000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

July 9, 2016
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

さて、武術のグランドマスターを観光にご案内、行って来ました。

あんなに、緊張してたけど、実はすごく楽しい1日になりました。


 ただ、老師(そのグランドマスター)と2人で出かけるっていうのも、

デートみたいで嫌だった中国語に自信がなかったので、

先輩に泣きつき、一人中国人さんを紹介してもらい大正解!

すごく性格の素敵な人だったのと、

老師は老師で北京の人のイメージの典型で、あの明朗で自由なあの楽しい感じ。

なので、3人で冗談を言い合ったり、面白かったし、かなり私にとっては特別な1日になりました。

 

だって、ある意味、EXILEが好きな人がATSUSHIさんと1日でかけるようなもので、

いや、もっと言うと、野球好きの人が、長嶋さんとでかけるような感じかな。

その老師は、武術界の神様で「ミスター武術」みたいな人。

 1日一緒にいたものの、

 

「私の横にミスター武術が坐ってる!」

「私に武術の神が話しかけてくる!!」

「神とごはんを一緒に食べてる!!!」

常に信じられない感じがするのよね。

 

しかも、その神は、武術をやっている以外ってあんまり見た事がなかったのですが、

ビールを飲む神、

ポケットから小銭をじゃらじゃら出す神、

パスモを失くして、かばんの中を探す神...

とか、いろいろ見れて、なんか嬉しい~。

 

 

コースは、老師(マスター)の好きなもの「ラーメン、海、温泉」を盛り込んだため、

鎌倉 → 江の島で遊んで → ラーメン博物館コースにしてみました。

 

北京(海がない)の方なので、特に江の島は、ものすごく喜んでおられました。

海を眺めながら、ごはんを食べ、

ちょっと島を歩きまわって、汗をかいたところに、江の島の温泉へ。

たっぷり浸かって、そろそろ夕方で、お腹もすいた頃、ラーメン博物館へ。

人も空いてたし、館内の施設に老師も「面白い!」と大興奮。

そこに、ドイツの黒ビールを発見し、みんなでしゃべりながら楽しく飲んでいたら、

老師「Kangzi(私のこと。私の名前の中国語読み)、

俺は焼き鳥が食べたくなってきた。

焼き鳥買ってきて~。」

 

え~!?

ここは「ラーメン博物館」というラーメンが売りの場所なのに、

まさかの焼き鳥???

 

そこで、なんとか焼き鳥を手に入れ、老師が一言。

「うーん、黒ビールとはあんまり合わないね。」

だから、言ったじゃん...

 

プラス、餃子とかあれこれ食べてるうちに、老師はお腹がいっぱいになり、

「う~ん、俺は、もうラーメンはいいかな。」

 

老師~、

じゃあ、普通の居酒屋でよかったんじゃ...(泣)

ラーメン博物館に来る意味ある?

 

ま、この自由~な感じが魅力でもあるのですが、老師を観光案内・2に続きます。

 

 

 

 







Last updated  August 6, 2016 01:36:33 PM

Calendar

Archives

Favorite Blog

宇宙の流れにまかせ… ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.