570944 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

reformer21の散歩道

PR

X

全452件 (452件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 46 >

2021.10.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
相変わらず時間が経つのは早いもので、前回日記を書いてから2週間が経過してしまいました。。。

さて、今日はソフトバンク(9434:東1)を取り上げたいと思います。
ソフトバンクは誰しも知っている会社かと思いますが、ソフトバンクグループで「ソフトバンク」「ワイモバイル」を展開する通信会社になります。ちなみにヤフー、ZOZOも買収しています。

業績的のはほぼ前期比で横ばい圏で推移しており、市場シェアを考えてもここから大きく成長するのは厳しいかと思います。ただ、この業界はキャッシュフローが潤沢であり特にソフトバンクはその配当水準がとても高くなっています。1株純資産が310.9円に過ぎませんが配当は年86円も出しており27.6%にも達します。ROEは34.0%にも達しており資本効率は全上場企業でもトップクラスではないでしょうか?(過小資本の企業を除く)

現在の株価1528円に対して配当は年86円なので5.62%にも達し、こちらも全上場企業でも上位を占めています。財務的に見れば自己資本比率は11.8%に過ぎなくNTTドコモ(非上場)やKDDIと比べて過小資本になると思いますが安定したキャッシュフローがありますしこの業界なら問題ないのではないかと思います。

ここもポートフォリオの一環として保有するには良い銘柄だと思いますし、長い目で所有していけれればと思います^^






最終更新日  2021.10.13 12:59:25
コメント(2) | コメントを書く


2021.09.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
前回の日記を書いてからかなり時間が経ってしまいました。週1回は更新していこうと思っていたのですが時間が経つのは早いです(^-^;

今日は関西電力(9503:東1)を取り上げたいと思います。前回取り上げた九州電力と同様に国のエネルギー政策や今後の環境規制等によって業績が左右される銘柄になります。業界の中でも関西電力は原発依存度が高い会社であり、稼働が承認されるかどうかによって株価が動く性質があります。最近はSDGsが叫ばれていますが、火力発電所ではCo2の低減にも限界があるでしょうし、環境を考えた場合には原子力を利用するのは避けられないと思います。(事故の懸念はありますが・・・)ただ、大きな流れは私みたいな零細投資家に左右できるわけでもなく、政策に乗っていくしかないな・・・と思います。

関西電力は業績&利回りを考えた場合には個人的には業界で九州電力の次に割安な銘柄だと思います。まあ、皆さんご存じのように経営に問題のある会社だとは思いますが・・・

指標的にはBPS1883円、予想EPS78.38円に対して現在の株価は1134円なのでPBR0.60倍、PER14.46倍になります。第1四半期の現役状況から見ても今期の業績はほぼ想定線になるのではないかと思います。ただ、電力各社は原子力発電の動向によって業績が大きく左右されますし今後の動向次第と言った面もあります。また、配当は1株50円で予想しているので配当利回りは4.40%となります。

ここも九州電力同様に公共性の非常に高い会社であり、株価の大幅上昇は考えづらいですがこの利回りを考えればポートフォリオの一環として保有するメリットはあると思います。

昨今の市場はバブルの様相も呈していますので慎重に投資する必要が高いですね。皆さん気を付けましょう。






最終更新日  2021.09.27 07:25:13
コメント(4) | コメントを書く
2021.09.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
忙しくてバタバタしてて日記を書くのがちょっと空いてしまいました(^-^;

今日は九州電力(9508:東1)を取り上げようと思います。電力各社は国のエネルギー政策や今後の環境規制等によっても業績が左右されます。なので個別の業績よりも業界全体の動向に株価が引っ張られる気がします。

ただ、電力各社の中でも九州電力は一番割安な株価ではないかと思っています。会社の内容は言うまでもないと思いますが原発は計4基所有しており、電力自由化により首都圏への電気販売が伸びているようです。

