2390445 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

東京・スピリチュアルヒーラーれい華のブログ

全9件 (9件中 1-9件目)

1

全て | カテゴリ未分類 | セッション | セミナー、ワークショップ | 2008,7 シャスタ | 2007,5 シャスタ | 2008,9 エジプト | 2008 沖縄 | 神社仏閣 東京編 | 神社仏閣 関東編 | 神社仏閣 関西近畿編 | 神社仏閣 中国編 | 神社仏閣 九州編 | 神 女神 マスター関係 | 他セッション | その他 | 日々の暮らし | 2009,1 沖縄 | 2009,2 ハワイ | 2009,3 アーユルヴェーダの旅 | 介護 | 2009,7ハワイ | 出版&メディア掲載 | 2009,11ハワイ結婚式 | 元気文 | 2010,3 エジプト | 2010,5 モンサンミッシェル | 2010,7 セドナ | 2010,9 ギリシャ | 2010,10イタリア | 神事、アセンション | 雑記 | 2011,3ペルー | 2011,4カウアイ オワフ島 | 2011,7 ギリシャ | 2011,8 再びのペルー | 2011,10屋久島 | 2012年1月スリランカ | 2012,3 イースター島 | 2012,5フィンドホーン | 他セミナー、講演会、パーティ | ホームページ | 2013、3エジプト | 2013,7アッシジ | FMテレビ&ラジオ | 光のギフト YouTube | メッセージムービー | 2016,5 ハワイ | 2016,6カルフォルニア | 2017年4月 インドネシア | 2017 マウイ島

2011,7 ギリシャ

2011年09月02日
XML
カテゴリ:2011,7 ギリシャ

IMG_1926.JPG

旅行会社の船の手配ミスがあったので お詫びに

なんと!大統領も会食するという パルテノン神殿の真下の豪華レストランで夕食です

ディナーが格上げになったのです(笑)

思ってもいなかったので ラッキー とワクワク気分でレストランへ

旅行会社も大変ですよね   予約してあった元々のレストランも材料を仕入れているでしょうから

お金を払わないといけないでしょうし また高いレストランの分も払わないといけない

 

 

飲み物もすべて他のレストランより2~3倍の値段です

なんと!なんと! 娘がシャンパンをご馳走すると言うのです、、、、、滅多にありません(笑)

最初のオードブルが見た目お洒落で美味しかったです

ピアノの演奏を聴きながら 美味しいお料理を食べるなんて幸せです

外のパルテノン神殿も ライトに照らされて周りが暗くなると豪華さが増してきます

 

私達のグループは新婚さんが3組いらして 2組がたまたまお隣と向かいに座ったので

慣れ染めを聞きながら お食事しました

 

IMG_1971.JPG   IMG_1976.JPG

 

 

 

IMG_1995.JPG

 

 

 

IMG_2014.JPG

 

 

朝起きて どうも昨日のパルテノン神殿に 光が降リてない気がしました

この為に来ているのに 仕事をしなければ意味がない

しかも重要な任務なのです

旅行にしょっちゅう行って楽しそうでいいな~と思われるかもしれませんが これってボランティアなんですよ

ありがたい事に光の写真集が出版されるので 取材と言う形で来れますが、、、、、

と言っても何処からかお金が出る訳でなく 自分で出すのだから同じです 完全なボランティア自費です

今日は午前中自由行動で 午後からそれぞれオプションがあって 夜JALで日本に帰ります

 

今回のホテルはパルテノン神殿に歩いて行ける距離なので助かります

娘とパルテノン神殿に行くと 物凄い人人人です

それぞれの国のツアー客でごった返していました

数日前に ストでクルーズ船の客2000人がパルテノン神殿まで来れなかったそうで 売り上げががた落ちだったとか

経済が混乱しているのだから ストをしないで働きなさいって感じです

 

あまりの人なので 中に入らず まずミュージアムに行って時間つぶしをすることにしました

ミュージアムの下にある遺跡です

アテネは掘ると至る所に遺跡があるようで 泊ったホテルの下にもガラスで覆われた遺跡がありました

IMG_2051.JPG

 

ここは来て良かったです

パルテノン神殿や 他の神殿で出てきた古代ギリシャの神々の像が 綺麗に展示されています

凄い素敵♪

ギリシャに行く機会があったら 是非また行きたいぐらい良かった♪

 

IMG_2061.JPG

 

私の思ったとおり(笑) お昼はツアー客はランチを食べにレストランに行くのでその時間に合わせたのです

良かった! 朝に比べたらかなり空いていました

 

