2389939 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

東京・スピリチュアルヒーラーれい華のブログ

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

全て | カテゴリ未分類 | セッション | セミナー、ワークショップ | 2008,7 シャスタ | 2007,5 シャスタ | 2008,9 エジプト | 2008 沖縄 | 神社仏閣 東京編 | 神社仏閣 関東編 | 神社仏閣 関西近畿編 | 神社仏閣 中国編 | 神社仏閣 九州編 | 神 女神 マスター関係 | 他セッション | その他 | 日々の暮らし | 2009,1 沖縄 | 2009,2 ハワイ | 2009,3 アーユルヴェーダの旅 | 介護 | 2009,7ハワイ | 出版&メディア掲載 | 2009,11ハワイ結婚式 | 元気文 | 2010,3 エジプト | 2010,5 モンサンミッシェル | 2010,7 セドナ | 2010,9 ギリシャ | 2010,10イタリア | 神事、アセンション | 雑記 | 2011,3ペルー | 2011,4カウアイ オワフ島 | 2011,7 ギリシャ | 2011,8 再びのペルー | 2011,10屋久島 | 2012年1月スリランカ | 2012,3 イースター島 | 2012,5フィンドホーン | 他セミナー、講演会、パーティ | ホームページ | 2013、3エジプト | 2013,7アッシジ | FMテレビ&ラジオ | 光のギフト YouTube | メッセージムービー | 2016,5 ハワイ | 2016,6カルフォルニア | 2017年4月 インドネシア | 2017 マウイ島

2012,3 イースター島

2012年04月09日
XML

IMG_0747.JPG

 

 

IMG_0751.JPG

 

 

IMG_0757.JPG

 

 

IMG_0758.JPG

 

最後の朝も15体のモアイのトンガリキに行ってきました

1番最初の日に逢った7体のモアイのアフアキビにも

行きたかったのだけど ツアーの皆さんと一緒のトンガリキにしました

アフアキビも透明感のある優しい空気が漂っていて 私が旅の目的を話した途端

直ぐにエネルギーが降りて来て驚いたところ

本当はもう1度逢いたかった!!

トンガリキは最初の日に来た時 雲がかかって15体のモアイから日の出が上がるのは見れなかったので

次の日は娘と2人でタクシーをお願いして来たら 素晴らしい朝日に出会えました

最後の日も綺麗に15体のモアイの間から朝日が上がるのが見れました

 

みんなが朝日が昇るのを待っている間

私はずーと後ろに下がってイースター島全土に光を降ろしました

モアイしかない島に何で行かなくちゃならないんだろう(笑)と

最初は思いましたが本当に素晴らしいところでした

あまりに飛行機に乗る時間が長くて長くて大変ですが 

素晴らしい気が満ちている島です

あんなに巨大な石の象のモアイ達を

可愛いく感じる事も意外でした(笑)

 

 

ホテルに帰って朝食を食べたら お昼の出発まで自由時間です

イースター島は住民が住む場所と 草原が広がりモアイ達が点々といる場所と分かれています

それがとってもいいのです

森もほとんどないし草原だけで自然が豊かでのんびりしています

小さな町の中心には 観光客も多いのでかわいいお店も何件かあります

IMG_0603.JPG

 

これは名物のエンパナーダ

1番美味しいと添乗員さんが教えてくれたマグロのツナとチーズが入ったのを注文

朝食を食べたばかりだから 私はジュースだけ頼んだのですが

娘のをひとくち食べたら 見た目ほど油ぽくなく美味しくてどんどん食べちゃいました(笑)

 

IMG_0777.JPG

 

 

いよいよ泊ったホテルともお別れです

ホテルは平屋ですが中は綺麗で快適でした

自家発電だそうで たまに電気が止まったりお湯が出なくなる時もあるそうです

私達が泊った時はなかったので 快適に感じましたが

そんな話を聞くと島暮らしは大変なんだなと思います

新聞もチリ本土から1週間遅れと言っていましたからね

どうしてイースター島に高い建物がないかと言うと モアイより高い建物を作ってはいけないのだそうです(笑)

 

行きにサンバイザーを失くして 探しても何処の店にも無くて

なぜないかと言うと 女性が帽子をかぶる習慣がないのだと教えて貰いました

やっとサンチャゴ空港で探して イースター島でずーとかぶっていましたが日本ではかぶらないから

ガイドでお世話になった最上さんに誰か必要な人が来たら上げて下さいと渡しました

それをベッドメーキングをするおばさん2人に渡したらしいのです

娘が見たそうですが

2人は嬉しくて帽子をかぶって踊りだしたそうです(笑)

帽子をかぶる習慣のない人には つばの広い大きな帽子は優雅に素敵に見えたのかもしれません

IMG_0326.JPG IMG_0319.JPG

帰りの飛行機は 映画も日本語字幕もないし ただひたすら寝るしかありません

しかも帰りは逆風になるので2時間も飛ぶ時間が増えるのです

イースター島からサンチャゴ

サンチャゴからロサンジェルス

途中ペルーのリマで清掃と 降りる人と乗る人が入れ替わるので1時間程止まるのですが

厳しそうな係り員たちが何人も乗ってきて 上の棚の荷物から座席のチェックからかなり厳しく見て周ります

その間にペルー人特有な顔をした若い男の子たちが清掃していきます

アメリカに入るので相当厳しいだと分かります

ロスに到着すると いよいよJALで成田までです

JALはエコノミーよりちょっといいクラスが空いていたのでそちらにしました

後10時間乗らないといけないのです

JALカードを持っていたせいかなんとラウンジを使っていいというのです

2時間位待ち時間があるので ゆっくり休めて助かります

添乗員さんが食べ物は置いてなくて飲み物だけと言うので 

うどんとカリホォルニアロールを食べてから行ってみました

なんとお寿司から いろんな具の入っているサンドイッチ パンや飲み物など沢山あるのです

美味しそうなものばかり

お腹いっぱいで食べてからきたので残念でしたが飲み物だけ頂きました

これだけ美味しそうなものが置いてあると魅力です(笑)