指標的にはBPS1192円、予想EPS90.69円に対して株価は865円なのでPBR0.73倍、PER9.54倍となっています。両指標共に割安な水準となっており、更に1株配当が40円で予想しているので配当利回りは4.62%とかなり高い水準となります。本日発売の四季報では来期の予想が増収増益となっており、収益的にも伸びつつあります。過去の株価チャートを見ても現在の株価水準は割安に位置していますし、配当利回りやその他の指標を考慮しても下値不安は非常に乏しいのではないかと思います。

民間企業とは言え公共的な意味合いの非常に強い会社であり、株価の大幅上昇は狙えないとしても4%後半の利回りが確保できれば十分ではないかと思います。私はポートフォリオの一環として些少の株数しか所有していませんが、安心して所有できる銘柄なので個人的には気に入ってる銘柄です(^-^;

資金的に余裕のある方は配当狙いで気長に所有するには良い銘柄だと思います^^






最終更新日  2021.09.17 12:39:15
コメント(2) | コメントを書く
2021.09.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日はイチネンホールディングス(9619:東1)を取り上げたいと思います。

イチネンホールディングスは昨年にかなりテレビCMも行っており、社名自体は聞いた方もいらっしゃるかと思います。ただ、関係者や投資家じゃないとなかなか業務内容までは知らないかと思います。
やっている内容としては「自動車リース関連事業」を中心として「機械工具販売事業」「合成樹脂事業」「ケミカル事業」などがあります。グループの売上高としては1126億円になるのでかなりの規模の会社になります。一般の人に一番なじみがあるのは「ケミカル事業」で「クリンビュー」のブランドで展開しています。
私も車を所有していますしケミカルを何回か利用したことがありますが、「クリンビュー」の製品は性能的には良い方だと思います。(以前に「ソフト○○」の製品を使ったときは酷かったです。。。)

前期(2021年3月期)の業績は、売上高1100億円、営業利益50億柄、純利益29.6億円の予想(2020年7月8日公表)でしたが、着地としては売上高1126億円、営業利益75億円、純利益30.15億円と営業利益で約5割の上方修正をしてきました。固定資産売却損を25億円弱計上した影響で純利益はほぼ変わらずでしたが、事業の実態としては好調に推移しています。

今期の業績予想としては売上高1170億円、営業利益70億円、純利益44.3億円と営業利益は減益予想となっていますが、純利益は多額の特別損失の計上が消えるため46.9%の増益となっています。ただ、第1四半期の業績が営業利益で50.7%増となっていて前期比で大幅に増加していることもあり、表記予想は最低線だと思っています。

株価指標的にはBPS1669.70円、予想EPS182.32円に対して現在の株価は1278円なのでPBR0.77倍、PER7.0倍となっています。イチネンホールディングスは指標的にはずっと安い位置で推移しているタイプの銘柄です。自動車リース関連事業が売上高の半分弱を占めており業績が割と安定しているタイプの会社ですし、企業の成長も右肩上がりなのでもっと評価されても良い会社だと思います。個人的には現在の内容なら1500-1700円程度の株価だったとしても十分投資対象になりえますので、現在の株価はバーゲンプライスだと思っています。

また、今期の予想配当は40円となっており、株主優待として100株で1000円分のクオカードが貰えます。100株辺りの利回りとしては3.91%とかなりの水準となっていますが、現在の配当予想だと配当性向が前期よりも大幅に低下する結果となりますので最終的には増配してくるものと期待しています。イチネンホールディングスは過去に業績が予想を上回れば確実に増配してきた会社なので、個人的には今期特別損失が無ければEPS220円、配当性向25%として55円程度までの増配は可能だと思います。

こういう風に着実に成長してくる会社は安心して保有できますし、下値も切り上げてくると思いますので配当と優待を貰いながら長い目で成長していくのを楽しみにしています(^^♪






最終更新日  2021.09.08 07:57:41
コメント(2) | コメントを書く
2021.09.01
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は電源開発(9513:東1)を取り上げようと思います^^