昨日は暑いし ツアー客と一緒だったし 日陰でもない所に30分も座っていられません

日陰がないか探すと メイン神殿の前に見張り小屋があって 小さな長椅子がおいてあってかろうじて日陰です

外人のおじいさんとおばあさんとガイドが座っているので なんとか立ってくれないかな~と思ったらおばあさんが見学に立ちました

時間が無いので遠慮なく座って 早速光を降ろしました

物凄く強烈な光が 光の帯となって降りて来ました

良かった!   どうやら目的を果たせたようです

 

ここは人間が思う以上に特別な場所のようで

建築にも神々が関わっているし そのエネルギーは今もヨーロッパに影響を与えているらしいのです

もっと調和しないといけないし もっと神々がパワーアップをしないといけないのです

パルテノン神殿の柱のように アセンションを支える1つの柱に私がなるのだそうで

柱になると言うことはギリシャの神々にアセンションライトワーカーとして認められるということらしいです

本物のライトワーカーってあまりいないそうです

あまり細かく書けませんが 光を降ろした後 神々が称賛するライトワーカーになったと面白い方法で教えてくれました

高次のエネルギーだけ動かすのは大変ではないのです

光を地上に降ろすのも大変ではありません

でもその土地の神々やいろんな物を含めて 根底から変える光をおろせるのは大変で

出来る人が限られるので任命されると言うか 役目で地球に来ているのでしょう

それでも自分の事は半信半疑で疑うので 何処の国に行っても日本に帰ったら必ず優秀な能力者に査定して貰っています

私の周りを取り囲んで大喝さいをしている神々が見えたそうで その能力者も泣いていました

個人セッションをしていても 自分の能力が上がったのがはっきり分かります

地球創世記からいる古い魂です

今回が人間として最後で 最高の人生になるようですが(笑)

やっとここまで来たのかって感じです

こんなことまで書いていいのだろうか?  

 

IMG_2082.JPG

 

やっと自分の役目を果たせて ほっと一安心で午後からポセイドン神殿に向かいました

ここ スニオン岬は夕日が綺麗と有名なのだそうです

エーゲ海に沈む夕日は 何処でみても綺麗だと思いますけど

IMG_2204.JPG

 

ギリシャの旅を読んで下さってありがとうございます

次に今年2度目のマチュピチュに行くのですが このギリシャで成長した私のエネルギーが必要なのです

次回はマチュピチュの旅です

 

IMG_2230.JPG

 

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪ 



 

 







最終更新日  2012年04月12日 16時13分29秒
カテゴリ:2011,7 ギリシャ

 

IMG_1667.JPG

 

 

サントリーニ島の美しい景色をご覧ください

 

 

IMG_1688.JPG

 

 

 

IMG_1692.JPG

 

 

 

IMG_1696.JPG

 

 

 

IMG_1707.JPG

 

 

 

IMG_1751.JPG

 

隣の部屋は別のグループの新婚さんで なかなか帰った様子がなかったので心配しました

あのボロ船に乗った人達は ちゃんと帰りついたのだろうか?

ベランダに出てライトアップされた青いドームを見ていたら 11時過ぎに隣の明かりがついたので ほっとしました

なんとか無事に陸についたようです  新婚さんだからその後遊んでたんでしょうけど

 

次の日は お昼から飛行機でアテネに向かうので サントリーニ島ともお別れです

朝食を済ませたら ホテルの周りを散策しながら撮影タイム

ホテルの裏側になるのですが こちらは観光客が少なくて でも白くて小さな可愛いホテルや

タベルナ(レストラン)があって エーゲ海の青さと白の建物がマッチして素敵です

去年来た時は反対側のイアの町が素敵で 今泊っているホテルのあるフィラは土産物屋ばかりで良い印象が無かったけど

素通りだけで印象を決めていた事に反省

イアやフィラの町は断崖沿いに建っているので 海に足をつける事も出来なかったけど

反対側には海水浴場もあるようです

昨日の自由時間にワイナリーに行ったご夫婦がいらしたのですが ワインも有名なようです

最初の日 娘が最高の部屋をゲットしてくれたので 

(不公平が無いように この時だけ部屋割がなく 自分たちで鍵をとる方法だった)

反対からみるとそれだけ不公平がある部屋ということ

海も夜景も見えない部屋もあったようで 他の人達は朝日を見るのに外に出ていました

私と娘の部屋は 正面が朝日の上るのが見えるエーゲ海 そして青いドームも近くに見えるし

隣の新婚さんよりテラスも2倍あって 2グループで1番いい最高のお部屋でした

部屋に居て 目の前の海の地平線から 朝日が上がって だんだん周りが

オレンジ色に染まる光景は最高でした

サントリーニ島を満喫して アテネに向かいます

 

IMG_1759.JPG

 