IMG_0782.JPG

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

          就職祝い 入学式 結婚式 お誕生日のプレゼントに!!
            本屋さんに在庫が少なくなっていますので必ず注文して下さいね

個人セッション 能力開発講座 太陽ヒーリングのヒーラー養成講座
豊かさ夢実現     光のギフト   虹の天使とお友達 
各ワークショップ情報 募集はインフォメーションに記載されています
インフォメーション 
http://reikamama.cocolog-nifty.com/  









最終更新日  2012年04月09日 20時08分22秒
2012年04月06日

IMG_0643.JPG

珍しく露店が並んでいて 売り子さん達のなんて個性的な事か!

おじさんの髪型が風変りでしたが でも島の伝統の結い方なのかもしれません

写真を探したのですが撮らなかったようで残念です

買いもしないのになかなか写真だけ撮れないですからね

モアイは前日買って 1個もあれば十分です(笑)

イースター島はチリ領なのですが 島なのでチリと言う感じでは無くハワイの空気に似ています

人も同じポリネシア人と言っていました

 

IMG_0442.JPG

何処に行ってもあちこちにモアイが倒れていて可哀想になります

モアイはお墓の上に立っているので敷地内に入る事も禁止されています

高くて登れないですし

海岸の所に倒れているモアイの顔の部分です

どれだっけ大きなモアイ像だったでしょう

なんと手を伸ばせば触れたので(笑)内緒でちょっとハイタッチ

本当はモアイに触れて瞑想して宇宙と繋がる予定でしたが 

触れなくても言葉で言うだけでエネルギーが直ぐに降りて来ました

 

IMG_0458.JPG

モアイ倒し戦争

1000~1500年代にかけて島民はモアイの製造や運搬に没頭し 島の木という木を切り倒した

その為やせた土壌で作られる主食のサツマイモが足らなくなってしまった

17世紀には10の部族がいて人口は1万人位だったそうだが

食糧危機が発端となり部族間対立が起こり 部族の象徴であるモアイ倒し戦争に発展したと言われている

 

 

昼食は沢山のモアイ像があったラノララクの見学の後 ラノララク公園内で

昼食時間に合わせてホテルから運んでくれます

質素に見えますが味付けはとても美味しかったです

島では生野菜が貴重品なのできゅうりも有難く頂きました

IMG_0685.JPG

 

 

アフテピトクラにある石

アフテピトクラとは光のへそという意味らしい

そしてこの石は地球のへそと呼ばれているとか

かつて島民は島自体をそう呼んでいたそう

人工的に加工されているが 石は磁気を帯びていて磁石をのせると針が回るそうです

昔の人は周りに座って額をつけて考え事をしていたとか、、、

いやはやいやはや 物凄い波動でした

手をつけているだけで石なのか大地なのか物凄いエネルギーが上がってきました

皆がいなくなったので何処が1番エネルギーが凄いのだろうと石の周りを一回りすると

娘がいる対極の右側 海の方を見る位置の場所でした

外人のグループが来たので退散したのですが 5分位触っていればよかった!!

今度行ったらずーと触っていよう(笑)

こんな長旅の島へは2度とくることもないだろうと思ってもまた行きたくなるでしょうね(笑)

本当にいい島です

 

IMG_0710.JPG

 

 

 

IMG_0720.JPG

帽子をかぶっているモアイ像は少ないのですが

この海岸に並ぶモアイは4体も帽子をかぶっています

このモアイ像達は砂浜に埋まっていて保存状態がいいので シャープなあごや彫の深い目

指先やふんどしまではっきりと分かり貴重なモアイたちです

白い砂浜の海水浴場です

IMG_0724.JPG

 

 

ホテルに帰って夕食です

7時でもこんなに明るくて昼間のようです

DSCN0666.JPG

 

IMG_0741.JPG IMG_0742.JPG DSCN0673.JPG

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

              卒業式や入学式のプレゼントに!!
          本屋さんに在庫が少なくなっていますので必ず注文して下さいね

個人セッション 能力開発講座 太陽ヒーリングのヒーラー養成講座
豊かさ夢実現 光のギフト 虹の天使とお友達 
各ワークショップ情報 募集はインフォメーションに記載されています
インフォメーション 
http://reikamama.cocolog-nifty.com/  









最終更新日  2012年04月09日 19時13分08秒
2012年04月03日

IMGP2462.JPG

朝 娘と2人で朝日を撮りに来たモアイ君とまたまた再会です

島滞在中 1番逢いました

 

この15体のモアイ君たち イースター島のスターなんです

世界的に超有名

 

DSC_0295.JPG

 

 

 

DSC_0298.JPG

こんな写真が撮れてびっくり!!

