454062 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

April 18, 2016
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


さて、中国のH老師にお土産の件で、何度もメールしているここ数日。

実は、H老師、ニューヨークに留学されてたので、普通に英語をお話しされます。

私も、途中までは、がんばって中国語でなんとかメールを書くものの、

どうしても、ここからは無理だーというところからは、

英語で茶をにごす

(本当は、中国語で全部がんばりたいんだけど、

あんまり通じないメールを送っても、老師が?になるので)


で、しばらく、やりとりがあった後、

彼女から、

「うーん、ちょっと今さら聞くのが恥ずかしいんだけど、あなたの英語名はなんだったっけ?

聞いたかもしれないけど、忘れちゃったから

そっちのほうが呼びやすいので、教えてー。」

とのこと。


かくゆうH老師も、自分の中国名とは全く関係ない英語名でメールとか送ってくるし、

中華系の人で、英語名を持っている人って、けっこういますよね。

特に、欧米に留学したことのある人、

または、中国でも外資系に勤めていたり、

海外のお客さんが多い場所で働いている人などは、

普通に英語名があり、

中国人同士でも、その名前で呼び合っていたり。

あと、台湾、香港でも。


そもそも、中国語名は(ピンイン表記のため)

日本の名前みたいに、ローマ字で表記できない

&発音がそもそも外国人には難しい...ため、英語名が多いんだそう。

面白いのは、その名付け方法。

けっこう自分で好きな名前をつけたり、っていうのが多く、

(やっているゲームの主人公の名前だったり、

あと、名前というよりただの英単語では?

っていう変わった系の名前の人にも何度か会ったこともあるし)

あとは、学校の英語の先生が、

「ん~、君は、ダニエル、君は、マイク、君は...」って感じで

ポンポン決められたって場合も何度か聞いたし。


という背景もあるからか、私にも普通に当然あるものとして、

「英語名は何ですか?」と聞いてきたわけですね。

「日本人は、あんまり、英語名ないよ。

だから、H老師も今まで通り、

私のことはKangzi(私の名前の中国語読み)と呼んでくださいね。」

と返事を送信した後、ふと思い出しました。


そうだ、私も英語名(というか、英語のあだ名)があったんだった~!

私の名前、名字と名前の最初の一文字を合わせると、

「よしのや」

になってしまい、

よしのや → 吉野家 → → 牛丼 ということで、

Beef bowl (牛丼) 

略して、

B.B.



う~ん、成り立ちを考えると、なんともいえない名前...


老師に、中国で練習中に「B.B.」って呼ばれるのも嫌だし、

また、それを聞いたチームメイトや先輩たちが面白がって、

そのあだ名をめっちゃ連呼してくるだろうってのは、火を見るよりも明らか

「そのあだ名で呼ぶな。」と言えば言うほどむしろ喜んで呼んでくるタイプの人たち。


ということで、これは、老師に教えないでおきます~。












Last updated  April 18, 2016 09:53:54 PM

Calendar

Archives

Favorite Blog

宇宙の流れにまかせ… ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.