電源開発は電力卸をしている会社で、元々は国営企業になります。やっている内容を考えれば国営企業だったのも納得がいきますが、個人的にはあまり国営企業ってイメージはないですね。。。

前期は小売り販売子会社の電力調達価格が急騰した影響で最終迄業績が不安定でしたが何とかそこそこの決算に落ち着いたと思います。(まあ、減収減益でしたが・・・)

今期の業績は減収減益(純利益のみ増益)で予想しており、売上高△7.4%、営業利益△24.1%、経常利益△17.9%、純利益52.4%増となっています。ただ、この第1四半期は前年同期比で売上高2.0%増、営業利益△4.6%、純利益32.0%増、純利益19.2%増となっており為替差損が大きく減少した影響で経常利益以下は増益となっています。今期は前期のような特殊要因の発生は考えづらいため為替の影響はあるにせよ予想利益程度は計上できるのではないかと思っています。また、BPS4420円、予想EPS185.74円に対して株価は1658円なのでPBR0.38倍、PER8.93倍と割高感はないです。配当も1株75円で予想しているため配当利回りは4.52%とかなり高い水準となっています。

会社規模もとても大きいですしそれほど成長するようなイメージは無いですが23年度の経常利益で900億円を狙う新規中期経営計画を公表しており(今期予想は500億円)、ぜひともこれに向かって成長して欲しいと思います^^






最終更新日  2021.09.01 12:44:39
コメント(4) | コメントを書く
2021.08.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は三協フロンテア(9639:JQ)を取り上げたいと思います。

三協フロンテアは仮設ハウスの販売及びレンタル等の会社であり、一般の人には馴染みが薄い会社になります。建設現場にある現場事務所などを思い浮かべればイメージできるかと思います。

従来は仮設ハウスがメインでしたし今でも主力事業でもありますが、近年では本設ハウスにも力を入れてきています。売上高で見ると2018年3月期は仮設レンタル・販売が売上高の70.2%を占め、本設レンタル・販売は21.98%になっていましたが、2021年3月期は仮設レンタル・販売が67.95%、本設レンタル・販売が26.31%とじわじわとですが本設が構成比で上昇してきています。もっとも2018年3月期の売上高が39,065百万円に対して2021年3月期は48,183百万円と売上高自体23%超の伸びとなっており、仮設も売上高が伸びている中に於いて本設はそれ以上に伸びています。

売上高の成長に伴って利益面でも毎期成長しており特にここ数年はキレイな右肩上がりとなっています。それに伴って配当も増加しており株価も連動して右肩上がり状態となっています。現在の株価は4955円でBPS3599円、予想EPS521.92円(7月30日に上方修正)なのでPBR1.38倍、PER9.49倍となります。配当も当初予想の年140円→160円へ修正しており3.23%となっています。PBR指標は1倍を上回っていますがPER指標では10倍を下回っており、会社の成長を考えれば割高感はないかと思います。

私は5年ほど前に株価900円位の位置で投資しており(その後2→1株へ併合)、当時の配当は1株30円だったと記憶しているので配当利回りで3.33%に過ぎなかったですが、現在の配当水準だと8.89%と超高水準になっています。株価も2.75倍と本来なら売りも考えるべき株価水準ですが株価がこれだけ上昇してきても依然として安心して保有し続けれる銘柄なので理想的な銘柄だと思っています。

同業者としてはナガワ(9663:東1)が挙げられると思います。でもナガワはPBR3.32倍、PER48.62倍と三協フロンテアよりも大幅に割高な水準にまで買われており、ナガワは東証1部上場であり差違はありますが、それにしても比較すれば三協フロンテアの株価は割安に思えます。三協フロンテアの株価がここから倍増したとしてもナガワより割安なのですからね。。。

