129943 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

レグザ録画ハードディスク復旧研究所

2021.04.10
XML
カテゴリ:東芝レグザ
認識しなくなったレグザのハードディスク復旧の代行作業​を行っているのですが、今回は東芝純正USBハードディスクTHD-250T1A(2.5TB)の通常録画用500GBハードディスク[C]から録画番組を復旧しました。
東芝純正USBハードディスクTHD-250T1A(2.5TB)はこのような外観です。
中にタイムシフト用3.5インチ1TB HDD×2、通常録画用2.5インチ500GB HDDが入っています。

対象機種
THD-450T1A: 50Z20X、Z10X/J20X/Z9X/Z8X/Z8/Z7シリーズ
THD-250T1A: 50Z20X、Z10X/J20X/Z9X/Z8X/Z8/Z7シリーズ
THD-450T1  : 55J20X、65・58Z10X、84・65・58Z9X、Z8Xシリーズ、55Z8、Z7シリーズ

通常録画用2.5インチ500GB HDD[C]が認識しなくなったとのことです。
さっそく作業用パソコンに接続して状態をチェックします。[C]通常録画用はUSB 2.0ですね。


CrystalDiskInfoでは容量が正しく認識されていますが、健康状態は注意です。
今回復旧するTOSHIBA MQ01ABF050 500.1GBです。使用時間56564時間でした。



Ubuntuで確認したら、「64個の不良セクターがありますが、使用可能です」と表示されていました。
REGZAでの認識に必要なUUIDを控えておきます。

本体を確認したら、2014年製でした。


Raise Data Recovery(復旧天使)で確認すると、パーティションがSGI XFSで正しく認識できました。


次に不良セクタをHDD Regeneratorで修復します。USB 2.0接続なので時間が掛かります。


70個の不良セクタが見つかり修復されました。
これで録画番組がバックアップ可能になりました。


Raise Data Recovery(復旧天使)で録画番組をバックアップします。


497GB、47番組すべてがバックアップできました。




HDDに不良セクタが多数あったため、録画番組の移し替え先の新しい外付けHDDを購入して送っていただきました。
録画番組を移し替えた新しいHDDは、故障前の旧HDDとしてテレビに認識してそのまま利用できます。Ubuntuで新しい外付けUSB ハードディスク BUFFALO 2TB USB HDDに録画番組を移しました。


「接続確認し、録画番組見れるようになっていました。泣きそうになっていた娘に笑顔が戻りました。」との感想をいただきました。復旧できてよかったです。

認識しなくなったレグザのハードディスク復旧の代行作業​を行っています。






Last updated  2021.04.10 16:33:26
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.