000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

東京・スピリチュアルヒーラーれい華のブログ

2008年07月14日
XML

RIMG0030.JPG

スエットロッジとは誕生と生まれ変わりの儀式です

ドーム型のテントの中で行われます

ストーンピープルと呼ばれる真っ赤に焼かれた石が運び込まれ

自然やすべてのものに感謝し、平和を祈り、そして身体と魂を

浄化するセレモニーです

 

スエットロッジの流れ

RIMG0008.JPG

まず薪を並べます

 

 

RIMG0010.JPG

中の石をみんなで外に出します

 

 

RIMG0013.JPG

薪の上に石を積んでいきます

 

 

RIMG0020.JPG

落ち葉や木の枝を拾ってきて火がつきやすくします

 

 

RIMG0029.JPG

火がつき薪が燃えだしました

 

 

RIMG0036.JPG

薪が燃えて、石が燃えるように熱するまで待ちます

太鼓を叩いたり、笛を吹いたり、それぞれが楽器を鳴らしクライマックスを待ちます

この一角だけ、どこからとなく風が吹き始め、精霊たちが周りに集まってきてる雰囲気です 

 

 

RIMG0040.JPG

これはテントの中で熱い石にかけるのですが、待っている間に削りすぎて

沢山かけたので大変なことになりました

 

 

RIMG0063.JPG

石が真っ赤に燃え、さ~ これからテントの中に入ります

入る前にセージを燻し、鳥の羽で前も後ろも清めます

その時、アホーといいます

テントの入り口で、額を土につけ大地の神に感謝し、アホーと言って中に入ります

 

熱い石が中に入れられ、テントの入り口が閉められ、主催者が神に祈りを捧げます

燃える石に水がかけられ蒸気があがり、一気に中が蒸せあがります

それに削りすぎた 木のやつ(名前が分からない)を沢山かけたらしく

全員が目が痛くなるし、蒸せてるし、当然熱いし、1ランド持つかな?と不安がよぎりました 

去年もやったけど、熱くて苦しくて2度とやりたくないと思ったほどです

みなさんをシャスタにお連れするのにスエットロッジを外すわけにはいかないし、、、、、

熱い熱い時間でしたが思ったより早く入口を開けてくれました、、、助かった!

1ランド終了

ここで2人脱落

 

この2人のお陰で主催者が長いとダメかもと思ってくれたらしく?

あと3ランドやったのですが去年の3分の1の時間でした

しかも中が余裕があったので横になってテントの下をめくって外の空気が少々ですが

吸えたのです。

横になるとまるで違います。座っていると直に火を受けますが、寝てると受ける

面積がまるで違うし、顔を火でないほうに向けられます

1ランドの時、熱いし蒸せるし匂いが強烈でどうなるかと思いましたが

時間を短縮してくださったので、みんな4ランドまで無事に終了しました

 

終わったらみんなでテントのお片づけです

毛布や厚手の大きな布をテントにかぶせてあったのです

外すとかわいらしい骨組です

あんなに熱くて大変だったのに、この骨組みさん、終わったら涼しい顔しています(笑)

RIMG0064.JPG

 

 

 

「能力開発 開運 鬱や統合失調症や登校拒否や過食症などの精神疾患改善請負人 GODヒーラー ライトワーカーれい華です。いつもブログをお読み頂き有難うございます」 


精神世界ランキング今日もワンクリックのご協力を!ぺこり

 

 

 







Last updated  2013年06月06日 15時49分49秒
[スピリチュアル シャスタ] カテゴリの最新記事


PR

X

Profile


ライトワーカーれい華

Recent Posts

Category

Archives


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.