普通に写してなったので変な写真を撮ったよ!!と娘に見せると 

こういう撮り方もあるとか

 

 

アフとは

モアイ像が立てられる以前から 島にはアフと呼ばれる台座があった

アフは各部族のお墓であり 祭壇として崇められた

のちにアフの上に小さな石像が立てられるようになり 次第に部族の力の象徴として

巨大化したのがモアイと言われている

DSC_0309.JPG

アフ・トンガリキ

モアイ倒し戦争で倒されたモアイ像は その後1960年に島を襲った津波により

バラバラに砕けましたが 地震前に撮られた1枚の写真を手掛かりに復元に成功

日本の企業 株式会社タダノが1台のクレーン車を寄付し モアイ修復に協力

当時イースター島の知事で 考古学者だった人が テレビでクレーン車があればモアイが起こせるのにとメッセージを送り

それを見ていたタダノの社員が自社のクレーンを提供してはと提案したそうです

島民が見守る中 チリ海軍の上陸用船艇に乗ったクレーン車が到着

現在でも車は貴重で いろんな国の旅行者や荷物の運搬に休みなく働いていると言っていたので

島民はクレーン車なんて見た事もないでしょうし ワクワクかどんな気持ちで見ていたのでしょうか

発掘調査や散らばった石を集めたり アフを再建したり クレーン車が塩害で故障し

タダノは2機目のクレーン車をまた贈ってあげたそうです

何年間かかかって 今の15体のモアイ群が完成されたのですね

こんなに何体も綺麗に並んでいるモアイ像はないし

朝日が15体の後ろから上がって 絶好の撮影ポイントだし その姿は世界的に知られていて

まさにイースター島の顔 スター君達です

 

IMG_0694.JPG

 

アフ・トンガリキのモアイ像は15体が80メートル離れている為に記念撮影は難しいと言われています

アフ内に入れないのでモアイ像に近づくことができないのです

左端に土が固められた場所があり この上に立って並ぶとこんな写真が

モアイのようにお腹の下に手を置くポーズをしてくださ~~いと声がかかります(笑)

IMG_0700.JPG

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

              卒業式や入学式のプレゼントに!!
          本屋さんに在庫が少なくなっていますので必ず注文して下さいね

個人セッション 能力開発講座 太陽ヒーリングのヒーラー養成講座
豊かさ夢実現 光のギフト 虹の天使とお友達 
各ワークショップ情報 募集はインフォメーションに記載されています
インフォメーション 
http://reikamama.cocolog-nifty.com/  









最終更新日  2012年04月09日 19時13分37秒
2012年03月31日

IMG_0640.JPG

早朝 朝日を撮りに15体のモアイが並ぶアフ トンガリキに行きました

イースター島の滞在は3日半位で 飛行機に乗っている時間の方が長く感じましたが

この日だけ朝日が雲に邪魔されず 綺麗に上がってきてくれたので 綺麗な光の写真が撮れました

 

イースター島は山もなく 人家のある村以外は平原で 馬がのんびりと草を食べていて

モアイは海岸に沿って点々とある感じでしょうか

あまり位置関係が把握できませんでしたが

本当に気持ちいい気が流れています

雪をかぶったシャスタ山を見た時も ホテルの前にそびえるシナイ山を見た時も 清々しい気が流れて来ましたが

島1島丸ごと気がいい感じで 本当に気持ちいいのです

穢れを知らない感じです

知られているか知られていないか分かりませんが 絶対宇宙と繋がっています

私は行くように言われたから行ったのですが

あんな遠いところに 本当に行くの? と言う感じだったし

モアイなんて 写真を見るだけでは親しみも湧きませんでした 

でも実際逢うと 波動は温かいし 今では大好きで友達になった感覚です(笑)

 

  

 

ここも本当に気持ちよかったです

日陰でもあったら 滞在期間が長かったら 1日中居たいくらいでした

そして沢山のモアイ達に逢いました

気がいいので 写真からイースター島の素晴らしい気を受け取ってください

宇宙の高次の波動でブルーのエネルギーだそうなので 空のブルーを見て繋がるイメージでどうぞ!

IMGP2527.JPG

 

 

 

DSC_0248.JPG

ラノ・ララク

丘全体がモアイの製造工場跡です

全てのモアイがここから切り出されました

切り出し中のモアイは丘の中腹に横たわっていましたし

顔の半分まで埋まってしまっているモアイや

運ばれる途中のモアイなど

モアイ達が397体あるといわれています

 

 

IMGP2535.JPG

 

 

 

IMGP2584.JPG

 

 

なんと朝行ったトンガリキが見えます

この位置にあるのかとちょっと驚きました

IMGP2557.JPG

 

 

小さく海岸線に見えるのがトンガリキです

IMGP2563.JPG

 

 

私と娘は写真を撮っていたので 遅れてみなさんと下の火口湖で合流

暑かったので 日陰で涼んでほっと一息です

IMGP2594.JPG 

 

 

写真だけ見ると葦が低くそうですが 人間と比べると2メートル以上あるのが分かります

IMGP2595.JPG

 

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

              卒業式や入学式のプレゼントに!!
          本屋さんに在庫が少なくなっていますので必ず注文して下さいね

「光のギフト」を10冊以上購入して下さる方が多かったのでお礼に "ブレスレットのプレゼント"をしていました
http://plaza.rakuten.co.jp/reika0417/diary/201110120000/
3/31の消印で終了だったのですが ずーと続けることにしますので領収書は捨てないで取っといて下さい 
現在アマゾンや書店でも在庫が無く5~6日待たされるようですし プレゼント用に何冊も購入されている方もいらっしゃるのでお礼として続けます
申し訳ありませんがBのブレスレットは品切れになりましたので 新しいデザインのブレスレットを追加します
皆様にお送りする時は「 豊かさ 」のエネルギーを入れてお送りいたします