アテネ空港に着くと この会社のヨーロッパの担当と現地の会社の社長が並び

昨日の船の手違いをお詫びされました

JAL特別便のギリシャ直行で それぞれコースは違うけど 最初と最後は同じ飛行機にのるのです

300人以上なので ざっと計算しても1億円以上の大イベントです

ギリシャの船会社の社長が緊急入院をして 部下に船の手配を指図してなかったようです

 

バスに乗って早速オリンピック広場に 

マラソン発祥の地なので一応走っているポーズ(笑)

IMG_1905.JPG

 

 

IMG_1790.JPG

 

今回の旅の最大の目的は このパルテノン神殿に光を降ろすこと

IMG_1846.JPG

 

 

今日の夜は なんとパルテノン神殿の真下の 大統領がディナーを食べにくると言う最高のレストランでお食事です

船の手違いのお詫びだそうで レストランが格上げされたのです、、、ウフフ  ラッキー

一旦ホテルに戻って 歩いてパルテノン神殿のレストランへ、、、ワクワク

急遽なので 正装でなくていいと言われましたが 娘はちゃんとドレスアップして

私はしょうがないので ワンピースに青いショールをして誤魔化しました(笑) 

どんどん周りが暗くなって ライトアップされたパルテノン神殿がとっても綺麗でした

次回に 

 

IMG_1915.JPG

 

 

IMG_1914.JPG

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪ 







最終更新日  2012年04月12日 16時14分03秒
2011年08月31日
カテゴリ:2011,7 ギリシャ

IMG_1348.JPG IMG_1349.JPG IMG_1350.JPG

3日目の夕日鑑賞は クルーズ船に乗って 島巡りをするらしい

夕日鑑賞がメインって 今迄気づかなかった(笑)

でもクルーズ船に乗って ワインを飲みながら 夕日を見るなんて素敵!!

みんなそれぞれにお洒落をしています

まずは タベルナで夕食

ここからの夕日で十分ですと思うくらい 眼下にエーゲ海が広がっているし ちょっと時間が経つと夕日が見れるはず

 

高所恐怖症の私は 去年2度と乗りたくないと思ったロープウエィで下に降ります

私達のグループともう1つのグループの方たちと一緒です

今日は火山まで登って その後島まで何メートルも泳ぐオプションもあって 私は参加しなかったのですが

暑くて火山までしんどい思いをして歩くのは地獄のようだった(笑)と一人参加の人が話してました

私はそれよりも 島に行くのに船から何十メートルも泳ぐと言うのに驚いたのですが 

さすが参加する人達は泳ぎが達者のようでした

 

IMG_1368.JPG

 

船がなかなかきません

あれ!夕日が沈みそうなんですけど、、、、、

 

 

IMG_1383.JPG

 

手配していた船が来なくて 停めてあった船と添乗員が交渉したようです

まさか!! このボロ船??

添乗員は知らん顔で 平静を保ってと言った方がいいのかな  ジュースやワインを配り始めました

ツアー客は大騒ぎです

私達のグループはおとなしいのですが もう1つのグループはすさまじかったです

ノー   ノー  こんな船に乗れない と添乗員に詰め寄ります

 

後一人の添乗員が向こうから来たので 私がまず謝った方がいいよと注意しました

一言も謝らないで 飲み物を先に配るなんて 頭にくるに決まっています

クルーズ船に乗って夕日を見るとパンフレットに書いてあって それでこのツアーを選んだ人もいる訳ですから

お揃いのブルーのTシャツを着ていた 現地の係の女性3人も港に居たのに なんの仕事をしているのだろう

 

 

結局乗りたい人だけ行く事にしました

乗っても 夕日は沈んでいます

私と娘は乗りませんでした

4月にハワイに行った時 私はイルカと遊ぶツアーに申し込んでと娘にお願いしたのです

てっきりプールでいるかと遊ぶのかと思っていたら なんと海でだったのです

娘は船酔いでゲーゲー吐くし

プールで泳いだ事もないのに いきなり何メートルもある海にゴーグルをつけて入ったので私はちょっとパニックになったのです

だから暫く小さな船に乗りたくなかったのです

その経験があったので 乗らないことを選択して大正解でした

後から聞いたら コーラの缶が先から後ろまで転がっていたそうで 要するに物凄く揺れたのです

生きた心地がしなくて なんとか無事に陸に着くように祈っていたと言ってました(笑)

 

娘が言いました

”お母さん ノーと言える勇気も大切なんだね”

そうですよ  いくらツアーに組み込まれていたって 命の危険を感じたら従うことはないのです

IMG_1366.JPG

 

怖いロープウエィに乗って ホテルに急ぎました

私が最初の日 ホテルの裏の ここからの夕日を撮りたいと思った場所

何とか間にあいました

地平線が赤く染まっています

後5分でも早ければ 素晴らしい夕日が見れたのです

ご丁寧に高級レストランばかり用意しなくても 自分たちが泊っているホテルからの眺めは最高だったのです!!

