000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

May 25, 2014
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

さて、通常の大学での武術のけいこの他にも、出稽古(?)がスケジュールに組み込まれていました。

上海を代表する、とある中国武術の創始者の道場 ↓ を訪ね、

IMG_3457.jpg

 

グランドマスターじきじきのレッスン。


はじめにあいさつをして、軽く話をしている時に、

ちらっと、そのグランドマスターが見せた突きの手があまりにもすごく、

みんな蒼然となっていたところで、稽古がスタート。


暑い中、まるまる1日、びっしり身体を動かしました。

進みが早く、あまりのプレッシャーの中、休み時間も話す人はおらず、もくもくと自主練にはげむクラスメイト達。


全部中国語ですすむので、わからない所もありながら、

なんとか、ヨロヨロとついていった私。

短期間に、かなりの量の型を覚えないといけなくて、

(ある意味、これはマスターから試されているってこと。)

汗びっしょりになりながら、ものすごく集中しており、気づくとすでに夕暮れ~でびっくりしました。

(2時間ぐらいに感じた)


「君達は、この型を習った最初の外国人ですよ。」と言われ、

記念にと、マスターのサイン入りの本&DVD↓(そこらへん、今風)をいただいて、稽古は終了。

写真.jpg


とはいうものの、ほっとすることはできず、

実は、この合宿の最後に、競技判定会があるので、かなり必死。

毎晩、宿舎に帰ってからも、ルームメイトと一緒に思い出しながら、ベッドの上で型を復習したり、

ベッドの上だとふわふわなので、部屋を出て、廊下で真夜中の練習、

移動中も歩きながら、腕だけでも復習したり、頭の中はそれだけでいっぱい!


そして、いよいよ判定会本番。

正式なものと全く同じような場がしつらえられ、ジャッジ席には、

上海の武術業界の実質ナンバー2の老師を審査委員長として、

となりには、世界チャンピオンのウェイ老師、

そして、私の日本での武術の先生が座り、みんなも正式な表演服に着替えて、競技会となりました。


人生はじめての競技会が、日本の地方大会じゃなくて、

いきなりのこんな大きな場になるなんて...


プラス、練習時間はぎりぎりで、100%覚えておらず、途中、不安な箇所が何箇所かあったのですが、

「もう、仕方ない!」と腹をくくりました。

そのふてぶてしさが功を奏したのか、

やはり中国人のクラスメイト達が上位を独占したものの、

私の得点は、8.7。

私の入ったブロックの中の日本人の中では、最高得点だったのでした。

(中国人のクラスメイトたちは、9.5とかすごい点数をたたきだしていた)


ふりかえって思うに、やっぱりこういう合宿や集中コースはいいですね。

日本の私の通常の感じだと、やはり1回の練習は2時間程度。

こんなに大量の型を一気に覚えることはなく、

また、今週やったものを来週やる頃には忘れており、また最初からやり直し...って感じだったりするので、

なかなか進まず。

プラス、競技会なんて出たことはなかったので、今回みたいな「必死感」はないし。


もしかして、今回学んだ量は、日本での1年分に相当するかも...


REDWOODでも1日英語集中コースなどありますが、やっぱりそういうのは意味がありますね。

集中がとぎれないので、また忘れて最初からやり直しっていうのがなく、効率的に学べると思います。

ま、毎日これをずっと、というのは、社会人には時間的にも無理だろうけど、

半年に一度でも、こういう集中コースって、意味がある!と再確認したのでした。




















Last updated  May 26, 2014 07:45:10 AM

Calendar

Archives

Favorite Blog

宇宙の流れにまかせ… ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.