個人セッション 能力開発講座 太陽ヒーリングのヒーラー養成講座
豊かさ夢実現 光のギフト 虹の天使とお友達 
各ワークショップ情報 募集はインフォメーションに記載されています
インフォメーション 
http://reikamama.cocolog-nifty.com/  









最終更新日  2012年04月09日 19時14分10秒
2012年03月29日

IMG_0317.JPG

添乗員さんに明日は2人で写真を撮りに行くのでタクシーをお願いした

そして1日観光で9時30分出発なので もし遅れるようなら出発して下さって構わないと伝えておいた

相変わらず4時頃から目が覚めていて しょうがないから6時まで我慢でベッドの中へ

夜は時折 光が来たりで土地の神様なのかモアイなのか光で誰かが逢いに来てくれてた

昔から何処かに行っても 家に居ても よくあるので誰だろう?と思うくらい

 

6時になったら娘も起きたので 交代でシャワーを浴びて髪を洗った

添乗員さんから6時30分にモーニングコール

7時15分にタクシーが来て出発する時も来てくれて 女性ドライバーさんと携帯の番号交換をしていて

間に合わない時は 電話をかける事にしたようだ

個人的にしているのに申し訳ないのと 朝は皆にわかめの味噌汁を配ってくれるし

お醤油やドレッシングまで持って来てくれる気の行き届いた添乗員さんなのだ

ついでにしゃべっちゃうと(笑)

高校生でアメリカに留学したから 英語はネーティブ

スペイン語もペラペラ あと簡単なら何ヵ国語がしゃべれるらしい

しかも行き届いた気の使いようで 添乗員さんとしたらAクラスだと思う

スリランカの時の添乗員さんも 余計なことは言わなくて一生懸命の人で好きだったけど

今度の人は経歴から人柄から 添乗員さんとしてはトップクラス

私も知らなかったけど そういう人達のチームがあって

一流のスポーツ選手が日本に来たら通訳をしたり 旅行会社だからホテルの面倒を見たり

東京でパリコレのようなファッションショーがあったら デザイナーやモデルの通訳や

車での送り迎えとかあるそうなんです

しかもうるさいデザイナーだったら 服から髪型からちゃんとしないといけないのだそうです

旅行会社のトップクラスの人達がそんな事までしているとは驚き!

面白い事を教えて頂きました

 

女性ドライバーさんは前日と同様に がたがた道は避けて草むらの方を走ったり 

ゆっくりとスピードを落として走ってくれるので助かる

外国の気のきかない男性ドライバーは そんな事までしないですからね

 

IMG_0332.JPG

着いたらまだ暗いので ドライバーさんが足元を懐中電灯で照らしてくれて 下まで降りていった

今日は人も少ない

日本人の若い男性が4~5人来ていた

昨日のように雲もない

8時過ぎから少し明るくなって 8時25分に朝日が見えだした

サマータイムで見るからか 日本の日のでよりかなり遅い

日本人の若い子達は 日の出を見るだけが目的なのか帰っていった

写真を撮らないの?

 

嬉しい!!

段々と朝日が上昇し始めた

今日は 15体のモアイと素敵な日のでの写真を撮れそうです

IMG_0350.JPG

 

 

 

 

IMG_0405.JPG

 

 

出版に使うかもしれない写真にはreikaのタグをつけています

イースター島1.JPG

 

 

 

イースター島2.JPG

 

「光のギフト」に載せているマチュピチュで写した 神からのプレゼントと言うような

もう2度と撮れないだろうなと思う写真じゃないけど

それでもいろいろ撮れて 他にも6角形の模様が沢山入っているのも撮れました

私の旅の楽しみなんです

光の写真を撮るのが

撮っている時は最高に楽しいのです!

地球のお仕事もして しかも光の写真も撮れるなんて最高です!!

 

帰りはタクシーを飛ばしてくれて なんとかホテルに5分前に到着

みんなと一緒に これから1日観光に出かけます

 

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

              卒業式や入学式のプレゼントに!!
          本屋さんに在庫が少なくなっていますので必ず注文して下さいね

「光のギフト」を10冊以上購入して下さる方が多かったのでお礼に "ブレスレットのプレゼント"をしていました
http://plaza.rakuten.co.jp/reika0417/diary/201110120000/
3/31の消印で終了だったのですが ずーと続けることにしますので領収書は捨てないで取っといて下さい 
現在アマゾンや書店でも在庫が無く5~6日待たされるようですし プレゼント用に何冊の購入されている方もいらっしゃるのでお礼として続けます
申し訳ありませんがBのブレスレットは品切れになりましたので 新しいデザインのブレスレットを追加します
皆様にお送りする時は「 豊かさ 」のエネルギーを入れてお送りいたします









最終更新日  2012年04月09日 19時14分45秒
2012年03月27日

IMG_0207.JPG

謎に包まれたモアイ像

イースター島が世界的に知られているのは モアイという巨像によるところが大きい

足のない 大きな顔の 不思議な石像

それも1体や2体ではない

周囲わずか58キロの程の島内に 約900体の像が点在している

鉄器や車輪を持たなかった島民が 

どうやってモアイ像を作り 立てたのか?