 

IMG_1424.JPG

夜 光が何度も来ました

昨日 降ろした光があまりにも強烈だったので 思い出していると

 ” 頭の上 ”と言う声

見ると  輪っかが

頭のちょっと上に 輪っかがあるのです

え~~~~~~~ ?  

どういうこと!! 

 

こちらは次の日の朝日です

IMG_1510.JPG

 

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪  



 







最終更新日  2012年04月12日 16時14分34秒
2011年08月29日
カテゴリ:2011,7 ギリシャ

IMG_0829.JPG

大自然が造り出した アトランティスの伝説漂う美しき島 サントリーニ島

キクラデス諸島の南端にある サントリーニ島はエーゲ海でも最も美しい島の一つです

中心フィラの町では 断崖絶壁の上に白亜の街並みが広がり 

北端イアの町には 印象的な青いドームの教会があります

 

青いドームの教会はイアの町の象徴かと思っていたのですが フィラの町にもいくつかあって

上の写真は ホテルの玄関側で ちょっと坂を上がると 直ぐ下に見えました

ここからの夕日も綺麗と聞いていたので 是非写真を撮りたいと思ったのに

3日とも違うレストランで食べながら夕日を見るのだそうです

 

IMG_0859.JPG

 

 

 

 

IMG_0955.JPG

私達が泊ったホテルのあるフィラの町は サントリーニ島の中心地で

海底から300メートルの崖の上にある町です

土産物やさんやカフェやレストランが沢山あります

日本人には可笑しいのですが レストランの事を ”タベルナ” といいます

写真では上手く撮れませんが 白い建物がとっても可愛いです

IMG_0963.JPG

 

 

 

IMG_1019.JPG

タベルナに入って 朝だったので アイスコーヒーと果物を頼みました

ホテルの朝食も食べたのですけど(笑)

アイスコーヒーは日本のさっぱりしたタイプではなく カピチーノとミルクの濃厚な味です

目の前はエーゲ海が広がり 火山活動によってできた島々が沢山あります

そしてエーゲ海をクルージングする大型クルーズ船が停泊していて

小さなボートで島に上陸します

去年はエーゲ海クルーズでいろんな島を周ったのですが 

人数の多い国順にアナウンスがあって日本人は4番目の上陸でした

 

IMG_1036.JPG

 

ホテルに帰って サントリーニ島に光を降ろすと 目も眩むほどの強烈な光が降りて来ました

この強烈な光が これから起こる凄い出来事の始まりの合図だったかもしれません

 

夕方はイアの町に出掛けて その帰りに夕日の見えるタベルナでディナーです

イアは小さな町で 道幅も狭く 両側に教会やお店がびっしり並んでいます

IMG_1102.JPG

 

 

 

IMG_1109.JPG

 

 

 

IMG_1132.JPG

 

 

 

IMG_1181.JPG

 

夕日の見えるタベルナはイアとフイラの中間にありました

本当は絶景だと思うのですが この日は太陽が雲に隠れてはっきり見えませんでした

 

寝る前に何度も光がきました

昼間の強烈な光となにか関係があるのでしょうか?

IMG_1217.JPG

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪ 



 







最終更新日  2011年08月29日 23時35分34秒
2011年08月18日
カテゴリ:2011,7 ギリシャ

IMG_0818.JPG

去年エーゲ海クルーズで 私が一番印象に残ったし 良かったと思った島がサントリーニ島だった

というか 行くと決めたのがパルテノン神殿が最大の目的ではあったが

写真はサントリーニ島で撮りたいと思ったからだった

白い建物が沢山立ち並び よくパンフレットで見る青いドームの教会

添乗員さんの説明を聞きながら ツアー客と一緒に周っていると 時間が無いし 写真に人が入りすぎてしまうので

添乗員さんにお願いして 私だけ別行動にして貰った

その前の島々で 光の写真が撮れていたので 黙っていようと思ってもばればれだった(笑)

熱い太陽が照りつける7月のサントリーニ島で 走ったのなんの

なにしろ道幅が狭い  そこに大型クルーズ船が何隻も入港して 

どさっと観光客を降ろすのだから ラッシュアワーのように人が溢れるのだ

時間もないし 空いてる場所や 絶景ポイントを探して 汗だくだくで駆けずり回っていた

集合時間まで 後5分という時 引き返すのに道幅が狭くて 人が多すぎて勝手に前に進めない経験をしたのは初めてだった

それでも 広い所にでたら猛ダッシュで走ったので なんとか遅刻しないですんだ

 