この業界は国土強靭化関連銘柄ですし、個人的には「コロナ関連銘柄」にもなると思っていました。一部利用はありますが、素人考え的には空きスペースに仮設ハウスを使ってコロナ病棟を建設したら既存の病室がふさがる事は無いし、ワクチン接種会場として利用すれば病院内に通常以上の不特定多数の人の入場が阻止できるので理想的な形ではないかと・・・(まあ、そんなに簡単でもないのかもしれませんが・・・)

いずれにせよ業界自体が成長していますし、長い目で見ても株価の上昇が期待できると思いますのでまだまだ気長に所有して応援したいと思います^^






最終更新日  2021.08.27 13:00:21
コメント(2) | コメントを書く
2021.08.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は東京都競馬(9672:東1)を取り上げようと思います。

東京都競馬は社名の通り競馬場が主力となっており、メインは「大井競馬場」になります。その他にも伊勢崎オートレース場、東京サマーランド(子会社)などの事業も行っています。

前期はコロナの影響が大きかったですが、「公営競技」に関しては大幅増収増益となり、「遊園地」については減収赤字拡大となりました。また、「倉庫賃貸」については小幅増収増益、「サービス」については減収赤字縮小となり、企業全体としては「公営競技」事業がけん引して増収増益となっています。特に営業利益、経常利益は約40%の増益であり予想外の好決算となりました。

今期については第2四半期決算が発表されていますが増収増益となっています。前期も10%を超える増収増益でしたが更にそれが続伸していますのでこの調子ならば通期予想利益についても上方修正してくる可能性も十分あると思います。

現在の株価3955円に対してBPS2594円、予想EPS306.09円なのでPBR1.52倍、PER12.9倍となります。指標的にはちょっと割高に感じるかもしれませんが大井競馬場や東京サマーランドの広大な土地を所有しており、また、賃貸用不動産の資産も多額にのぼります。前述の大井競馬場・東京サマーランドの土地等の時価は公表されていませんので把握できませんが賃貸用不動産は公表されており、貸借対照表価額33,229百万円に対して時価は80,828百万円と含み益が47,599百万円にのぼります。実効税率を考慮してそのうちの60%を自己資本に算入するとBPS3594円となりPBR1.1倍となってきます。ただ、大井競馬場の含み益はとてつもない金額になりますのでそれを考慮するとPBRは1倍を大きく下回ってくる結果となります。

配当は1株60円なので配当利回りは1.51%と低水準に思われるかと思いますが、株主優待として1単位(100株)で大井競馬場の株主優待証と東京サマーランドの招待券(8枚)が貰えます。こちらが利用できる人は現在の株価ならば十分資産として保有できる銘柄だと思います。4月に6000円越えの株価になってからは一本調子で下落してきていますが、4000円割れの現在の位置は資産内容を考えると割安感が強いと思いますので下値も底堅いと思います。また、土地の含み益関連銘柄が物色されるときには買われる銘柄になります(以前にH.I.SがユニゾにTOBを仕掛けたときにも土地の含み益を材料として買われました。)ので株価が吹いたら売りと考えて、それまではのんびりと保有し続けたいと思います^^






最終更新日  2021.08.24 12:10:27
コメント(2) | コメントを書く
2021.08.21
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日はイオンディライト(9787:東1)を取り上げたいと思います。

イオンディライトは社名の通りイオングループの会社で施設管理等をメインに事業展開しています。ただイオングループ依存度は約6割となっており、グループ向けが多いとはいえグループ外への売り上げにも注力している会社になります。よくイオンに行くと清掃やゴミの片付け等をしている方が居ますが社名を見ると「イオンディライト」となっています。また、私は以前に「チェルト」と言う会社に投資しておりイオンディライトに吸収された思い出がありますが、チェルトで行っていた自販機事業や資材販売事業も引き継いでています。

お店(店舗)では販売員の方が表に立っていますが、それに対してイオンディライトの方々は「裏方」をしている感じです。企業運営をしていくには販売しているだけではなく清掃も大切ですし見えない部分でのバックアップが欠かせません。その部分のノウハウを取得しているため店舗毎に裏方の人材を募集して引き継いでいくよりもイオンディライトに発注したほうが効率の面で優れていると思います。