 

早朝のモアイ像を見て 皆でぶらぶら歩いて町の散策をして お昼を食べたら観光です

歴史や文化に触れることが出来るイースター島の博物館に行って 

モアイ像の作り方の写真を見ました

絵を見るととっても分かりやすいです

 

次はアフ・ビナプへ

IMG_0237.JPG

倒れているモアイを見ると心が痛みますが 相当数のモアイが倒れたままなのです

イースター島のガイドの最上さんが説明しているモアイは

肩まで埋まっていて目の彫も浅く 他もモアイと違う雰囲気

ここには赤い石で出来た女性のモアイがあるのですが ただの長い石にしか見えませんでした(笑)

最上さんは説明をされるとその後は自由時間にして下さるので

私のようにモアイと繋がって宇宙の豊かさのエネルギーを

貰わなければならない用事で来ている人には大変助かりました

自由時間がいっぱいあるので~~~す(笑) 

 

IMG_0214.JPG

 

 

オロンゴ儀式村

オロンゴ儀式村では 空港であった高校生たちとすれ違った

彼らは2週間もイースター島でキャンプをするらしいのです

キスしたり抱き合ったりしていた高校生が2週間も一緒に居るなんて大丈夫なんですかね(笑)

IMG_0276.JPG

 

笑えた 笑えた オロンゴ儀式村

儀式と言うのが 選手は泳いで渡り鳥の卵を捕りに行くというもの

泳ぐ海にはサメもいて 命がけで捕りに行くのです

捕った渡り鳥の卵を 長老に1番最初に差し出した人が 優勝なんだけど

額に卵をのせて 鉢巻のように巻いて泳いで帰ってきても 割れていたら失格

卵なんだから割れるでしょう(笑)

 

命がけで捕ってきたのに 栄誉とか名誉も与えられないんですって!!

それって可笑しいでしょう(笑)  可哀想でしょう

 

命からがら捕ってきた男には名誉も与えられなくて 村の長老が王になったとか

サメのいる海を泳いで命を張っている男になんの名誉も与えられないとは!

何の為にするのか

その儀式自体 バカバカしくて私と娘は笑いぱなしだった

それだけなんの楽しみをなかったのかも

 

だって王様は たらいに水を入れて 写る自分と話をしていたらしい

さみしい~~~~~

ある日 渡り鳥が自分の肩に乗ったことから その儀式を思いついたそうだ

サメも沢山いて命を落とす人も沢山いたのに考えつくな~~~

でも戦争ばかりしていた島民は 

競技で勝負を決めるこの儀式に賛同したみたいですがね

盛り上がった事は確かでしょうからね

しかも石の家があるこの村は その儀式の為だけの村だったそうだ

下の小さな穴が入り口です

海風が強いので こんな作りだったようです

IMG_0284.JPG

 

なんと! イースター島の 現在の娯楽は 楽しみはビンゴゲームだとか

私がもしかして 景品は馬? と言うと

本当に 1等賞が馬1頭なんでっすって(笑)

だって馬がいすぎるので そうかな?と思ったら本当にそう(笑)

そして大好きなのがうわさ話

新聞もチリ本土から1週間遅れで来るのだそうです

だからうわさ話もおひれせびれがついているそうですよ

住んでいる人自体が少ないので みんな親戚か友達なんでしょうね 

 

 

DSC_0154.JPG

写真がいまいちですがこれは感動しました

カルデラ湖です

直径1,6キロ 200メートル下に湖面があるのですが 

緑は葦の葉で上からは想像できませんが降りてみると2メートルあるそうです

空のブルーが湖面に映ってとっても神秘的な湖です

DSC_0155.JPG

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

              卒業式や入学式のプレゼントに!!
          本屋さんに在庫が少なくなっていますので必ず注文して下さいね

「光のギフト」を10冊以上購入して下さる方が多かったのでお礼に "ブレスレットのプレゼント"をしていました
http://plaza.rakuten.co.jp/reika0417/diary/201110120000/
3/31の消印で終了だったのですが 現在アマゾンでも在庫が無く5~6日待たされるようですし 入学のプレゼントに差し上げる方もいらっしゃるでしょうから4/15迄延期します
申し訳ありませんがBのブレスレットは品切れになりました
郵便局留めにしていたのでもし手紙が返ってきた方はメールにてご連絡下さい
沢山のご友人の方々に「光のギフト」を紹介して下さり有難うございました

 







最終更新日  2012年04月09日 19時15分19秒
2012年03月25日

DSC03769.JPG

朝 添乗員さんからのモーニングコールが6時30分に鳴った

7時15分には出発して あの有名な15体のモアイから上がる朝日を見に行くのだ

私は4時頃から起きていて 早く6時にならないかな~とずーと待っていた

いくら親子でもそんなに早く起きるとルール違反ですからね

日本とはちょうど12時間違うそうで サマータイムがあるので

チリで1時間遅くなってイースター島は又1時間遅くなると言っていました?

 

6時になったので "電気つけていい"と聞き 髪を洗いにシャワールームへ

いいホテルなのにドライヤーが置いてない

帽子をかぶる習慣のない国なので 髪を乾かすのも自然乾燥なんですかね

朝は寒いのでコートを着て 懐中電灯とカメラを持って出発です

 

ロビーに行くとみんな集まっていました

タクシーが2台来ていて 1台は女性のドライバーさん

まだ夜明けの真っ暗な道を走っていくのですが 女性ドライバーさんは

道路がポコポコと穴があいてるガタガタ道は避けて草むらを走って そしてゆっくりと走ってくれる心遣いをしてくれました

着いたら懐中電灯で足元を照らしながら下りていきます

暗闇にうっすらと15体のモアイ

目が慣れると人が結構来ているのが見えて しかも半分以上が日本人?