それがサントリーニ島の北端にあるイアでの経験

それからバスに乗って フィラの街を少し歩きながら 港に降りるケーブルカーに乗るのだが

フィラの街はお土産屋さんばかりで綺麗じゃないし わざわざ車に乗ってフィラに来るのなら

最初からイアの港にクルーズ船を停泊させてくれればいいのにと皆から苦情が出るほど

フィラは印象が良くなかった

(本当は地形的に大型クルーズ船は フィラの方じゃないと停泊出来ないみたいだ)

高所恐怖症の私は 2度と乗りたくないと思った程ケーブルカーも怖かった

 

という印象だったので 今回はサントリーニ島に3連泊のツアーなのだが ホテルがイアだったらなと思っていたのだ

たかが観光客で ちらっとフィラの街を歩いただけで 良くなかったと決めつけていたのだ

3連泊したのはフィラのホテルだったが なんとフィラの街が大好きになった

多分このホテルが良かったせいかもしれない

そこから足をのばして いろいろ探索したので面白かったからかもしれない

 

IMG_0657.JPG

サントリーニ パレスホテル

到着したら レストランに集まって 部屋割があったのだが いつもは添乗員さんが決めるのだが

公平にと言う事で 鍵を自分たちでとって下さいと テーブルに並べたのだ

部屋によって随分違うと言う事!

要するに ワイキキのようにオーシャンビューもあれば ダイヤモンドヘッド側とか 街並みしか見えないとか格差があるのだろう

娘に行かせた

変な部屋だったら どうせお母さんに文句いわれるよと言いながらテーブルへ

なんと なんと最高の部屋だったのだ~~~~~

 

 

IMG_0666.JPG

 

部屋に行ったら 着替えて直ぐに夕日の見えるレストランへ

他の人達はトランクが部屋に運ばれないまま 直ぐバスに乗ったらしい

トランクの所にポーターがいたので これとこれって娘が指さしたので 私達だけトランクが部屋に直ぐ運ばれてきたのだった

それは娘に後から聞いたのだが 部屋のくじ運といい 機転がきいて大活躍だった

娘はドレスアップして夕食へ

IMG_0674.JPG

 

 

           IMG_0679.JPG

          IMG_0680.JPG IMG_0682.JPG

          サラダの上にのっているのは 名物のやぎのチーズ

 

 

直ぐ近くに青いドームの教会が、、、イアだけでなくフィラにも幾つも青いドームの教会がありました

バルコニーから撮影しています

IMG_0693.JPG

 

 

目の前の海から 日の出が上がってくるといいのにな~

そしたら最高なのにな~ と思いながら 

朝早く起きて海を見てると 真っ赤に地平線が染まり出したではありませんか

最高!!   

感動!!

サントリーニ島の朝日を 部屋から見れるなんて!!

娘も起こして 二人で撮影タイムです

泊っている間 なんど私のお陰だからね を聞いたでしょうか(笑)

IMG_0714.JPG

 

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪  

 







最終更新日  2012年04月12日 16時15分28秒
2011年08月16日
カテゴリ:2011,7 ギリシャ

IMG_0490.JPG

 

 

 

 

IMG_0561.JPG

 

アポロンとアルテミス誕生の神話

巨人族の娘レトはゼウスに見染められ ゼウスとねんごろになって子を宿した

それを知ったゼウスの神妃ヘラは 嫉妬の炎を燃やし 「レトに安住の地を与えてはならぬ」と

全土に厳しいお触れを出し 出産の邪魔をするようになる

それはレトから生まれてくる子供達はヘラの子供達より素晴らしい神になると聞かされたためだった

ヘラの神威を恐れて 皆がこのお触れに従ったので レトは落ち着く先が無く

大きなお腹を抱えて 泣く泣くあちこちをさまよい歩いた

最後にゼウスの兄弟のポセイドンに救いを求めたのだった

 

無人の浮島オルテュギアが彼女を受け入れ ポセイドンはその浮島を4本の黄金の柱で固定した

それがエーゲ海の真ん中にあった小さな島デロスで レトによって「輝ける島」と名付けられた

デロス島は彼女に同情し そっと住まわせてやることにした

これが神話 島も生命あるものとして登場する

 

