000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

September 20, 2014
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

さて、ここ3週間中国語を猛勉強して準備していた、

中国武術の大物老師(レディガガ級)を、観光にお連れする仕事から帰ってきました。


中国語の方は... まあ、この今までの勉強したなりの成果というか、

当り前ですが、この3週間だと付け焼刃にしかなりませんね。

 

 ただ、ちょっとラッキーだったのは、この老師、武術を教えるために何度も来日していて、

 ある意味、外国人とのコミュニケーションに慣れているので、

 ゆっくりしゃべってくれたり、簡単な言葉を選んで話してくれていたので、

こんな私の初級中国語レベルでも、ガタゴトしながらも、会話は進んで行きました。

 

「タオル持って来て。」と言った老師に、

 「毛布」を持って行ったり、

 

ビーチをみんなで散歩していた時、

「僕の上着は、その岩の上だけにはおかないでね(岩がぬれている)。」と言われたのに、

 わざわざ「上着をその岩の上に置きに行った」私。

(その岩の上においてください、と言われたのかと思った)

 

あまりにも私がその調子なので

老師も「Kangzi(私のこと。私の名前の中国語読み)は、いつも、そうー!

僕を笑わせようとしているの?」 と苦笑い...

 

これが、今の私の中国語レベル~(泣)

ただ、結局、2日間、ずーっと中国語しゃべりっぱなし。

成果と言えば、

旅行から帰って、老師をホテルにお送りして、まだ7時だったので、そのまま武術の練習に行きました。

(身体を動かしたかった)

クラスメイトに、中国人さんが何人かいるのですが、

なぜか、この2日間のノリで中国語でわーってしゃべりかけたら、

「Kangzi(私)って、こんなに中国語話せる人だっけ?」とみんなキョトン。

なんとなく、流暢さが一瞬出てきた気がしないでもなく...

 

老師との旅~その2~に続きます。

 









Last updated  September 21, 2014 03:55:09 PM

Calendar

Archives

Favorite Blog

宇宙の流れにまかせ… ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.