965677 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

エコロジー・リアルタイム・ボイス

PR

プロフィール


Key007

お気に入りブログ

まだ登録されていません

フリーページ

2010年07月01日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

梅雨の真っただ中くもりじめじめ気分わからんどうせなら自分も汗をかいてみずがめ座体を軽くしちゃいましょうマラソンor自転車or温泉!
P6190055.JPG P6190056.JPG
ロンドン2日目の朝、お水を買いにホテルの隣にあるお店によりました。水道のお水は一度沸騰させれば問題なく飲めるそうです青ハートおいしそうなパンが文房具が並んでいるように棚に食パン日本のコンビニくらいの店の広さです。会計はセルフなんですね「これどうやるの?」スーパーのレジと同じでバーコードを読ませ画面に従ってお金を入れると完了スマイル始めから緊張しました犬フー
P6190063.JPG
目についたポスト郵便局 楕円形なのね~
P6190075.JPG
目的地目指してゴーバス家並みが見えてきました。とても歴史ありそうな感じですね。
この建物実は一つの建物で2件分、玄関が二つあるのです家家この2連戸住宅を
“セミディタッチドハウス”と言います家なので半分外壁の色が違ったものもありました。
P6190090.JPG
卒業式エベネツァ・ハワード卒業式の最初のガーデンシティに着きましたスマイル
その構想は二つの大きな要素から成り立っていて、1.窒息しかかっている都市を改造する 2.どこからも援助を受けないで自立できる都市 
背景にはハワードがアメリカ・シカゴで事務職をしていた頃(当時最大の商工業都市)都市の過密化と環境公害が深刻になり、工業地帯で働く労働者の環境悪化は健康を損ない、ハワードのシカゴでの生活は、窒息しそうな喧嘩と大気汚染と水質汚濁、悪臭に包まれたとても我慢のできない日々だったようだ。
ハワードさんはこんな環境を脱するための社会改革が必要だというさし迫った社会認識SN3J0013.JPGがあった。
1906年最初の計画   1946年計画

最初の計画は、人々も工場も計画通り立地せず大幅な変更を余儀なくされたんですねわからん
次回は家並みや駅の写真をUPしてみますきらきら晴れ







最終更新日  2010年07月01日 11時49分36秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.