株価的には年初は落ち込んでいましたがそれ以降は右肩上がりとなっており、現在は4000円を前にして足踏みしている状態と言ったところです。業績的には前期の業績は小幅減収減益(純利益のみ増益)、今期は増収増益(純利益のみ減益)で予想しています。イオン本体の業績が落ち込んだとしてもイオンディライトの収益のブレは小さいため安定している会社になります。BPS1746.88円、予想EPS209.99円に対して現在の株価は3565円なのでPBR2.04倍、PER16.98倍となります。私が投資する銘柄の中ではちょっと割高に位置していますが、投資したのが2600円台でほぼ底値圏での投資が出来ているので現在は十分は含み益状態となっています。ここ数年の株価推移を見ると現在の株価はそれほど割高には位置していませんし、収益が安定している企業なのを考えれば十分持続できると思います。ちなみに配当は年84円、株主優待として100株で2000円分のイオンギフトカードが貰えます。なので100株辺りの利回りは2.92%となっており、3%には届きませんがそこそこの数値となります。

現在はコロナ禍で感染も拡大している状況なので投資するのも非常に難しいと思います。でも、長い目で成長する会社に投資をするにはリスクも低くなると思いますし、そういう会社の株価が割安に推移していれば絶好の買い場にもなりえると思います。イオンディライトも配当と優待を貰いながら長い目で成長を楽しみにしています^^






最終更新日  2021.08.23 07:30:02
コメント(2) | コメントを書く
2021.08.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
今回はパルグループホールディングス(2726:東1)を取り上げたいと思います。この銘柄は一昨日初めて買った銘柄になります(^-^;

元々「パル」は女性向け衣料品の会社のイメージでして、ファッション業界は業績の変動が激しく私は先を読む力が無いのでどちらかと言うと敬遠している業界になります。(ファッションには疎いので(^-^;)
ですが、一昨日yahoo!ニュースでアマゾン意識 3COINSの舞台裏 - Yahoo!ニュースと言う記事が出ており、気になって分析し購入した次第です。
パルグループの子会社に「3COINS」と言う会社があり(前回四季報を分析した時に見たような気はしますがその時はスルーしていました(^-^;)、業績が好調なのは以前新聞等(多分・・・)で取り上げられており知っていたので分析して深堀して投資したような感じです。

ここ20年位「100円ショップ」が好調に業績を伸ばしていますが、近年では成長性が鈍化しつつあります。基本的には出店余地が限られてきた事と「100円ショップ」のため原価が上昇しても売価に転嫁しづらいのが大きな要因になります。(もちろん高単価の商品もありますし頑張って開発していますけどね・・・)
ですが「3COINS」は基本的に300円の商品が主体のため原価が上昇しても100円ショップよりは吸収しやすいと思います。もっとも、100円ショップと同様の商品になってしまっては売れないですし、100円ショップより値段が高い分の付加価値(品質、デザイン)が重視されるため商品開発は大変だとは思います。ですが、この価格帯でチェーン店として展開している企業は少ないですし、ある面競合が少ないニッチ市場で上手く展開しているように思います。

パルグループの売り上げ構成は大きく分けて「衣料」「雑貨」「その他」に分けられますが「3COINS」を含めた「雑貨」の売上構成が年々増加してきています。具体的には2019年2月期は全売上高の26.2%でしたが2020年2月期は26.5%、2021年2月期は30.3%と3割を超えてきています。前期は「雑貨」についても売り上げが落ち込んでいますが、「衣料」の落ち込み幅が大きかったために相対的に構成比では大きく上昇した結果となります。業績も経常利益で2020年2月期が9168百万円を計上していたのが2021年2月期は1052百万円と大きく落ち込んでいます。ですが、当初は経常損失で予想していたのが「3COINS」の好調によって上方修正となりました。また、ECについては年々衣料品の中での売り上げ構成が上昇してきており2019年2月期15.8%、2020年2月期18.1%でしたが、2021年2月期には31.4%にまでなっています。「3COINS」を主力とする雑貨事業は[新規出店>退店]により店舗数が拡大していますが衣料品事業はその逆で[新規出店<退店]により店舗数が減少しており、販売費が低減できるEC事業を大きく伸ばしているので理想的な業態転換となっています。いずれは[雑貨>衣料品」の企業グループとなり、更にECが衣料品の過半数の売り上げになると思いますので市況に左右されづらい強固な企業ポートフォリオが形成されると思いますのでそこまでの間の収益のブレが我慢できればと思っています。