ヘラはたちまちに知って また別の手でレトを攻めにかかった

産気づいたレトはデロス島の池のほとりに両膝をつき そこに生えていたヤシの根元を掴み

陣痛の苦しみに耐えたが 九日九夜たっても出産できず 苦しみは増すばかりだった

難産で苦しんでいる女性をみたら 普通は安産の女神エイレイテュイアが天井から飛んできて

助けてくれるものだが ヘラが安産の女神の周りを雲で囲んで 見えないようにしていたのだ

幸いにも他の女神たちがレトに同情し うまくヘラの気をそらしておいて

安産の女神を連れて来てくれたので やっと無事にお産を果たすことが出来たのだった

 

こうして生まれたのが アポロンとその妹アルテミスだった

まず月の女神アルテミスが誕生し アルテミスはレトが太陽神アポロンを産むことを知っていたのですぐに手伝った

レトはシュロの木につかまり 子供たちを産んだと言われている

レトは子供たちを大切に育てた

 

アルテミスは純潔と狩猟の女神であり 月の女神でもある

弓矢を持ち猟犬を従えて 野山をかけまわっていた

また自らの処女を守り それにまつわる神話も多く ローマではイタリアの古代の女神ディアナと同一視されている

アポロンは太陽と美の神

美術や音楽 詩歌の神でもあり 偉大な力をもっている

神々の中でも最も美男と言われ 数多くの神話が残っている

 

 

IMG_0603.JPG

 

ギリシャから帰って セッションをしていると 地方からご夫婦でいらした奥様の過去世で デロス島が出てきました

こういう風に行ったことのある土地が見えると 直ぐ分かって助かります

私は過去世に居た場所に行かされているようなので 彼女とはこの地で縁があったのでしょう

私のブログを見て 「 あ!この人 」と私を見つけ セッションの予約をされたそうです

魂が覚えているということなのでしょう

旦那様は付属で連れてこられたみたいだったけど(笑う) 1回目で素敵な体験をされ

小さなお子さんがいるので両親に預けて 春休みと夏休みの年2回いらしていて今回で4回目?かな

1回目は連れてこられたはずの旦那様の方が素敵な体験をしたので

「 また受けたい~~予約しよう 」と奥様に言ってらしたですね(笑)

私のセッションルームは神々が沢山いるセッションルームなので何が起きるか分からない(笑)

経験された方は楽しいと思いますよ

それにみんな良く泣きます  

魂が嬉しくて泣いているのですが 本人は何で泣くのか 涙が出るのか不思議だといいます

 

透視した奥様は

聖職者で白い服を着ていました

太陽の光線を跳ね返すほど 眩しいぐらいの白いドレスを着ているのです

それと今のデロス島は 写真の通り 遺跡でなにもありません

新しく建てた 博物館が奥にありますが 古代のものは残っていないのです

遺跡見学が好きでない人がいったら きっと楽しくないと思います 下に建物の跡があるぐらいです

ところが 見えたのは 大理石で出来た 立派な神殿です

正面しか見えませんでしたが なんて綺麗な白い大理石の建物でしょうか♪

下の方が 女神たちのドレスのように緩やかな曲線になっています

素晴らしい!!

凄~~~~~~く 素敵なんです

昔はこんなに素敵な建物が建っていたんですね

彼女を通じて 過去世の神々を祭る神殿を見せて頂くなんて!!

嬉しかったです

 

セッションの時も見えた物を話しますが セッションが終わって あまりにも建物が綺麗で

リアルに今 目の前で見ているかのようだったので 詳しく話すと

なんと! 小さな時ギリシャが好きで 白い服も好きで 両親に白いワンピースを買って貰っていたとか

奥様がセッションをしている時 旦那様は田園調布豪邸散策をしているのですが(笑)

帰ってきて一緒にお茶しながら 服の話しを聞いて不思議だねと驚いていました

今度はお子さんの冬休みに予約されて帰られました

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪ 

 







最終更新日  2012年04月12日 16時16分22秒
2011年08月12日
カテゴリ:2011,7 ギリシャ

IMG_0466.JPG

ミコノス島の5基の風車がある カトミリの風車から見る夕日は有名で 夜になると観光客が浜辺に溢れます

ツアーだったのでみんなでランチを食べたら 後は自由行動です

私と娘は ミコノスタウンの ブティックやお土産屋さんをぶらぶらして 疲れたらお茶して夕日を待ちました

ホテルが近ければ休みたかったのですが ホテルのバスも2時間に1本の運行だったので

帰らずに夕日を待ったので 時間を潰すのが大変でした

ブテックやお土産屋さんも沢山あるのですが なにしろミコノスタウンは小さいのです

デパートみたいに大きくて 暑かったら涼もうかと入る所もないし 休みたかったらお茶するしかありません

夕日が8時40分に沈むので 待つのも大変です

 

7時になったらレストランが混むので 早々と6時に行って お料理は後で注文する事にしてビールを飲んでいました

レストランの中に夕日が眩しく入ってくる頃になると

レストランの前の浜辺の道に テーブルが並べられます

 

夕日が沈む時間帯は 観光客はカメラを手に 浜辺に降りたり 海側に来て綺麗な夕日を写すのですが

夕日をみるクルーズ船も出てるのでしょうか?