日本人の若者たちが結構来ていました

 

DSC_0101.JPG

 

下に分厚い雲があって太陽がなかなか上がってきません

9時迄いたらホテルに9時30分に着いて 10時から添乗員さんが町を案内してくれるので30分で朝食を食べられます

でも雲がかかっていて太陽が出ないので みんなは諦めて8時40分には帰ろうと言うのです

しょうがないのであさって午前中自由時間があるので又来る事にしました

私は9時まで待つつもりだったので 心残りで最後まで写真を撮っていましたし

タクシーに乗って暫くすると太陽が上がって来た時は ひとり悔しがっていました

勿体ない! もう少し待ていたら良かったのにと 他の人に分からないように小声で娘に言うと

明日2人だけで来よう!!と娘

明日は1日朝から観光なので 考えなかったけど一応写真を撮るのも仕事で来ているのだからそっちが優先

その手もありか!!と嬉しくなりました

ホテルに着いたら 娘だけタクシーに乗っていて貰って ジャストモーメントと言ってダダダダ~~~

添乗員さんは何処だ~~~~(笑)

部屋かと思って行きかけたら 私を呼ぶ添乗員さんの声

ちょっとお願いと手を掴んで走った

この女性のタクシードライバーに 私と娘と2人だけで行くので

明日の朝同じ時間に来て貰いたいとスペイン語で通訳して貰った

約束成立(笑)

本当に機転が利いてラッキーでした    

素敵な光の写真が撮れたのです  本当に撮れたのは次の日の1日だけだったのです

DSC_0117.JPG

次の日の1日観光の昼間に15体のモアイにも会いにきます

その時に説明は書きます

日本の企業の援助で 横たわっていたモアイを立たせたんですよ

 

 

 

朝食を食べて 添乗員さんが町を案内してくれました

笑えますが

教会のキリスト様やマリア様や 大天使ミカエルもみんなモアイ顔です(笑)

IMG_0187.JPG

 

                民芸店や小さなお店が沢山あります

                 IMG_0180.JPG

     IMG_0176.JPG IMG_0201.JPG

 

 

IMG_0190.JPG

 

モアイ作りの第1人者と彼の作品

今年 福島県でモアイを作るイベントがあるそうで彼も出席して作るそうです

IMG_0192.JPG

 

 

ホテルに帰ったらお昼を食べて 観光です

イースター島の素晴らしい所は 飛行場の周辺の一角だけ人の住んでいる町で

後はどこも草原でこんな感じで 馬がのんびりと草を食べています

家も一切ありません

そこにモアイ像が立っている場所が 点々とあるという感じです

のんびり~~~です

のんびりと海を見ながら寝そべっていたいですが 馬があちこちにいるのです

草原だけでは無いのですよ  街中にもいるのです

普通に犬のように馬が街中に居るのですよ

人と馬が共存しているので みんな怖がりません

しかもイースター島の人達は自転車代わりに馬に乗るそうです(笑)

DSC_0118.JPG

 

 

    

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

              卒業式や入学式のプレゼントに!!
          本屋さんに在庫が少なくなっていますので必ず注文して下さいね

「光のギフト」を10冊以上購入して下さる方が多かったのでお礼に ”ブレスレットのプレゼント”をしていました
http://plaza.rakuten.co.jp/reika0417/diary/201110120000/
3/31の消印で終了だったのですが 現在アマゾンでも在庫が無く5~6日待たされるようですし 入学のプレゼントに差し上げる方もいらっしゃるでしょうから4/15迄延期します
申し訳ありませんがBのブレスレットは品切れになりました
郵便局留めにしていたのでもし手紙が返ってきた方はメールにてご連絡下さい
沢山のご友人の方々に「光のギフト」を紹介して下さり有難うございました

個人セッション 能力開発講座 太陽ヒーリングのヒーラー養成講座
豊かさ夢実現 光のギフト 虹の天使とお友達 
各ワークショップ情報 募集はインフォメーションに記載されています
インフォメーション 
http://reikamama.cocolog-nifty.com/  

 

          








最終更新日  2012年04月09日 19時16分22秒
2012年03月23日

DSC_0019.JPG

まさか添乗員さんに私は宇宙の豊かさと繋がる為に イースター島に来たなんて言えないでしょう(笑)

頭おかしなおばさんかしら?と思われちゃいます(笑)

滞在期間が短いので 地球的な目的とは別に 

個人的な目的として写真を撮りたい 

光の写真を撮りたいので 朝日を撮りに行きたいというと 

このホテル側が夕日なので 朝日は島の反対側だと言うのです

"タクシーで行けますよ"

"え? 島にタクシーがあるのですか"     有難い!!