もっとも今期の業績は第1四半期で対前年比で売上高97.1%増、経常利益1757百万円(前期△3224百万円)、純利益1100百万円(同△2200百万円)と業績は前期比でかなり上振れしています。通期予想は十分達成可能だと思いますし足元の業績も好調なので現在の株価ならば長い目で成長を期待できると思っています。中期経営計画も公表していますし、市況によっては計画の遅延はありえると思いますが企業規模が現在の倍になれば利益は当然3~4倍にはなります。

ちなみに現在の株価1595円に対して配当が年50円(前期比倍増)なので配当利回りは3.13%と3%を超えていますし、優待は年1回グループ会社の割引券(店舗利用15%引、宿泊利用50%引)が貰えます。(100株で2枚)

現状の株価ならばそれほど割高感は無いですし、今後の成長を考えれば3000円位は狙える銘柄なので長い目で期待しています^^






最終更新日  2021.08.12 12:57:18
コメント(2) | コメントを書く
2021.08.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
今回は埼玉地盤の食品スーパーのマミーマート(9823:JQ)を取り上げたいと思います。

マミーマートは以前にも書いたことがありますが食品スーパー事業を堅実に経営している会社になります。売上高1000億円台の中堅企業と言った感じですが着実に成長しています。前期はコロナの影響がプラスにはたらき対前年比で売上高14.1%増、営業利益188.9%増、経常利益142.5%増、当期純利益279.0%増と非常に好調な決算となりました。

その結果を受けて今期については売上高こそ1.0%増で予想していますが、営業利益△17.8%、経常利益△16.3%、純利益については前期減損損失が10億弱あった影響で3.3%増となっています。(2/12の1Q発表時に公表) ですが、2Qの業績は対前年比で売上高12.3%増、営業利益83.9%増、経常利益76.5%増、純利益86.5%増と好調であった前期をも大幅に上回ってきています。通期予想EPS253.90円に対して2Qまでで223.89円を計上しており既に88%を超えてきています。ちなみに前期は営業利益の比較では上半期で通期の38.5%、下半期で61.5%を計上しており季節的な変動がとても大きな会社ではないですし、どちらかと言うと下半期の方が利益計上していますので通期予測については非常に保守的になると思います。

株価指標的にもBPS2625.29円、EPS253.90円に対して現在の株価は2309円に過ぎないのでPBR0.88倍、PER9.09倍に過ぎません。最終的にはEPSで350円~400円になると思いますので現在の株価ならば最低でもPER6倍台になると思っています。食品スーパーやホームセンターの業界は今期の予想が落ち込む前提で収益予想を立てていますが、これだけ好調ならばいずれ見直されると思っています。前期に引き続き今期も予想以上に好調だと来期はさすがに厳しいかと思いますが着実に成長している会社は株価評価も変わってきます。

また、今期は中間配当を2月12日に18円と予想していましたが特別配当6円を付与して24円としてきました。現状では期末配当は18円のまま据え置きなので中間配当>期末配当となっていますが、いずれ期末配当も+6円以上は計上してくる可能性が非常に高いと思います。(100%増配になると思っています)
優待も年2回実施していますし個人投資家に優しい銘柄だと思いますので長い目で期待していきたいです^^






最終更新日  2021.08.10 12:45:17
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全452件 (452件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 46 >


© Rakuten Group, Inc.