丁度 船が通ったので 船と夕日と 絵になる光景でした 

 

9時30分にバスが迎えに来てくれるので ミコノスタウンから10分位の所まで歩きます

みんなそれぞれ自由に過ごしたみたいです

新婚さん達は泳ぎに行っていたり カメラマンのようなご夫婦がいらして 大きな一眼レフのカメラをぶら下げて

いつでも汗びっしょりで 走り回っていました  

きっと 素敵な夕日が撮れたのでしょうね

 

DSC03233.JPG

 

 

 

次の日は神々の島 デロス島に行きました

この島はかつては中心地で ミコノス島の方が 付属の島だったそうです

行ける曜日や時間帯も決められていて ミコノス島に泊らなければ多分いけないと思います

エーゲ海を周る 大型クルーズ船の停泊時間が長ければいけるかもしれませんが

IMG_0491.JPG

 

 

 

IMG_0507.JPG

 

世界遺産 デロス島

太陽神アポロンと月の女神アルテミスの聖地です

キクラデス諸島の中心に位置しています

小さな島ですが 古代には 宗教上 交易上 重要な役割を担っていたそうです

そして多くの巡礼者によって富を得てきたのです

 

 

今は博物館と 遺跡の広大な土地が広がっているだけです

日陰が無いので 喉も乾いて冷たいのが欲しくなります

帰り際に呑んだ オレンジのフレッシェジュースがとっても美味しかったです

 

IMG_0598.JPG

次回 神々の神話を載せます

 

 

 

ミコノス島に戻ると 澄んだきれいな海で観光客が泳いでいました

観光客が多いのに この澄んだ海はなんなんだろう

どうしてこんなに綺麗でいられるのだろう

本当に透明で綺麗です

あ~~ 私も泳げばよかったかな? と思いながら歩いていました

IMG_0624.JPG

 

ホテルからトランクも港についていて 自分たちで押して行って船に乗り込みます

私達日本人の2グループは建物の日陰で 船がつくのを待ちましたが 多くの外人たちは

暑い直射日光にあたりながら 船を待っていました

外人は日に当たりたいと思うようですが それでも辛抱強いんだなと思いましたよ

 

次の島  白い建物に青いドームのサントリーニ島に向かいます

IMG_0629.JPG

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪ 

 







最終更新日  2012年04月12日 16時17分15秒
2011年08月04日
カテゴリ:2011,7 ギリシャ

DSCF5061.JPG

丘の上の風車とこの教会が ミコノス島の象徴だと思います

港の突端に建つ 伝統的なキクラデス様式の真っ白な教会です

 

 

町の中心地ミコノスタウンからバスで10分位の所に2泊したホテルがありました

土地の傾斜を利用した 可愛らしい棟が並ぶ デラックスホテルです

IMG_0113.JPG

 

 

 

DSCF5176.JPG

 

 

私たちの部屋は一番高台にあったので眺めが素晴らしかったです

海が見えるのですが 朝の海は昼間のブルーと違って 朝日のせいでしょうがうっすらとピンク色をしていました

夜はベランダで星を見ていたのですが 海からの風が気持ちよかったし

ミコノスタウンの賑やかな様子と違って ホテルしかないのでとっても静かです

IMG_0098.JPG

 

 

レストランのすぐ上に 島のシンボルの5基の風車があります

ここは夕日のベストスポットです

夕日が沈むのが遅くて 8時40分だったので ランチを食べた後夜まで

買い物したり 写真を写したり お茶したりミコノス島を十分満喫しました

ただ ホテルが離れているし ホテルのバスが何時間おきだったのと 

ミコノス島のタクシーは20台しか無くて乗れるか分からないそうで もし個人旅行をしたいなら 

ミコノスタウンに歩いていけるホテルをお勧めします

ホテルが近いと休憩もできたけど 暑いし1日中外に居るのも疲れます

IMG_0262.JPG

 

 

IMG_0266.JPG  IMG_0275.JPG

 

 

 