タクシー1台借りきる訳ですから幾らか聞くと 皆さんにも声をかけましょうと添乗員さん

 

今回のツアーは9人のメンバーで なんと私と娘が親子連れで 後は全員一人旅です

私が一人旅で参加していた数年前   え?一人なんですか? と言われていたのに

今は一人旅がほとんどなんですね

しかも一人部屋代が加算されるし 今回の旅は若い子にしては相当高いツアー料金です

写真を撮りに行くので 本当は娘と2人だけが良かったのです

でも添乗員さんとしたら 特別扱いをしたくないでしょうから "いいですよ"と言いました

それとお金も心細かったのです

1月に行ったスリランカでもツアーだったので 飲み物代しか使わなかったし

今回もツアーで食事が付いているので

イースター島のお土産だって多分モアイしかないでしょうし(笑)

買うものもないと思って 沢山お金を持ってこなかったのです

いつもは保険にも入らないのですが

スリランカで怪我したのと 今回は何度か乗り継ぐので

トランクが無くなる可能性があると添乗員さんから事前に言われたのです

成田で2人分の保険に入った時に現金で払ったのと 

サンチャゴの空港で帽子や時計やマフラーをドルで買ったのが悔やまれます

カードで払えばよかったのにと娘    

早く言ってよ!!

それ位気が付きなよって感じでした(笑)

 

 

今 書いてて思い出しましたが 前に突風で成田エクスプレスが東京駅で止まったことがあったのです

トランクは宅配便で成田に送ってあるので 身軽だったから良かったのです

後携帯があるお陰で連絡が取れます

これは暫く動かないかもしれないと判断して飛び降り 走って山手線に乗って上野まで行き

上野から京成スカイラインで成田に向かいました

携帯で添乗員さんに連絡をしていたお陰で間に合ったのです

連絡をしなければ カウンターが閉まって行けないところでした

カウンターが閉まったら どんなにお願いしても乗れないのだそうです

その時に何があるかもしれないから タクシー代3万円は余分に入れといた方がいいと思ったのに、、、

どうして忘れぽい性格なんだろう、、、、トホホ

 

 

夕食の時に添乗員さんが 朝日を見に行きたい人と決を取ったら

一人参加の男性が行かないだけで 後8人の女性全員が行く事になり 早朝タクシーを2台頼む事になりました

夕食が済んだら夕日を見に行きました

 

DSC03755.JPG

 

 

IMG_0136.JPG

 

 

IMG_0148.JPG

 

夕日に間に合わなかったので 又明日再チャレンジです

帰りに見た天の川がとっても綺麗でした  

本当に星が川のように沢山点在しているのですね

ホテルに帰って庭の椅子に座り 娘と暫く夜空をながめていました

 

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

              卒業式や入学式のプレゼントに!!
          本屋さんに在庫が少なくなっていますので必ず注文して下さいね

個人セッション 能力開発講座 太陽ヒーリングのヒーラー養成講座
豊かさ夢実現 光のギフト 虹の天使とお友達 
各ワークショップ情報 募集はインフォメーションに記載されています
インフォメーション 
http://reikamama.cocolog-nifty.com/  

 







最終更新日  2012年04月09日 19時16分47秒
2012年03月21日

DSCN0565.JPG  DSCN0566.JPG

サンチャゴ空港でキスしたり抱き合ったり騒いだりうるさかった高校生達も 自分たちのキャンプ用品を降ろすのを手伝っていました

私は飛行機の席は前だったので大丈夫でしたが 

後ろの席の人達はこの子たちがトイレの前を占領しているのでトイレにも行けなかったとか(笑)

 

IMG_0319.JPG DSCN0573.JPG IMG_0321.JPG

イースター島で1番いいホテルだそうで 窓から見えるコバルトブルーの海のなんと綺麗なことか!!

ホテルにトランクを置いたら早速観光です 

 

 

ついにモアイとご対面 

IMG_0329.JPG

アフ・アキビ

海の方に向かって立つ7体のモアイは ホツマツア王の伝説に出てくるエヴァの国の酋長の像と言われています

実際 このモアイ達が見つめる海の先には 「エヴァ」という3つの島が存在しています

また春分と秋分の日没の方向とも言われており 天文学的な要素も持ち合わせているようです

モアイ像の後ろには石組と人骨も発見されていて お墓になっているようです

 

 

遠くからモアイが見えた時 モアイだ~~モアイだ~~と感激

現地ガイドさんが説明している時最初から エネルギーが流れて来ました

れい華さんをモアイが待っているよ と友人の能力者が透視で教えてくれましたが

挨拶を始めたら優しくて包まれるような温かいエネルギーが流れてくるのです

こんなに早く!! と驚いたくらい

 

本当は少し触れてから瞑想をする予定だったのですが

見た目より高い位置に立っていてお墓なので近寄ってはいけないそうです

日本人でこの上に乗った人がいて罰があったそうです

どんな罰?

即カメラが壊れたそうです(笑)

 

イースター島に来た目的をお話しし光を降ろしました

DSC_0022.JPG

 

 

DSCN0601.JPG

現地のガイドの最上さんです

TVに出演されたり本を出したりしているのでお顔を知っている方もあると思いますが

現地のガイドさんは4人しかいなくて 旅行会社が取りあいなんですって!

その中でもピカ1が最上さんで 添乗員さんがラッキーと言っていました(笑)

イースター島に住むのが子供の頃からの夢だったんですって!!

