バブルな感じで朝方タクシーで帰宅。

(翌日の授業に、二日酔いでクラスメイトのイタリア人のアントニオは来ず。)



そして、2日目もくりかえされるごはんと、遊びとアルコールの夜...

IMG_3731.jpg



面白いんだけど、

彼らに連れて行かれ、スタバでお茶、イタリアンでごはん、クラブに顔を出し、バーで飲む2日目。

(そして、また翌日もアントニオは授業に来ない


チャイニーズのごはんやお茶のところに行かず、

ずーっと英語で話して、行くお店も英語が話せるスタッフに、他の欧米系の人々が集うところ、

途中で、上海というよりも、

なんだか、私、六本木にいる気がしてきた...


&この2日、中国語を勉強しにきたのに、ぜ~んぜんしゃべってない、

むしろ逆に私の英語上達してるんじゃないだろうか的な...


ということで、この酒とバラの日々には2日間で別れをつげ、

夜はステイ先の仲良くなった3人の中国人のルームメイト達と出かけ始めたのでした。



ということで、このゴージャスな学校、

私的には、うーん、どうかな?

なんとなく「パーティースクール」な感じだったのと、

逆に、英語を上達させたい人にはいいかも、という予期せぬ結果になりました。



ちなみに、遊び人アントニオのクラスでの興味深い一言。

彼は、上海のクラブやバーと契約して、

欧米系の外国人をそこに連れて行って、コミッションをもらうという仕事をしているらしいのですが、

(お店にとって、そういう人達がいれば、よいイメージになるらしい)


「その中国人のマネージャーやスタッフたちは、僕達、外国人にすごくいい親切な扱いをしてくれるんだ。

だけど、彼らが、自分と同じ中国人にする扱いは、はっきり言ってひどい。

だけど、僕の国では、

イタリア人は、自分と同じイタリア人にはよい扱いをするが、

中国人にはそういう扱いはしない。

どうして、こうも反対なんだ?」

と中国人の先生に聞いていたのが、忘れられなかったな。










Last updated  May 23, 2014 09:38:13 PM

Calendar

Archives

Favorite Blog

宇宙の流れにまかせ… ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.