キクラデス諸島の真ん中にあるミコノス島は 

夏は世界中から観光客が押し寄せる国際的な島です

島の法律で決められているそうで 建物は全て白です

これぞまさしく ”エーゲ海の島” って感じです

本当に綺麗です

昔は明日行く 神々の生まれた島 デロス島の付属の島だったのですが 現代は逆転していて

デロス島は遺跡の島になり 現在ではミコノス島が大変栄えています

島の中心のミコノスタウンは迷路のように入り組んでいて

狭い路地には可愛らしいブテックやお土産やさん 食べ物屋さんと沢山の店があって

買い物好きには魅力的な島です

娘も1番ミコノス島が良かったといっていました

私はなんど通っても道を覚えられなくて 娘が呆れていましたが

去年連れて来てくれた添乗員さんも 海辺のレストランに行くのに迷子になったのです

何度も何度も間違ったのですよ

道が迷路のようになっているのは 強い風を避ける為と

海賊を迷わせる為だったそうです

何処に出るか分からないけど散策するのも楽しいし

歩いていると必ず海のほうに出るので 方向音痴の私でも 海さえ出れば方向が分かりました

 

IMG_0242.JPG

 

 

IMG_0243.JPG

 

 

観光地なのに 本当に海が澄んでいて綺麗!

目の前で 魚が泳いでいるのが見えます

この後行ったサントリーニ島が絶壁の島で浜辺がなかったので

綺麗に澄んだミコノスの海で 少しでも泳げばよかったと思いました

せめて足でもつければよかった!

IMG_0239.JPG

 

 

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪ 

 







最終更新日  2012年04月12日 16時17分45秒
2011年07月28日
カテゴリ:2011,7 ギリシャ

DSCF5031.JPG

ギリシャへは日本からの直行便はありません

去年はエーゲ海クルーズに来たのですが、、、勿論写真を撮りになんですが

サントリーニ島の青いドームや 白い建物の景色が素晴らしかったので 

またいつか来たいと思ったのだけど まさかこんなに早く実現するとは!

 

旅行業社から送ってくるパンフレットを見てたら ミコノス島2泊 サントリーニ島3泊と書いてあって

夢のようではないか!!(笑)   そしてなんと直行便

絶対行きた~~~いと申し込んだ訳です

 

JALの特別便で 300人が同じギリシャに行ってコースが違うのです

だから成田のJALの受付カウンターは人がいっぱいでした 

行きは13時間30分 帰りは11時間かかるそうで 本来ならドバイ経由なのでかなりの時間短縮です

 

アテネに着いたら ホテルに1泊して 次の日の朝 ミコノス島に向かいます

クルーズ船が停まっているピレウス港に出発なのですが 22人のツアーなので 大きなバスもゆったり座れて楽ちんです

エーゲ海クルーズの船は 大きなマンションのような規模ですが ミコノス島行きの船はそれに比べたらかなり小さな船です

ギリシャの中を回るコース 島を回るコース 

島でも私達はミコノス島とサントリーニ島ですが クレタ島とサントリーニ島とか、、、あったようです

 

 

今ギリシャは大変な社会情勢ですが 私達のコースは何も影響が無かったですが

私が去年行った エーゲ海クルーズの人達は大変だったようです

タクシーがストで港の周りに止まっていて バスが進まないので 

300メートルぐらい先から降りて 自分の大きなトランクをおひとりおひとり クルーズ船まで押して行ったそうです

クルーズ船がストじゃなくて良かったって言っていましたが

観光で成り立っている国なのに、、、、、

しかもこの国 経済が成り立たないのが不思議でもなんでもないのです

話を聞いてると いつ働くの? いつ学校にいって勉強するの? と思うくらい休みが多いのです(笑)

 

DSCF5173.JPG

 

ミコノス島に着いたら早速 昼食でした

ミコノス島のスター ペトロ君です 

DSCF5051.JPG

 

 

 

DSCF5062.JPG

 

 

 

DSCF5106.JPG

 

観光地なのに 海が汚されて無くて 凄く綺麗です

直ぐ近くで 魚が泳いでいるのも見えます

この島は ゲイの島でも有名のようで 至る所にそれらしいカップルがいました(笑)

大型のクルーズ船が2~3船入ってくると 人がどっと降りてくるので 小さな島が混みあいます

可愛いお店が沢山あって 若い女の子にとって買い物天国です

その分お金がかかりますが

 

なんといっても人気なのが 白い壁でしょうか

法律で 壁は白く塗ると決められているそうで 統一されているので島全体が白と青でとっても綺麗!

 

今回の旅は写真を撮ることと 光を降ろさなければいけない場所があったのです

私達人間が考えているより 神々にとってギリシャはとっても大切な土地のようです、、、

 

DSCF5148.JPG

 

 

 

 

光が入っている 上の "人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです

↓ ここを押します 
   
air_rank.gif
         いつもご協力ありがとうございます♪ 







最終更新日  2011年07月28日 10時53分55秒
このブログでよく読まれている記事

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.