夢を叶えたんですから忙しくても頑張らなくてはね

終始ニコニコ顔の優しいガイドさんです

 

DSCN0612.JPG

モアイ像は帽子をかぶったものもあります

モアイ像とは違う色で 赤い色をしています

ここはモアイの帽子プカオの唯一の切り出し場所で 今でも切り出し途中のプカオが放置されています

 

DSCN0637.JPG

写真の後ろにも丘が幾つか見えますが 本当に静かで綺麗な場所でした

というか この上にまたモアイがあるのかと歩いてきたので なにもなかったので

なにもないの!!とガイドさんに言ちゃたんです(笑)

娘に怒られましたが とっさに出ちゃったんです、、、正直すぎる~~

 

IMG_0363.JPG 

だってね 30時間近くかけてやっときたイースター島なんですよ

頑張るんば 頑張るんばって上がってきてるんですよ(笑)

 

この後毎日沢山のモアイを見れました

 

 

                                 DSCN0650.JPG

              DSCN0646.JPG DSCN0647.JPG

野菜はほとんど採れないので貴重です

野菜はチリ本土から送られてくるのですが 周りが海なので魚は豊富です

私はスプライト 娘はビールを飲みながら夕食です

なんと7時でも昼間のような明るさなんです

食事が終わったら 歩いて夕日に映えるモアイを見に行きます

 

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

              卒業式や入学式のプレゼントに!!

個人セッション 能力開発講座 太陽ヒーリングのヒーラー養成講座
豊かさ夢実現 光のギフト 虹の天使とお友達 
各ワークショップ情報 募集はインフォメーションに記載されています
インフォメーション 
http://reikamama.cocolog-nifty.com/  

 








最終更新日  2012年04月09日 19時17分15秒
2012年03月19日

IMG_0002.JPG     IMG_0248.JPG

今回はイースター島に行きます

成田からロサンゼルスまでJALで9時間50分

ロサンゼルスから飛行機をラン航空に乗り替えてリマ経由でサンチャゴまで13時間15分

サンチャゴからイースター島まで5時間40分の気の遠くなるような長旅です

でも皆さん

素晴らしかったです!!!   イースター島は!!!

近かったら絶対お勧めしたいです

でも遠い~~~~~~~~

まずはイースター島に行く前にチリの首都サンチャゴで観光をして1泊してイースター島に向かいます

 

JALは日本の映画やハリウッド映画の吹き替えがあるので時間を潰せますが

南米最大の飛行機会社でイースター島にはこの航空会社の飛行機しか飛ばないそうで

ラン航空は日本語の吹き替えも字幕もないので ただひたすら寝るか本を読むかしかありません

 

上の写真はアルマス広場にある大聖堂とステンドグラスの光です

丁度インド展があるらしくインドの観光の方々が来ていました

この周りに政府の主要な建物が並んでいます

 

 

IMG_0035.JPG

 

 

IMG_0276.JPG

この人達は軍隊ではなく警察官だそうで 

モネダ宮殿の警護の交代式のパレードを見ることが出来ました

音楽隊つきなので結構陽気な曲を演奏するので 踊っている観光客もいました(笑)

見ている方も楽しくなります

 

 

IMG_0054.JPG

町の何処からでも見える丘の上にある白いマリア像を見に行きます

私達はモノレールに乗って上に上がりましたが マウンテンバイクの家族連れや仲間のなんて多い事か

若いグループや年寄りなど大勢の男性たちがマウンテンバイクに乗っています

隣のペルー人とまるで顔も違います

クスコの町のようなもの売りもいません

首都というせいもあるでしょうが豊かな国のようです

飲み物はチリ人がいつも飲むリコモーテ

蜂蜜をうすくした味の中に 下に麦とシロップつけの桃が入っています

IMG_0065.JPG   IMG_0067.JPG

この日は日曜日で町のほとんどの店が閉まっていました

ラピスラズリーの産地だそうで本来なら ずらーとラビスラズリーの店が並んでいるのに閉まっていたのです

開いていたらきっと買っていましたね(笑) 

行く時忘れないようにサンバイザーもトランクの上に置いといたのに なんとロス空港で忘れたようです

観光する度に帽子を探すのですが キャップしか売っていません

本当に何処の店にもないのです

不思議ですが何故だと思います?

なんと女性が帽子をかぶる習慣がないのだそうです

日本人のように焼けたくないと外人は思わないみたいです

 

 

中央市場へ

IMG_0291.JPG

 

 

IMG_0295.JPG

魚も大きいし種類も豊富で ウニもあったし貝も大きくて何種類もありました

 

IMG_0297.JPG

 

 

1泊して次の日 サンチャゴ空港からイースター島に向かいます

帽子はないかな? イースター島の陽射しは強いでしょうからなんとかゲットしないと

やっとありました!空港の売店に   しかもこの形で色違いしかありません

安い時計も一緒に買ったので記念撮影(笑)

 

IMG_0306.JPG

私達は飛行機に乗れたけど 私達の後の人達は乗れなかったようです

今回は9人だけのツアーですが2人は××が付いてる券だったそうで 席が確保されていないのです

何処の飛行機会社も120%予約を取るのだそうです

イースター島のように1日1~2便しかないと怖いですよね

この日は2便運航したようですが 後の人は夜イースター島に着く便しかないのです

ちょうど高校生がイースター島でキャンプをするらしく 騒いだりキスしたり抱き合ったりうるさいのなんの

飛行機が着陸したらその高校生たちが拍手喝さいしていましたよ(笑)

 

IMG_0315.JPG

ついにイースター島に到着!!  

嬉しくてはじけてま~~~す♪

 

 

"人気ブログランキング"と
"精神世界ランキング" の2つを押して下さると嬉しいです 
    
   air_rank.gif      いつもご協力ありがとうございます

                gift-1__.jpg   

              卒業式や入学式のプレゼントに!! 

 

 







最終更新日  2012年04月09日 22時11分57秒
このブログでよく読まれている記事

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.