966690 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

エコロジー・リアルタイム・ボイス

PR

プロフィール


Key007

お気に入りブログ

まだ登録されていません

フリーページ

2016年04月24日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


NPO法人「足尾に緑を育てる会」(鈴木聡会長)の「春の植樹デー」が4月23・24の両日、日光市足尾町の戸四郎沢で今年も開催されました。「足尾の山に100万本の木を植えよう」を合言葉に、旧足尾銅山の煙害などで失った緑を取り戻そうと、同会が始め「植樹デー」は今年で21回目。活動当初は作家の故・立松和平さんを中心に行われました。過去20年間で延べ約2万人余が参加し、約8万4500本を植樹して植きました。植樹は2日間で、コナラやクヌギなど計約7000本を植えました。今年は2日ともに晴天に恵まれ、県内外の家族連れのほか、宇都宮大の学生や県内6校の高校生も加わり、2日間で過去最多の約2000余名が参加しました。2カ所の植樹場所のうち、足尾砂防ダム東側の斜面「戸四郎沢」では、標高915メートル付近で植樹。850段ほどの階段を上り、地肌が露出した斜面に次々と広葉樹の苗木が植樹されていきました。植樹が終わって集合場所の親水公園ではシンガー・ソングライターせきぐちゆきさんのミニコンサートなども行われた。植えたうちの何割かは枯れてしまいますが、元気なものは残って大きくなってくれます。
4-IMG_0153.JPG 5-IMG_0160.JPG
故・立松和平さんの長男も参加
7-IMG_0163.JPG 3-IMG_0149.JPG

2-IMG_0148.JPG 1-IMG_0147.JPG

IMG_0152.JPG

 







最終更新日  2016年05月15日 17時02分21秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.