430590 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

REDWOOD英会話スクールスタッフ日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

July 9, 2016
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 

さて、老師を1日、鎌倉~横浜を案内したわけですが、

改めて、心に残ったのが、常に武術のことを考えてらっしゃるんだな、ということ。

 

というのも、江の島の温泉に、水着で入れるところがあるので、

そこに老師も含めて3人で浸かっていたら、

老師が突然、

「武術で腕を動かす時は、この水の中で腕が動く感覚に似ている。やってみろ!」と言いだし、

温泉の中で腕を水面ぎりぎりに出し、

武術の動きをさせられる私達。

老師「Kangzi(私のこと。私の名前の中国語読み)違う! 

お前、今、腕の力を使って自分で動かしたゾ!」

「もう一回やれ!」

「目で見るな。体感でやれ!」

 

急に、老師の特訓が始まり、

中国語でわーっと言われて、しぶしぶ水の中で武術の動きをする私達。

ああ、周りのお客さんがみんな見てる...

 

老師のトレーニングは30分ぐらい続いたでしょうか。

こんな個人レッスン受けられることってないから、本当にありがたいけど、

なにも、温泉の中で、

こんなにみんなに見られながらじゃなくてもいい...(泣)

でも、嫌と言えない~。

 

ま、こんなこともありましたが、けっこう、移動中や、ごはんの時でも

貴重な武術の話や、

老師の人柄が出ている話がいっぱい聞けて、面白かったんだよね。

 

その日は、七夕でその飾りがあったことから、七夕の話になり、

老師「でも、会えなくても、その人のことを思っているだけっていうのも、いいもんだ。」

なんておっしゃるので、

私 「ん~、でも、私は、やっぱり、実際に会いたいですけどね。」と返すと、

老師「Kangzi、そういうとこ、

お前の武術に出てるぞ!」

そこでも、怒られる私。

なんで~?

っていうか、私の武術ってどんなになってるの?

 

そこから、恋愛論になり、

なぜか急に、老師の言っている中国語が聞き取れだす私。

老師もあきれて、

「Kangzi、お前ってやつは、俺が武術のいい話をしてる時は、

(聞き取れなくて)知らん顔してるくせに、

なんで、こういう話題になると、会話についてこれるんだ?

さっきも、ビールを飲む時、”今日は、美女たちと一緒に過ごせて、うんぬん...”って言ったら、

そこも、聞きのがしてないし、

自分に都合のいいところだけ、中国語の聞き取りがアップしてるって...

本当に、お前ってやつは。」と苦笑。

 

ま、いろいろありましたが、

老師は、すごく楽しんでくださり、横浜と鎌倉のこの感じが気にいられたそうです。

しかも、私が用意したコースが、

「今まで、何度も来日した中で案内されたが、今日が1番よかった!」とおっしゃっていただき、

「次、私が来た時、宿は横浜がいい。

Kangziは、僕の好みをわかっているみたいだから、

次回から、君に宿とかスケジュールを采配してほしい。」

とのこと。

 

最終的には、私に心を許していただいたのかな?と思っていたのですが、

そこに、たまたま、おもちゃの鳥があって、

その鳥に話しかけると、その中に内蔵されたレコーダーが反応し、

自分が話した言葉を、その鳥がおうむ返しに話すと言うもの。

 

老師が「中国語でなんかしゃべってみろ。」というので、

私が「他是我的老师。(彼は私の先生です)」というと、

その鳥も同じことをいうのですが、

すかさず、その鳥に、

不是!(違う、先生じゃない)」と言い返す老師。

私も負けず、もう一度、鳥に

「他是我的老师。(彼は私の先生です)」

老師「不是(違う)」

私「他是我的老师。」

老師「不是(違~う)。

・・・

・・・

としばらく言い合いの攻防は続いたのでした。

お互いムキになってたという~、子供?

 

ま、彼は私の先生の先生だから、直接の先生じゃないし、

そこらへんは、武術界ちゃんとしてるというか、キビしい~。

 

というわけで、今回は楽しかったな。

実は、2年前にも一度、この老師をご案内したことがあるのですが、

その時は、一緒に協会の人がいたし、

今回は、もっと気楽な感じで、老師に近づけた気がします。

 

そして、何よりも2年前に比べて、老師なんだか丸くなられたかも...

2年前の時って、もっと鋭いカミソリのような方だったんだよね。

今も、その昔のやんちゃの片鱗は垣間見えるけれど、もっと、柔らかい感じになられたような~。

それを感じられたのと、

こうやって老師と知り合い、一緒に過ごせられることは私にとって幸せなこと。

老師の言葉を借りて表現するなら、

この「縁」を大事にしたいな、と思ったのでした。

いい1日でした。

 

 

 

 







Last updated  August 7, 2016 10:27:35 PM

Calendar

Archives

Favorite Blog

ゆるーい「薬膳生活」 New! ヒミツカフェさん

英会話姉さん日記 英会話姉さんさん
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.