2021.09.17

九州電力

(2)
カテゴリ:カテゴリ未分類
忙しくてバタバタしてて日記を書くのがちょっと空いてしまいました(^-^;

今日は九州電力(9508:東1)を取り上げようと思います。電力各社は国のエネルギー政策や今後の環境規制等によっても業績が左右されます。なので個別の業績よりも業界全体の動向に株価が引っ張られる気がします。

ただ、電力各社の中でも九州電力は一番割安な株価ではないかと思っています。会社の内容は言うまでもないと思いますが原発は計4基所有しており、電力自由化により首都圏への電気販売が伸びているようです。

指標的にはBPS1192円、予想EPS90.69円に対して株価は865円なのでPBR0.73倍、PER9.54倍となっています。両指標共に割安な水準となっており、更に1株配当が40円で予想しているので配当利回りは4.62%とかなり高い水準となります。本日発売の四季報では来期の予想が増収増益となっており、収益的にも伸びつつあります。過去の株価チャートを見ても現在の株価水準は割安に位置していますし、配当利回りやその他の指標を考慮しても下値不安は非常に乏しいのではないかと思います。

民間企業とは言え公共的な意味合いの非常に強い会社であり、株価の大幅上昇は狙えないとしても4%後半の利回りが確保できれば十分ではないかと思います。私はポートフォリオの一環として些少の株数しか所有していませんが、安心して所有できる銘柄なので個人的には気に入ってる銘柄です(^-^;

資金的に余裕のある方は配当狙いで気長に所有するには良い銘柄だと思います^^





TWITTER

最終更新日  2021.09.17 12:39:15
コメント(2) | コメントを書く