000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

December 28, 2015
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

さて、フランス人のギオムさんですが、彼は多言語さんです。

もちろん、フランス語に、英語、ロシア語、ポーランド語、そして、日本語。

英語は、普通に話してるし、

ロシア語も普通に話せる、

そして、ポーランド語にいたっては、テレビでニュースを見ても99%わかるそうです。

(今、彼は、ポーランド人の奥さんとポーランドに住んでいる)

マルタ(奥さん)に、「彼のポーランド語はどう?」と聞くと、

「もう、普通のポーランド人のレベル」なんだそう。


そして、この言語の中で、唯一劣っているのが、日本語らしく、初級とのこと。

(と言っても、私とは、簡単なことは普通に話せます。)

で、日本に来たからには!と、日本語をがんばって話そうとしており、その姿勢は大尊敬。

彼の他の言語のレベルを考えても、さもありなんとうなずくばかりなのです。

が、時折、変なフレーズを言う~!

どう、変かというと、ぶっちゃけ、

古い~!


どうやら、持っているテキストが古いんじゃないかな。

例えば、笑ったのが、コレ ↓


「吉野さん、音楽会に行きたいので、雑誌のぴあを買いたいのですが。」


音楽会もそうだけど、

ぴ、ぴあって...!

(ネットが一般的になる前、首都圏の映画やコンサートのスケジュールが載ってた雑誌。)






私「ギオムさん、ぴあはもう廃刊だよ。」

ギ「ええっ!?」

(雑誌としては廃刊で、MOOK版としてはあるそうです)



他にも、

蚤の市で、江戸時代の茶碗を買いたいです。」


の、蚤の市???


もう、そのままフリーマーケットでいいんじゃないかな?


「古い」の他にも、

「それは、ちょっと言わないんじゃないかな」的なフレーズで話しかけてきます。


私は、外で武術の練習が1年中あるので、比較的、日焼けをしているのですが、

ギ「吉野さん、小麦色に焼けていますね。」とか、


江の島で、日が沈むのを見て、

ギ「太陽が、水平線に沈む眺めは素晴らしい。」とか、

 

決して間違ってはいないけど、そうやって言うのを聞くと、なんか変~。


冷蔵庫から飲み物を出した私に、

ギ「私にも、飲み物をお願いできるかしら。」とかいうしさ。



あまり、そんなことを言うので、気になり、聞いてみると、

勉強しているテキストからの丸覚えフレーズらしい。


他にも、どんなのがあるか言ってみて、と言うと、

ギ「クマが、ピーナッツをむしゃむしゃ食べます。」なんて言ってたが、

ん、むしゃむしゃ?

っていうか、その前に、

クマって、ピーナッツなんて食べるっけ???



後は、いきなり、

「秋の日のヴィオロンのため息の」なんて言うから、何ごとかと思ったら、

森瑤子の小説のタイトルと判明~。(1989年出版)






私は、いつも生徒さんには、

「テキストは、新しいものがいいよ。

定番の人気テキストで、何刷もされたものならともかく、

とりあえず、基本は、新しいものを薦めるよー。

じゃないと、ナウい!なんて死語を覚えることになるかもしれないよ~。」

と言っているのですが、それを改めて、ギオムさんに言うことになりました。


ということで、

ギ「吉野さん、一緒に新しい日本語のテキストを買いに行きましょう。」とのこと。

うん、私もそれを薦めるよ~(泣)

 









Last updated  December 28, 2015 07:38:27 PM

Calendar

Archives

Favorite Blog

「今」 ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.